2016年 04月 24日

伝道礼拝

私の教会では毎月第4主日は伝道礼拝である。
求道者の方にはお知らせの葉書を送っているので、私の母にも葉書が届いていた。
葉書を見せた時には「教会から下さった葉書ね」としか言っていなかったし、私が誘ってもいつも断られていたので、そのままにしていた。

今日はモーニング教師会なので、私はいつもより早く家を出た。
8時半前に「今朝は早く行くからね」と実家に顔を出したら、母が外出の仕度をしていて「え?もう?」と慌てた様子。
デイサービスに行く日じゃないのに、曜日を間違えて仕度しちゃったのかしらと、一瞬戸惑ったが
「教会からお誘いの葉書が来ていたから、行くつもりで仕度してたのよ」と言う。
思ってもいなかったので慌てたが、それなら近所の友人の車に乗せて貰う様に手配するからと、連絡を取った。
1時間程後に出発する友人の車に母を乗せて頂ける事になり、私は先に出掛けた。
教会に到着し、モーニング教師会に出た後に送迎奉仕を終えてから受付奉仕についた。
母は成人科の学びに出てから礼拝に。
私は受付に座っていなければならないので母の隣には座れないなぁと心配していたが、そんな心配は全く無用だった。
姉妹方が何かと世話を焼いて下さり、礼拝後はシオンの会(70歳以上の方々の会)にもチャッカリ参加する事に。
お昼ご飯もシオンの会の皆さんと一緒に楽しそうに頂いていた。
散会になってから、帰る方向が同じ方と一緒にタクシーに乗り、帰宅したのは2時頃だった。
朝からの外出なので疲れたのではないかと心配したが「楽しかった」とニコニコ顔。
毎週は行けないけれど時々は教会に行きたいと言ったのには、驚くやら嬉しいやら。
成人科の学びで「主人が生きている間に一緒に教会に来ていれば良かった」と発言したらしい。
姉妹方が「今からでも遅くないんだからいつでもいらっしゃって!」と言って下さった様だ。
いつ誘っても良い返事を貰った試しがなかったので、母の救いを祈りつつも、心の何処で諦めに似た物があった私。
しかし、主のお働きはそんな私の思いを遥かに越えた恵をお与え下さるという事を改めて知らされた。
自分自身の罪深さをも思い知らされた思いがした。
全てを感謝。

by kazu-chan1208 | 2016-04-24 22:34 | 教会 | Comments(0)


<< クリスタルネックレス      帰路 >>