2005年 04月 24日

4/24 日   幸い

日曜日の朝、天気が良いと教会に行くのも気分が良い。
今日は礼拝前の分級で、ルカによる福音書6章20~26節を学んだ。
あなたがた貧しい人たちは、さいわいだ。神の国はあなたがたのものである
という、有名な聖書の言葉の箇所である。
イエス様の山上の垂訓で、同じ様な内容の記述では、
私はマタイによる福音書5章3~10節の方が好きである。
私達にとって、本当に「幸いな事」とは何か。
グループに分かれて、ディスカッションした。

今日の学びで一番心に残った聖書箇所:箴言30章7~9節
“わたしは二つのことをあなたに求めます、
 わたしの死なないうちに、これをかなえてください。
 うそ、偽りをわたしから遠ざけ、
 貧しくもなく、また富みもせず、
 ただなくてならぬ食物でわたしを養ってください。
 飽き足りて、あなたを知らないといい、
 「主とはだれか」ということのないため、
 また貧しくて盗みをし、
 わたしの神の名を汚すことのないためです。”(口語訳)
“二つのことをあなたにお願いします。
 私が死なないうちに、それをかなえてください。
 不真実と偽りとを私から遠ざけてください。
 貧しさも富みも私に与えず、
 ただ、私に定められた分の食物で
 私を養ってください。
 私が食べ飽きて、あなたを否み、
 「主とはだれだ。」と言わないために。
 また、私が貧しくて、盗みをし、
 私の神の名を汚すことのないために。”(新改訳)

帰路、藤の花が綺麗だった。
c0030950_2313644.jpg
c0030950_231527.jpg

 

by kazu-chan1208 | 2005-04-24 23:03 | 教会 | Comments(7)
Commented by ともちゃん at 2005-04-25 21:34 x
kazu-chan。仕事上のことで、ちょっとメールしましたぁ(><)
大丈夫だろう、と思うのですが…
シロウトのおばさんにはわかりません…
専門家のご意見を聴かせてくだされ~。
Commented by ともちゃん at 2005-04-25 23:37 x
お電話、ありがとうです。
ちょっと安心しました。
きっと、どこかに「慣れ」によるスキのようなものが
できてるんですよね…
これで気持ちを引き締め直してミスしないように気をつけるしか
ないですよね(><)
お疲れのとこすみませんでした!!!
Commented by Jun at 2005-04-26 00:44 x
きれ~~~~
藤、本当に綺麗!!
写真もいつもいつも上手。
今日は圭衣が退院しました。
ご心配をおかけしました。

病院の帰りに、久しぶりに二人で木漏れ日の中を歩きました。
とてもいい気分。
あちこちでお花が咲いて、病院の玄関を出たとたん圭衣の一言。
「あ~~~空気がきもちいい~~」

本当に、大部屋でまわりは赤ちゃんばかり、
オムツもそこで替えているので、部屋は独特の香り、、、。

今日は久しぶりに一緒に寝ます(笑
Commented by Kazu-chan。 at 2005-04-26 07:24 x
ともちゃん、深夜に電話してごめんね。
仕事上のミス、ホントに怖いです。←経験あり(汗)
ほんのチョッとしたミスも患者さんの信頼を失墜させます。
ミスを犯さないようなチェック機構を充実させるのも勿論大事ですが
(リスクマネジメントの徹底)、それよりもっと大事なのは
問題が起きてしまった後の対応だと思います。
事後の対応が誠意あるキチンとしたものだったら、患者さんの信頼を損なう事は無いのでは?
勿論、ミスを犯さないのが一番ですが・・・。
Commented by Kazu-chan。 at 2005-04-26 07:28 x
Junちゃん、圭衣ちゃんの退院、よかったね~~!
圭衣ちゃんの入院中の作品、拝見しました。
すっごく可愛いですぅ~~!
退院したとは言え、暫くは無理しないでゆっくりなさってね。
Commented by nagaponn at 2005-04-26 21:59 x
こんばんわ~ここに書き込むのは久しぶりですが、いつも楽しく見てます、私も小さいころ教会に行っていた時期がありました、いつの間にか行かなくなっしまいましたが・・・かずちゃんの聖書の引用を見て、「人生は何かを成すから尊いのではない、生きること自体が尊いのだ。」という言葉を思い出しました、誰の言葉かは忘れてしまいましたが、生きていることそのものに感謝する、そんな当たり前のことを忘れかけていたような気がします。
Commented by Kazu-chan。 at 2005-04-26 23:09 x
尼崎の脱線事故、胸が痛みます。
突然の事故に巻き込まれて尊い命を奪われた方々は
本当にお気の毒でした。
残されたご遺族のショックと悲しみは想像もできません。

今朝、子供達と話をしました。
毎日無事に生活しているのが当たり前のように過ごしているけれど、
朝、出かけて行って、無事に家に帰って来る事が出来るって、
本当は凄い恵みなんだね、と。
生きていることそのものに感謝する。
生かされていることに感謝する。
与えられている恵みを一つずつ、
大切に数えながら生きていきたいです。


<< 4/25 月   どうなる?!      4/23 土   スキルアップ >>