タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 17日

準確定申告

c0030950_8474360.jpg

c0030950_8474351.jpg

c0030950_8474366.jpg

父が亡くなってから4ヶ月以内に、税務署に今年1月から亡くなるまでの準確定申告をしなければならない。
今まではe-taxでしていたのだが、今回はe-taxは利用出来ないというので、書類での提出となる。
帳簿の決算やら医療費の計算、保険関係の計算など、事前にすべき事は準備していたので
昨日、休みを取ってくれたダーリンと一緒に朝から実家に出向いて奮闘。
事前に横浜南税務署に相談したら
「26年度のフォーマットはまだネットに上がっていないので、25年度のを使って、手書きで訂正でOK」
と言われていたので、その様にやろうと思ったのだが、入力ミスがあるのか、PC画面が次に進まない。
国税庁のHPの入力画面を使って作業をしていたので、国税庁に電話して聞いてみたら、男性職員が
「25年のフォーマットは使わずに、全部手書きでやって下さい」と言われた。
そんな事していたら大変じゃん!
「南税務署に聞いた時は、それでいいって言われたんですけど」と言ってみた。
そしたら、「そのやり方を地域の税務署が受理してくれるのかどうかは分かりませんよ」とか抜かしやがって
こっちが聞きたい肝心のPC操作の件には全然答えてくれない。
頭に来たので「もう結構です。結局、何を聞いてもハッキリ分からないって訳ですね。それが役人仕事って事なのが、よぉ〜〜く分かりました!」と怒号の啖呵をきって受話器を置いた。
隣でダーリンが「出た!ボンバーKazu-chan。」というような表情で固まってた(笑)

e-taxと違い、全て領収書や帳票を添付して書類に同封して送付しないとならないのだが、
いくら探しても国民年金の源泉徴収票が見つからない。
日本年金機構に電話して聞いたら、横浜年金事務所に行って相談してくれと言われた。
で、午後2時にやっと遅いランチを食べた後、急いで必要書類を整える為に区役所を行ったり来たりして
あっつい中、蒔田の年金事務所まで出掛けた。
直ぐに源泉徴収票を出して貰って今日中に投函しないと、死後4ヶ月の準確定申告の期限に間に合わないF7F5.gif
ここでも対応したおばちゃんが最初は「今日中は無理」とかなんとか、訳分からん事を言う。
来る前に日本年金機構に電話して揃える書類を全て確認して持参しているのに、書類が足りないとか言いやがる。
「年金機構に確認した旨、説明して、必要書類は全て揃えて来た事」「年金機構の人は年金事務所に行けば、その場で源泉徴収票を出してくれると言われたから来た」と説明しても「出来ません」の一点張り。
すったもんだのやり取りの後、「とりあえず調べてみますね」と言って席を外して帰ってきたら
「年金停止の手続きが終わっているので、帳票再発行という形で直ぐにお渡し出来ます」と。
うだうだゴタクを並べる前に、さっさと調べてくれれば良かったのにF6BE.gif
で、源泉徴収票を手渡す時「直ぐに貰えて良かったですね」だとF6BE.gifF3F1.gif
役人仕事って、一体何なのF3F0.gif

帰宅後、ダーリンと一緒に作業開始して、完了したのは7時過ぎ。
で、夕食を作る元気も無かったので、母と3人で車で外食に出掛けた。
私はお刺身定食、
ダーリンは天ぷら定食セット。
母はお決まりの海老ふりゃ〜(笑)

貴重な休日を丸1日付き合ってくれたダーリンに感謝F650.gif

by kazu-chan1208 | 2014-07-17 08:47 | 外食 | Comments(0)


<< バタバタしてる      コップのフチ子さん >>