タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 02日

細動、再発

昨日も昼から夜まで病院に詰めて父の食事介助。
父のリクエストは「卵かけご飯」(笑)
柔らかめに炊いた炊きたてご飯と卵の他に野菜ポタージュを持参した。

昨日の予定は採血とリハビリとレントゲン。

一昨々日、除細動の電気ショックを施行して一旦は細動が無くなっていたのだが
一昨日から又、細動が始まってしまっている。
今回の細動は軽いものだし、血圧も安定しているので、今すぐに再度の除細動はしないとの事。
昨日から胸水も又、たまり始めているらしい。
低栄養状態なので点滴しても組織に水分が漏れ出してしまう為、胸水などがたまるようだ。
細動も胸水も低栄養状態に起因しているらしいのだ。
高カロリー点滴をするという手も無い訳ではないが、
元々血管が弱く、高カロリー点滴に耐えられるかどうかの懸念があるので処置は見送っている。
兎に角、口から出来るだけの栄養を摂取するのが大事という事で
父にとっては食事の時間が苦行となっている。
私も心を鬼にして「もう一口、頑張れない?」と叱咤激励しつつ食べさせている。

入院以来初めて入浴許可が出たとの事で3時過ぎにシャワーを浴びさせて貰った。
この暑い中、入浴介助のヘルパーさんは汗だくで入浴させてくれた。
久し振りのシャワーでサッパリはしたが、父はエラく疲れた様子。
夕食まで寝入ってしまった。

夕食が終わって横になっていたら主治医のDr.が新人の研修医と一緒に来てくれた。
この研修医君、やたらと腰が低く、昼から何度も顔を出してくれていた。
少し太めの優しそうな人だ。
主治医の説明では肝機能も落ち着いて来ているとの事。
細動が出ているのでアーチストの量を増やすらしい。
退院前にもう一度、除細動をすると言っていた。

術痕の痛みも軽減してきているし、左手の浮腫と炎症も改善しつつある。
ただ、食事に対しての恐怖感があり、父の気力が低下しているのを感じる。

辛いとは思うけど、此処まで頑張ったのだから、あともう一息、頑張って欲しい。
神様、父に勇気と気力とをお与え下さい。

by kazu-chan1208 | 2011-07-02 09:58 | 家族 | Comments(0)


<< 明日から      食事介助 >>