2013年 02月 28日

市大病院受診

昨日は心臓血管外科の教授診の後に神経内科の検査を受けた結果を聞きに市大病院に行った。
神経内科の予約は午後3時だったが、呼ばれたのは4時過ぎ。
MRIと筋電図の検査結果を説明して貰った。
目眩が脳からきているものかどうかを調べる為に撮ったMRI。
脳には特に何の問題も無く血管も良い状態、83歳にしては立派な良い脳ですよ~と言われた。
目眩や頭痛は脳梗塞や脳腫瘍など脳の疾患によるものじゃないという事だ。
筋電図とは神経伝達速度を計測する検査だが、こちらの方はおしなべて平均を下回った。
末梢神経障害がかなりあるとの結果。
今まで化学療法などは一切受けた事がないにもかかわらず末梢神経障害があるという。
何が原因なのかは不明だが、53年前に胃の切除術を受けているので
慢性的なビタミン不足が長期間継続した為かもしれない。
今まで通り、ビタミンE、ビタミンB群の服用継続の指示が出た。
父本人は「良い脳」と言われた事が意外だった様子ではあるが、ホッとした部分もある様だ。
「身体はダメなのに脳がまだ大丈夫となると、案外長生きして迷惑かけそう」と笑っていた。
先週の心臓血管外科の血液検査でも栄養バランスは術直後に比較して悪くないと言われた。
食欲不振が最大の問題なのだが、少しずつでも食べられるようになれば希望は持てる訳だ。

だから、頑張ろうね。
焦らず少しずつでいいから。
私も自分に言い聞かせるようにに、そう思った。

by kazu-chan1208 | 2013-02-28 07:20 | 家族 | Comments(0)


<< ぽかぽか陽気      春の足音 >>