2011年 07月 21日

新たな展開

一昨日ワーファリンを止めたのが上手くいっているかを確認する為の採血の件と
今後の療養生活の相談の件で、今朝又、市大を受診した。
血液検査の結果がなかなか出なかったので大分待たされたが、
入院中にお世話になった先生が待合室に出て来て下さった。
市大の心臓血管外科の先輩がW病院の院長をしているので、電話で相談したところ、
血液検査の結果次第では入院せずに外来で点滴による栄養補給を含む療養管理と
リハビリ療養を引き受けて下さるという話がついたとの事。
紹介状を作成したので、このままW病院に受診する様にと指示を受けた。
その先生とW病院の院長先生は先輩後輩の仲で、良く知っていらっしゃるらしく、
11時までにW病院に行けば院長が待っていてくれるという手配を付けてくれた。
そのまま急いでW病院に向かった。
レントゲン、心電図、採血をして院長先生の診察を受けた。
院長先生の話では一応入院も考えて部屋を確保していたが、
検査の結果がそれ程悪くないので、通院での療養管理で大丈夫そうだとの事。
今日は点滴もして帰宅。
明日も一応点滴に通う事になった。
リハビリは来週からとの事で予約を入れてきた。
父は在宅療養だけでは不安だが入院はもう嫌だと言っていたので
一番理想的な展開になったと思う。
父自身もかなり安心した様子で少し元気も出た感じ。
余りにトントンと順調に道が開けた事に主の守りと導きを感じた。
感謝。

昨日は近所に住む教会員の方も家に来て下さり感謝だった。
皆に祈られ、励まされて今があるなぁと実感した。

by kazu-chan1208 | 2011-07-21 19:00 | 家族 | Comments(0)


<< 父、熱発      在籍最終日 >>