タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 02月 28日 ( 1 )


2006年 02月 28日

2/28 火   epilogue

終りました。

今日も昼、夜とも予約のお客様でイッパイだったので
特にディナータイムは一般のお客様はお断りせざるを得なかった。
昔からのお馴染みさん達が顔を揃えて下さった。

中には30年以上もうちの店に通って下さっていた方がいらっしゃる。
その方はRKYが2月いっぱいで閉店と知った時から
殆ど毎日の様に通い詰めて下さり、社員を大勢引き連れていらしたり
家族・親戚とご一緒にいらしたりしていたが
今日は奥様と2人で夜に予約を入れて下さっていた。
「RKYは自分にとっても大切な場所だったから
 RKYが終わる最後の客になりたいんだ」と仰っていたらしい。

その他にも何人ものお客様が
「長い間、有難う。お疲れ様でした」
「いつも美味しいものを有難うございました」
などのメッセージ付きの花束を下さった。
今日は都合が付かずご来店になれなかったお客様からは
見たことも無いような立派な胡蝶蘭の鉢が届いた。

父はそんなお客様達と話しているうちに泣きそうにのがイヤだったのだろう。
余りフロアーに行きたがらず、キッチンの方にばかり居た。

店を閉めてから、キッチンの掃除をいつもより丁寧にした。
明日からはもう使う事も無いキッチンなのに
チーフは黙って隅々まで磨いていた。

片付けが終って閉店後、父が皆に向かって話をした。
「本当に長い間、お疲れ様でした。有難うございました」と
マネージャー夫婦、チーフに頭を下げている父を見ていたら切なくなった。
父は益々痩せて、小さくなった。
明日からは弟達の事はもう余り心配せずにユックリ、ノンビリしてもらいたい。

思いは色々あるけれど、もう疲れて眠いので・・・。

by kazu-chan1208 | 2006-02-28 23:59 | RKY | Comments(8)