2011年 03月 17日

オフ

昨日は出勤だった。
結構忙しく、又、いつも2週間処方の患者さんに3~4週間処方が連発し
常にも増して不足分発生の懸案が多くなった事もあり、バタバタしていた。

午後4時前に上司から
「京急は5時頃から動かなくなるらしいので京急使う人は帰宅する様に」
との通達があった。
もしかして計画停電で地元駅以南が運休する事と勘違いしてる?とは思ったが
昼の地震の影響で運行の予定が変更になったのかもしれないとの不安もあったし
折角「帰って良い」と言ってくれているので
忙しいのに申し訳なかったのだが、お言葉に甘えて帰宅した。

帰った途端に「おじいちゃん具合が悪くなったから早く来て」
と娘から聞かされたので、本当に帰って来て良かったと思った。
こういうのを虫の知らせと言うのかしら。
父はベッドで休んでいるうちに夜には小康状態になったので少し安心。
今回も救急車を呼ぼうかどうか迷う感じだった。
救急車を呼ぶかどうかの決断って難しい事を改めて実感した。

今日は午前中に家庭集会があった。
父の具合によっては中止にして貰わなければならないと思っていたが
幸い今朝は体調が落ち着いていたし、
何よりも教会に行けない父が教会の皆さんに会いたいという事で開催の運びとなった。
牧師夫人も壮年会の兄弟方もいらして下さり感謝。
牧師の車をゲートまで迎えに出た時に1人の壮年の兄が自転車置き場の入り口に佇んで
必死に祈って下さっている姿に遭遇した。
早めに来て、寒い中、祈っていて下さったのだろう。
感謝である。


今日は凄く寒い。
車でとは言え午後から主治医の受診に両親を外に連れ出さなければならない。
午後の外出も守られますように。


被災者の皆さんや救援にあたっている方々、
そして原発の最前線で必死に働いていて下さっている方々は
この寒さの中、大変な思いをなさっていらっしゃる事と思う。
思いと心を尽くして祈り続けよう。

by kazu-chan1208 | 2011-03-17 13:14 | つぶやき | Comments(0)


<< 蕾      出勤 >>