2013年 02月 11日

ごめんね そして ありがと

c0030950_14161430.jpg

一昨日の土曜日、いつもの様に仕事に行く前に実家に寄った。
父はかなり体調が悪い様子で、珍しくベッドに横になっていた。
最近、余り食べられなかったり体調不良の日が続いてはいたのだが
「もう、これからは無理に食べない。もう、自然に任せる」と言う。
出勤の時刻が迫っていたので「そんな事言わないで、食べるのを頑張らなきゃ」と答えた。
でも心の中では「皆、頑張って支えているのだから、諦める様な事を軽々しく言わないで」
という思いがあった。
その日の昼は娘が父の好物のスパゲティを作ってくれて、結構食べる事が出来たらしい。

昨日、教会の成人科の学びの時に、父の事を話していたら涙が止まらなくなって困った。
食べられない、体調が継続的に悪いという本人の辛さを思うと
「弱音を吐かないで頑張って欲しい。もう一度、元気になって欲しい」という思いは
本人に負担になるばかりなのだろうか。
私の希望は、単に私自身の自己満足や我が儘なのだろうか。
何だか分からなくなってしまって。
教会を出る時に、沢山の教会員の皆さんから「祈っているから」と肩を抱いて貰った。
感謝。

自分の気持ちが不安定だったので、父にも少しキツい事を言ってしまった。

今は、父は決して弱音を吐いていたのではないという事が何となくわかる。
父なりに頑張り過ぎる位に頑張っているのが分かる。
父はどうしてもマイナー思考に傾きやすい性分なだけ。
ポジティブなベクトルに切り替える手伝いをするのが私の役目なのかもしれない。
ダーリン、息子、娘…家族全員が一緒になって支えていてくれるのだから。
みんな、ごめんね。
そして、ありがとね。



今日のランチはヨモギパンとビーツサラダ。
大好物を食べて元気を出そうF6D2.gif

by kazu-chan1208 | 2013-02-11 14:16 | 家族 | Comments(0)


<< グッドアイデア d(^-^)      今日の食事 >>