2009年 10月 25日

秋の特別講演会

c0030950_18145628.jpg

昨日は私の父の80歳の誕生日だった。

本当は両親とうちの家族とすぐ下の弟夫婦揃って末の弟のレストランに集まって、
ささやかなお祝いの会食を持つ予定だった。

しかし、ダ―リンのお父さんが急に亡くなるという不幸があり、父の方から
「こんな時に自分のお祝いをして貰うのは気が引けるので、取り止めにして欲しい」
との申し出があった。

近くに居ても姉弟3人が揃う事など全然無いので、折角良い機会だからと楽しみにしていたが、
そういう事で中止になったのだった。

ダ―リンは義母の施設入所の件で、今日真夜中に又、車で帰省する事になった。

昨夜、夕食の時に息子が
「1日遅れだけど、明日はケ―キでも買っておじいちゃんの家に顔を出そうかな」と言うので
「ケ―キは要らないからおじいちゃんと一緒に久し振りに教会に顔を出す方が、
 おじいちゃんは喜ぶと思うよ」と言ったら案外素直に受け入れてくれた。
娘は1日中、医療事務の講座があったので来られなかった。

特別講演会は函館美原教会の福田牧師がメッセージを取り次いで下さった。

聖書箇所:ヨハネによる福音書5章1〜9節
宣教:「起きて歩き出す」

人間の罪の原点を思い知らされると同時に、そんな罪人である私達一人一人に語りかけ、
許し、愛し、導いて下さる主の恵みを改めて感謝。

ダ―リンも娘も不在なので、帰りは実家に寄って両親と息子と私で昼食を頂いた。

食後も4人でユックリと色々な話しをする事が出来て嬉しかった。

息子は父にとっては初孫で、生まれた時からジジバカに徹していた父である。
一緒にユックリ過ごす事が出来た時間が、父にとって何よりのプレゼントになったのではないかと思った。

ダ―リンは夕方に大垣を出発したらしい。
帰宅は何時頃になるだろう。

温かいお風呂を入れて待っていようと思う。

by kazu-chan1208 | 2009-10-25 18:14 | 家族 | Comments(0)


<< 勉強会=弁当会      体重 >>