2011年 08月 27日

良いんだか悪いんだか (∋_∈)

木曜日の大腸内視鏡検査は思った通り、腫瘍など悪いものは何も見つからなかった。
それは良かったんだけど、外科のk先生、余り上手じゃなかったようだ。
以前に父が大腸内視鏡検査を受けていた開業医はとても上手な先生で
「S字結腸の部分が入りにくいみたいだね」と言いながらも上手にやってくれていた。
今回はどうもS字結腸に1箇所傷を付けて出血したようだ。
出血部位は止血したので問題ないと言われたらしいが、昨日から微熱を熱発。
今日の昼位から高熱になり、この前の肺炎の時のように震えが来たらしい。
昼に丁度息子が行ってくれていたから良かった。
娘が午後1時に行って、父の発熱を連絡くれたので、私も慌てて病院に行った。
私が行った時には解熱剤服用して震えや寒気は治まっていたが38度代後半の発熱は継続。

大体、元はと言えば腫瘍マーカーCEAが微妙に高いので、この際検査をしてはどうかと
K医師の提案で受けた検査である。
「CEAの数値が高いと言ってもかなり微妙な数値ではある事。
体力が落ちている今、1週間近くの絶食をしてまで受ける意味があるのか疑問である事」
を私はK医師に質問したのだが
「疑わしきものがあるのなら検査してみないと分からないしねぇ」と押し切られて受けた。
まぁ、承諾書にもサインしたのだから今更どうこう言ってどうなるものではないが。
S院長先生は信頼できるけど、K先生は最初から強引さを感じてしまい、印象悪し。
昨日発熱があったので一応血液検査とレントゲンはしたらしく問題ないと言ってたらしい。
で、昨夜、私が帰ってから病室に来て「明日、教授に診て貰って相談しましょう」と。
でも、一向に現れないし、その話を看護師さんに確認しても、皆、首を傾げるばかり。
この土日は院長先生が学会で不在なので発熱した事も院長に連絡して指示を仰いだと
看護師さんは言っていた。
K医師は病院内に居るんだか居ないんだか (-_-#)

会ったら文句のひとつやふたつやみっつやよっつは言ってやるつもり (;`皿´)

by kazu-chan1208 | 2011-08-27 16:21 | 家族 | Comments(0)


<< 不安定      ハロワ…(-_-;) >>