2009年 06月 08日

半休

母の検査結果を聞きに病院へ同行したので午前中は半休を頂いた。
9時半の予約だったのに中待合室に名前を呼ばれたのが11時近く。
それから中待合室でもかなり待たされた。

CT検査の結果も血液検査も問題なし。
痛みの具合からDr.は膵臓疾患を疑っていたようだが、それも心配ないらしい。

しかし、依然として痛みは継続中なので、今日は24時間心電図ホルダーを装着する事になり
胆石の有無を確認するために金曜日にはMRIもする事になった。

担当の若い女医さん、サバサバしていてテキパキと診察する姿が小気味よい。
その上患者への配慮もしてくれる。
本来ならば明日、再度来院してホルダー装着になるところを
「それじゃあ毎日病院に来る事になっちゃって大変ですよね」
と、直ぐに携帯で検査室の技師と話をつけてくれて、早速装着の手筈を整えてくれた。

お主、なかなかの切れ者と見た(笑)


面白かったのは待合室での母。

隣に座った知らない男性と話し始めたと思ったらスッカリ意気投合して結構色々な事をお喋りしていた。

男性患者が「この女医さんは患者にかなり厳しいもスパッと言うんですよ。自分もお酒の事で随分叱られてます」などと言っていた。

彼は自分の事も母にドンドン喋り出した。

50歳で子供は4人、3歳の孫が1人いるとか、3年前に酷い胃潰瘍で胃を全摘してるとか…。

50歳には見えない若々しい人なのに孫が居るんだぁ~と私も思った。

で、その後に母が言ったこと。
「まぁ!50歳?お若いわねぇ。とても50歳にはお見受けできないわぁ。お孫さんまでいらっしゃるなんて!
今日一緒に来てくれたうちの娘(と言いつつ私を指差して)は52になるんだけど、あなたの方がずぅ~っと若く見えるわね~。うちはまだ曾孫どころか孫は結婚もしてないんですよ~」
と、きたもんだ(-.-;)

ヲイヲイ(-_-#)
仕事半休取って来ている娘にソリはないだろが(`ε´)と一瞬固まっちまったい(笑)


見ず知らずの人にも直ぐ打ち解ける母の人懐っこさは私には全然無い要素だ。
私はどちらかと言うと人付き合い下手の父に似ていると思う。

何だか母の一面を垣間見たような気がして面白くなった。



午後からは仕事に出掛けた。

今日は大学が休みだった娘がジャガイモの甘辛煮と魚のマリネを作って実家に届けてくれた。
うちの夕飯も作ってくれた。
ホント賄いのネエヤが居るので助かります。
感謝、感謝。

by kazu-chan1208 | 2009-06-08 22:32 | 家族 | Comments(0)


<< 毒素系      日曜日 >>