2006年 04月 12日

4/12 水   甘え

今日は失業認定日。
朝9時~9時半までにハローワークの窓口に行かなくてはならなかったので
朝早くから雨の中を歩いて出掛けた。
ホントは1月15日付けで失業していたんだけど
社長がなかなか書類を持ってきてくれなかったので認定日がこんなに遅くなった。
てか、もう次の就職先、決まったんですけど・・・。
でも、認定日の現時点ではまだ失業中なので “失業と認定” され
失業手当が頂けるらしいです。
担当者に5月からの就職が決まっている旨を伝えた。
4/28にもう一度ハローワークに出向いて、今度は “就職” の手続きをするらしい。
5/1以降に就職先の事業所に書いてもらった就業証明書も持って来なくてはならない。
あと2回はハローワークまで行かなきゃならんわけか。
面倒だな。





帰宅後、頼まれていたワインリストとチラシを届ける為に新店舗に出掛けた。
息子がオフで在宅だったのでチラシ配り要員にと一緒に行ってもらった。

「店頭に出して “ご自由におとり下さい” というメニューのチラシがすぐ無くなる」
と言っていたので、チラシを店頭に置いてもいいかなと思って多めに印刷した。
しかし、チーフはメニューを刷って欲しかったらしい。
お互いキチンと確認しなかったのがいけなかったんだけど、ちょっと言い合いになった。

私達の言い合いを黙って不機嫌そうに聞いていた息子が、突然
「お母さん、慈善事業じゃないんだからキチンとお金を貰ったらいいんだ。
 叔父さんも頼むんだったらチャンとお金を払ったら?」 と言い出した。
私も弟も、「えっ?!」って感じ。
そして気まずい沈黙。

確かにビジネスだったらもっとシッカリ確認を取ってから動いただろう。
私のする事に取りこぼしがあるのは、どこかにそういう甘えがあるからなのだろう。
でも、弟からお金を貰いたくて色々やっているわけでは、勿論無い。
何かの役に立てば・・・という思いで出来る範囲の事をやっているに過ぎない。
それは弟にも言えることで、お金を払って頼む事だったら
もっとキッチリ依頼内容を確認するだろうし、指示も細かく出すだろう。
お互いに肉親ゆえの甘えの構図がそこにある。

でも、その時は分かりもしないのに口を挟んできた息子に腹が立った。
「何にも分からないクセに。チラシ配りが嫌なら来なくて良かったのに。もう帰っていいよ」
と言ってしまった。

暫く黙っていた弟が口を開いた。
「○○(息子)の言う通りだよ。お金は払うつもりでいたけど、甘えている部分があった。
 領収書とかキチンと出してくれれば勿論支払うから。
 ○○は当たり前の事を言っているんだから怒るなよ。
 お母さんがこんなに一生懸命にやってあげてるのに、なんだ?!と思ったから
 言った事なんだろうから。
 これだけやってもらったら、もう充分だから。アリガト。
 でも、悪いけど今日はもうイイから、帰って下さい。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

張り切ってチラシ配るつもりで来たのに(と言ってもチラシ配りが好きな訳ではない)
何だか帰らないと、もっと面倒な事になりそうだし・・・。
正直言ってチョットこういう関係に疲れてきているのは確かだし・・・。
凄く迷ったけど、ここで我を通して、帰らずに頑張っても良い事ナイと思ったので
「んじゃ!」と言って帰って来ちゃった。

帰り、車に乗る時に息子が小さい声で「ゴメン」と言ったが返事しなかった。
気持ちがモヤモヤしていたから下手に返事出来なかったのだ。


ずっと黙りこくったまま車を運転した。
息子も後部座席でずっと黙っていた。
長くて重ぉ~~い沈黙。

帰宅して息子と少し話をした。
息子の気持ちも少し分かったし、有難かった。
彼は彼で言ってしまった自分に対して凹んでいる。
「バイトの時だったらどんなに嫌な思いをしても我慢出来るのに
 叔父さんだから我慢できずに言っちゃったってトコもある。
 そういう意味で自分にも甘えがあったのかもしれない」って言った。

息子にも嫌な思いをさせてしまって可哀相だったなぁ。
もっとシッカリしなくちゃ>自分。

夕方なのに外は暗い。
雨がずっと降っている。

by kazu-chan1208 | 2006-04-12 16:32 | 家族 | Comments(4)
Commented by みかん at 2006-04-12 19:05 x
うんうん。身内には、ついつい甘えてしまうよね。
ううううう。反省。

でも、立派な息子さんじゃないですか。
筋は通っているし、思いやりはあるし、聡明とはまさにこのことっすよ!
(まぢで)
うちの子も、kazuchan。さんの息子さんみたいな青年に育ってほしいな。
Commented by Allegro-Jun at 2006-04-13 00:50 x


言わせてしまったのは大人のほうだとは思いますが、
言ってもらって良かったのではないでしょうか?

進展があるときには痛みがつき物。
グサッときたときの弟さんの態度も立派です。
こうやっていい方向に向かっていくのであれば、
息子さんの発言もムダではないと思います。
前向きに、いい方に考えると、
これからの弟さんとの関係も、ほら!上向きでしょう?
Commented by kazu-chan1208 at 2006-04-14 07:09
>みかんさん
身内で一緒にやっていく・・・凄く難しい事ですよね。
特に私みたいに “熱い人”(?) にとっては尚更。

本当はとても気が小さいんです、息子。
だから余計にビックリしました。
Commented by kazu-chan1208 at 2006-04-14 07:12
>Junちゃん
確かに息子に言ってもらって良かったのかもしれないと思います。
彼に嫌な思いをさせちゃったのは可哀相だったけど。
これからは少し距離をおいて見守って行こうと思っています。
気持ちを切り替える良いキッカケを与えてくれたんだね、きっと。


<< 4/13 木   開店!      4/11 火   従妹 >>