タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 21日

5/21 日   感謝 & 反省

先週は教会を休んでしまったので2週間ぶりの礼拝。
いつもは近所の方に車で送ってもらうのだが、今日は父の事が心配だったので
いつもより早い時刻に電車で出かけて、実家に寄り、父と一緒に教会まで歩いた。

取り壊しが始まったらしい店の事、少し話した。
私でさえ夢にまで見てしまう切なさを感じているのだから
父はどんなに身を切られるような思いでいるだろうと考えるだけでも苦しくなる。

「店が壊されていくと思うと、怖くて、店のある方面に出かけて行く事が出来ない」
と、少し困ったような顔をして小さな声で話す父の横顔を見ていたら涙が出た。

「パパの気持ちきっと全部はわからないけど辛さは良く分かるよ。
 でも、もう後ろを振り返っても仕方がない事。前を向いて歩いて行こうよ。
 パパとママの事、ホントに祈ってるから」と私も小さい声で答えた。

今日は2階の受付のご奉仕だったので、礼拝に父と並んで座る事が出来なかった。
礼拝後、成人科の分級の学びで父と一緒だった方が私に声を掛けて下さった。
分級の時間に父が店の取り壊しが始まった事について話したらしい。
「お父様のお辛さが癒されますように祈りますね」と仰って下さった。
こんな風に教会のみなさんが心にかけて下さり、祈って下さる恵を感じた。

もし父が教会に来ていなかったら、
この辛さを一人で悶々と苦しむ意外に術がなかったのではないかと思う。
しかし、信仰が与えられて、祈る事、祈られている事を知っている。
本当に感謝である。



本日の聖書箇所:マルコによる福音書5章21~24節、35~43節
宣      教  :「少女よ、起きなさい」



礼拝後、6月10日(土)のチャペルコンサートのチラシと
この前編集した季刊誌「シャローム」の一斉配布をした。
一人一人が教会の近隣の地区を担当して配布するのだ。
図らずも私の担当は高低差が激しい住宅街だった。
晴天の暑さと激しい(?)運動で、かなりへばった。
チャペルコンサートには仕事で出席できないのが残念。(-_-;)


帰宅してから娘に酷い言い方をしてしまって、彼女を傷つけた。
彼女も悪いところがあったが、私の言い方はもっと悪かった。
今、出かけている娘が帰宅したら謝らなければ・・・。

by kazu-chan1208 | 2006-05-21 15:27 | 家族 | Comments(4)
Commented by warau_1 at 2006-05-22 04:39
ご無沙汰しています。お元気ですか。過日、中国人女性に案内してもらい、中国人クリスチャンの教会に顔を出してまいりました。何十年ぶりかの教会の雰囲気に、多少戸惑いを隠せませんでした。在日のクリスチャンの方々が集う唯一安堵できる場所の様ですね。ほとんどが自国の方々ばかりなので、帰国したみたいな気持ちになれるのかもしれませんね。
また、当方にもお立ちよりくださいね。お待ちしていますよ。
Commented by G3 at 2006-05-23 16:34 x
なんか教会っていいですね。
罰当たりなG3が言っても説得力ゼロですが。
最新コメントを読むと体調が心配されます。

かずちゃんやご両親の心が癒されん事を。
Commented by kazu-chan1208 at 2006-05-24 20:57
>warau_1さん
お久し振りです。
教会って、クリスチャン以外の人にとっては戸惑いを感じさせる部分があるのですね。
自分がクリスチャンだと、そういう感覚が分からなくなるので・・・。
Commented by kazu-chan1208 at 2006-05-24 20:59
>G3さん
ご心配有難うね。
G3、ホントにあったかい人だなぁ~。


<< 5/22 月   体調悪し      5/20 Ⅱ   夢 >>