2010年 06月 14日

思い煩い

昨日は成人科の学びも宣教も「思い煩いからの解放」がテーマだった。
成人科:マタイによる福音書 6章25~34節
宣 教:ピリピ人への手紙 4章6~7節

私は本当に思い煩う事の多い人間である。
私に限らず人間というのはそういうものなのかもしれない。
全てを主に委ねたいと願いつつも、思い煩ってしまう弱さを内包している。
しかし、主はそんな私の弱さや欠けまでも充分ご存じの上で、尚且つ
「思い煩うな」と手を差し伸べて下さる。

「何事も思い煩ってはならない。
 ただ、事ごとに、感謝をもって祈りと願いとをささげ、
 あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、
 あなたがたの心と思いとを、
 キリスト・イエスにあって守るであろう。」     ピリピ人への手紙 4章6~7節

by kazu-chan1208 | 2010-06-14 08:16 | 教会 | Comments(0)


<< 234番館 「花と器のハーモニー」      またまたランチ >>