2009年 04月 05日

桜&芽吹き

c0030950_18332932.jpg

c0030950_18332989.jpg

c0030950_18332918.jpg

今日から受難節。
礼拝メッセージもゲッセマネの園の場面から。
イエスさまがこれからご自身の身に受ける十字架の苦難を知りつつも
「見よ、時が迫った。
人の子は罪人らの手に渡されるのだ。
立て、さあ行こう。」
と自ら裏切り者の手の内に身を委ねたゲッセマネの園。
お供をしていた弟子達はイエスが苦悩の祈りを捧げている短い間でさえ
睡魔におそわれて起きている事さえ出来なかった。
ここに人間の弱さと罪が端的に描き出されていると感じる。

受難節からイ―スターにかけてはクリスチャンにとって本当に大切な時。クリスマスより大きな記念なのである。


穏やかな天気に恵まれ桜の花も満開。
木々も新しい命の芽吹きで目を楽しませてくれる。


思わず深呼吸をして、全ての事に感謝したい気持ちになった。

by kazu-chan1208 | 2009-04-05 18:33 | 教会 | Comments(0)


<< 夕餉      いつも すんまそん  f ^_^; >>