2011年 06月 28日

昨日

c0030950_839151.jpg

c0030950_839179.jpg

c0030950_839194.jpg

3時に面会に行った。
父の具合は相変わらず。
発熱は少し治まっている様子。
左腕の浮腫はまだ酷く熱をもっている感じである。
体のだるさと左腕の痛みで参っている感じ。

2時間ほど居たがDr.がなかなか来なくて母が疲れた様なので、母と娘は先に帰した。
6時間際にやっとDr.が病室に来た。
肝機能は相変わらず悪いが、今以上に数値が上がってはいない事、
血小板も低い値ではあるが少し持ち直している事からワーファリン服用を再開したらしい。
昨日から尿カテが取れてトイレには介助付きで歩行器で行っている。
そんな状況でワーファリン再開して、身体を動かす事により
又、出血したら困るのではないかと質問したら
このまま寝たきりにならない為には少しずつ身体を動かす事が大事で
万が一出血しても入院中ならすぐ対応出来るから大丈夫との事。
退院してから急に動いて出血する方が怖いらしい。
口内炎がまだ酷い状態で食事は殆どとれていないのと、
左腕の炎症状況がなかなか治まらないのが今、一番の課題との事。
肝機能に関しては手術前に休薬したウルソを再開しているのかどうかを確認したら
どうもずっとウルソを服用していた事を失念していたらしく再開していないと。
早速投薬再開すると約束して貰った。
今のところ白血球、CRPとも減少してきているらしいので少し安心。

Dr.達との話が終わったら6時になって食事が出て来たので、折角だから食事介助をした。
食べさせてあげると少しは食べられるみたいで、結局お粥も半分近く食べる事が出来た。
食後の歯磨きなどを手伝って病院の外に出たら夕空が綺麗だった。

明日からは夕食の時刻に合わせて娘が食事介助に来てくれる事になった。
娘が一生懸命協力してくれるのが有り難いとつくづく思う。
感謝。

by kazu-chan1208 | 2011-06-28 08:39 | 家族 | Comments(0)


<< 一進一退      左手の浮腫 >>