タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 26日

11/26 土   同窓会

薬学部を卒業してから26年が経つが、今迄一度も同窓会が開かれなかった。
今日は26年目にして始めての同窓会である。
本当は一日薬局勤務なのだが、無理を言って午後休をもらった。
午後1時まで勤務してそのまま大学に向かった。
キャンパスに来たのは24年ぶりだ。
結婚式に出席していただいた教授に写真をお届けして以来である。
キャンパスは全く様変わりしていた。
象徴的だった明治時代の建造物が明治村に移転したのは聞いていたが
「敷地はこんなに広かったっけ?」と思うキャンパスの中に
東洋医学研究所をはじめ、何棟もの建物が林立している。
私達が通っていた頃のショボサは全くない。
浦島太郎状態で会場(地下食堂)に向かった。
誰も誘わずに来たので、仲が良かった子達が来ているかどうかも分からない、と
ドキドキしながら受付に行くと
「おぉ~!○○!」と声を掛けられた。
薬理学研究部で4年間一緒だったM君が受付を手伝っていたのだ。
仲が良かった子達も来ているかどうか聞いたら、みんな来ているとの事。
中に入っていくと、懐かしい顔、顔、顔!
一部の人は、すぐに名前が出てこなかったりもするのだが、どれも知ってる顔だ。
非常に盛会で薬学科と製薬学科をあわせて150人近くの出席との事。
みんな変わっていないけど、みんな歳相応に老けている。
男子の中には髪の具合と肥満具合で全く別人の様になっている子もいた。
女子は若い子と老けている子の差が凄い。
「学生時代からタイムスリップして来たの?」
と聞きたくなるほど全然変わっていなくて若々しい子も居れば
思わず「失礼ですがどなたでしたっけ?」
と聞きたくなるほどオバサン(或いはオバーサン)と化して目を疑いたくなる子も。
一番会いたかった彼女は遠隔地に住んでいるのでやはり来ていなかった。
連絡すれば良かったかな。
残念。

皆に会って喋っていて気付いたが、女子の中には凄く仲が良かった子っていない。
学生時代よく喋っていたのは男子達が多かった。
私自身男っぽい性格なので女子の付き合いのチマチマさが面倒だったのもある。
小学校から高校まで一貫教育のミッション系の女子校だったから
男子と一緒に学ぶ環境は、大学が初めての体験だった。
女子と喋るにはなんだか気を遣わないといけないが
男子と喋るのには余計な気を遣わずに済むのが楽だった。
男子達も私に対してオンナとして扱わないのが居心地良かった。
でも、これって、どうなんだろうか?と今更ながらに思っちゃった。
まぁ、ここまで来ると男も女もないって感じだけどね。

6時のお開きで帰宅するつもりが、殆どみんな2次会に行くと言うので同行した。
恵比寿ガーデンプレイス、初めて行った。(超田舎モン)
「銀座ライオン」の喧騒の中、互いの声を聞き取るのも大変だ。
必然的に話す声がドンドン大きくなる。
皆は10時まではライオンに居るようだったが
それでは帰宅が遅くなりすぎるので私は9時に失礼した。
メアド交換をしたから、帰宅後、沢山メールが来た。
勢いで3次会まで突入した様子。
途中で抜けて良かったぁ。

帰宅22時半。
長い一日だった。
疲れたけど、楽しかった。

本邦初公開 
向かって左が私 
隣は実験の相方 彼は卒業した翌年医学部に進学した
右の可愛い子は小学校から大学まで一緒だった 今は数軒の薬局経営者
c0030950_7301422.jpg


by kazu-chan1208 | 2005-11-26 23:59 | 友人 | Comments(0)


<< 11/27 日   解放?      11/25 金   ファァ~~! >>