タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 03月 19日

今朝早く

今朝早く、母から電話があった。
「パパが冷たくなってる」と。
慌てパジャマのままで実家に向かった。
父はベッドの中で、まるで眠っているように穏やかな顔で冷たくなっていた。
「3〜5時の間じゃなきゃ飲んじゃダメ」と言っていたマイスリーが無くなっていたので、
それを服用してから亡くなったのだろうと思う。
きっと呼吸抑制がかかって、眠っているうちに亡くなったのだと思う。
最近は本当に呼吸が苦しいかったので、父の辛い表情しか見ていない。
しかし、今日の父の表情は微笑んでいるように穏やかで優しい。
父のこんな表情をずっと見ていなかったので、懐かしささえ感じてしまった。

昨夜もいつもの様に9時頃に足湯をしに行き、就寝前の一通りのお世話をして、ベッドに入れて一緒にお祈りした。
最近、息苦しいので余りハッキリしたお祈りが出来なかった父だったのだが
昨夜はしっかりとお祈りした。
「辛いですけれども、尚、平安と喜びの内を歩まさしめて下さり、1日を喜びをもって終える事が出来、感謝です」と。
11時前に実家を出た時には、まさか今日、こんな事が起こるとは想像だにしなかった。

今、父の顔を見ていると「良く頑張ったね。ホントにありがとね」という言葉しか出てこない。
こんな良い死に顔を見せてくれて、私達に「苦しまないでいったから心配するな。大丈夫だよ」と言ってくれている気がする。
悲しいのは勿論なんだけど、父があの苦しみから解放されて、今は主の御手のうちに平安とともにあると思うと
悲しみより、安堵と感謝の気持ちの方が大きいと感じる。
だから、余り泣いていない。
そして次々に父が会いたがっていた人達が会いに来てくれたので、かえって嬉しいくらいだ。

パパ、良かったね。
本当にありがとね。
又、会える日を楽しみにしているね。

by kazu-chan1208 | 2014-03-19 22:15 | 家族 | Comments(0)


<< 納棺式      1日1日 >>