2007年 05月 20日

5/20 日   放蕩息子

今日は月に1度の成人科学びのリーダーの当番だった。
自分自身の学びに自信が無いのにリーダーは正直言って荷が重い。
でも、学びの前に2人の姉妹方と学びの為の祈りを合わせて頂いた。
感謝。

学びの聖書箇所:ルカによる福音書15章11~32節
主題:失われた息子たちを待つ父

喩え話で教えを語られている場面が聖書の中には多く記されている。
今日の箇所はイエスが語られた喩え話の中で余りにも有名な箇所である。
読む度に自分自身を弟の身において感じたり、兄の身になって感じたり。
今日の解説で、このテーマの主人公は兄でも弟でもなく
息子たちが悔い改めて父の元に立ち返るのを待っている父の愛と忍耐、
そして、失われていた者たちが父の元に立ち返る喜びが語られている。

私達は生来弱い者で、困難に直面するとすぐに失望し諦めてしまう。
しかし、主イエスは私達を何処までも捜し続け、聖霊は暗がりを照らし続けて下さる。

神を知るとは、神の愛のすばらしさを知って
神を愛し始める事であるとともに
自分の本来あるべき姿を取り戻す事でもある。

失われた者であった私を、捜し続けて下さった主の深い愛と忍耐に感謝。

<礼拝>
聖書箇所:ヨハネによる福音書15章18~27節
宣 教 :『真実の み霊 が来る時』



午後、ダーリンと娘はプールに出かけて行った。
当たり前のように与えられているこの日曜日の午後の平安に感謝。
c0030950_16572090.jpg


夕食は何にしよう。
毎日、仕事で帰宅が遅いので
手抜きの夕食を遅い時刻にしか用意出来ずにいる。
せめて日曜日の夕食は頑張ってキチンと作って
家族みんなで楽しく頂きたいものだと思う。
あぁ、それにしても何にする?
何が食べたい?と聞いても返事は決まって「美味しいもの!」
レパートリーの貧困さに頭が痛い。
買い物に出かけるとしますかね。
c0030950_20214056.jpg

c0030950_20215379.jpg


by kazu-chan1208 | 2007-05-20 16:00 | 教会 | Comments(0)


<< 5/21 月   物申す!      5/18 金  少し治癒 >>