2009年 09月 21日

帰宅

今日1日かけてダ―リンの兄妹と一緒に義父の遺品整理と実家の大掃除をした。
ダ―リンの従兄ご夫妻も手伝って下さった。
従兄ご夫妻には義父が突然亡くなった日から、
本当に言葉に尽くせない程お世話をかけてしまった。

まだ残務整理があるし、義母の今後についての話し合いもある。
連休なので時間的には余裕があるのがせめてもの幸い。

ダ―リンと一緒に最後まで付き合ってからおいとまするつもりだったが
昨日あたりから耳鳴りが酷く、右耳は殆ど聞こえない状態が続いていた。
このまま無理をすると目眩に移行するのが分かっていたので、
申し訳なかったが私だけ先に新幹線で帰る事にした。

ダ―リンは辛抱強く、いつも頑張り過ぎる人なので、
本当は私だけが先に帰るのはとても心配だったのだが…。

帰宅してダ―リンに電話した。

今まで実家が片付いていなかったので皆で泊まれず親戚の家に泊まらせて貰ったりしていたが
「今夜はお母さんとお兄ちゃんと妹と、そしてお父さんの魂と一緒に初めて皆で揃って寝るよ」
と静かな声で言っていた。

本当に親子兄弟が揃って水入らずで寝る事が出来る最初の夜だという事に
ダーリンに言われてから気付いた。

ダ―リンは心配だし、先に帰ってしまうのは皆さんに申し訳ないと思っていたが
水入らずに嫁が居て、水を注さずに済んで、かえって良かったのかもしれないと思った。

お父さんもきっと喜んでいると思う。

ダ―リンの家族全員の上に主の平安が豊かにありますように。

by kazu-chan1208 | 2009-09-21 23:56 | 家族 | Comments(0)


<< まだ…      空 >>