2011年 06月 30日

心房細動

一昨日の夕方から脈拍が異常に高く血圧が低い状態が継続している父。
昨日もずっと辛そうな様子が続いていた。私は3時から面会時間が終わるまでそばにいた。
Dr.が代わる代わる来てくれて説明してくれたが、このままでは状況が悪化するので
今、心臓の働きをフォローする薬を投与しているが改善しなければ
明日、午前中にも心臓電気ショック療法を施行するとの事。
所謂電気ショックを加えて、心臓の異常な拍動をリセットするというもの。
電気ショックはかなりの痛みを伴うので、又、麻酔をかけるらしい。
この様な状況に陥った原因の一つとして考えられるのは
口からの食事が殆ど取れていないかららしい。
簡単に言えば栄養失調と脱水症状である。
今の栄養状態があと1〜2日続けば完全に寝たきり状態に陥る可能性が高いと言われた。
昨日は末の弟は店が休みだったのでグリーンピースの冷製スープを持って来てくれた。
娘は干し貝柱と干しエビと椎茸の中華粥を作ってくれた。
先生方におどかされた事もあり、父は頑張って食べていたが、食べる事自体が辛そうで…。
とりあえず食べたいという物を持参して構わないから食べるように…との指示なので
せっせと食事を運ぶ事しか出来ないけど、頑張ってやってみようと思う。
父は精神的にもかなり疲弊してきているのを感じる。

ずっとベッドから動けないのでリハビリ科の医師がリハビリをしてくれているが
この心拍数ではリハビリのしようがないとの事で、余り積極的なリハビリは出来ないでいる。
以前、市大病院のリハビリ科からの処方箋を何度か受けた時に
「もしかして、この先生は近所の幼なじみだった男の子じゃないかな」と思った事があった。
その話を父にはしていたのだが、やはりその人だった事が分かり、
昨日は父から名乗ったら向こうもビックリしていたらしい。
色々な話が出来て良かったよと言っていた。
夕方に思いがけず彼がワザワザ病室に顔を出してくれた。
幼稚園が同じだったし、近所だったので小学校は別々だったけれど良く一緒に遊んだ子だ。
優しい頭の良いお姉さんもいらして、彼女とも良く遊んで貰った。
私が中学に上がる時に磯子に引っ越したので40余年振りの再開だ。
良く近所の駐車場でゴロベースして遊んでいて、そこのオヤジに怒鳴られては皆で逃げたよねと
懐かしい話が沢山出来て、父も嬉しそうに聞いていた。
以前、かー君の処方箋を受けた事があったから、
かー君がお医者さんになった事は知っていたよ〜と言ったら驚いていた。
小さい頃はガリガリだったのに、それなりの貫禄が付いてたな(笑)
今日は又、医師からの説明があるので早めに病院に行く。
昼に間に合う様に好物のミートスパゲティと野菜ポタージュを作って持って行ってみようと思う。

神様、父をお守り下さい。

by kazu-chan1208 | 2011-06-30 09:34 | 家族 | Comments(0)


<< 食事介助      一進一退 >>