2015年 11月 13日

c0030950_87539.jpg

c0030950_87542.jpg

c0030950_87594.jpg

先日の火曜日、母がデイサービスに行っている間に、娘と一緒に弟の店に行った。
私が水曜日にフルで仕事になってしまってからは、末の弟は来られる水曜日には母のところに来てくれている。
昼御飯を作って一緒に食べて夕方まで母と過ごしてくれるので、私も安心だし、母も喜んでいる。
末の弟は母と長い時間を過ごしているからこそ、最近の母の物忘れ加速度が増している事にも気付いてくれている。
先日もメールで「最近、とみにお袋の物忘れが酷くなってるよね。いつも一緒にいる姉貴の苦労は大変だと感謝してます。
今後の事も相談しておいた方が良いかもしれないから、時間がある時に店に来ませんか?」
と言ってきたので、久々に弟の店に行く事にしたのだ。
もう少し時刻をずらして行けば良かったが、ランチタイムだったので結構バタバタしていて余りゆっくり話せなかった。
弟は私の愚痴を聞いたり大変さに共感する事によって、少しでも私の心の負担を軽くしたいと思ってくれていたみたい。
弟の気遣いは嬉しかったが、そんなに心配するほどには、今はまだ大変じゃないから大丈夫。
今後、どうなるかは分からないけれど、そういう時にも相談に乗ってくれる弟がいると思うだけで心強い。
感謝。

写真は上大岡のデパートのクリスマスツリー。
前菜とメイン。
私は鯖のグリル。
グリーンのソースは小松菜ペーストをベースにしたバターとレモンの風味が効いたソースで、とても美味しかった。

by kazu-chan1208 | 2015-11-13 08:07 | 家族 | Comments(0)


<< 天草へ      寒っ! >>