タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 03月 01日 ( 1 )


2006年 03月 01日

3/1 水   明日のジョー?

昨日でやっと無事にRKYの全ての営業が終了して
今日から暫くの間、私は“明日のジョー”みたいに
燃え尽きて真っ白になっちゃう予定だった。

けど、現実はそうは問屋が卸さない。←年寄り臭い表現!と自分で突っ込み

朝もハヨから薔薇会の叔母に電話して色々愚痴ったりのご報告。(2時間)

それから両親の様子が気になるので実家に電話。
すると父は前立腺の健診で南共済病院に出掛けたとの事。
冷たい雨が降っているのだから、一声掛けてくれれば車を出したのに・・・と
泌尿器科の外来に電話して父をキャッチ。
診療終了後に電話をくれたら迎えに行くからと伝えて待機していると
今度は薬局のHさんから電話。
「昼に女性薬剤師で集まってランチを取りながら相談があるので出て来れない?」
とのお誘いだったので伺う事に。

その電話の後、幼稚園から高校まで一緒だった幼馴染と電話。
彼女は昨日わざわざRKYまで『陣中見舞い&お疲れ様のご挨拶』と言って
父と母に綺麗なカーネーションの花束を届けてくれた。
彼女が来てくれるなんて思いもしていなかったので本当に嬉しかった。
c0030950_18323216.jpg


土曜日に彼女のステージを見に行く約束をして電話を切ったら父から電話。
すぐに車を出して迎えに行き、そのまま実家まで送った。

両親は流石に疲れている様子だった。
まだ、昨日の今日だからRKYが無くなってしまった事に実感が湧かない様子。
でも、これからジワジワと寂しさや喪失感が滲み出てくるのだろうなと予想される。
暫くは少し頻繁に様子を見に行かなくては・・・と思う。

実家からそのまま薬局スタッフとの待ち合わせの場所へ。
ランチを頂きながら、薬局の近況報告を受け、今後の対応策を相談。
私はもう抜けた人間だから相談も何もないとは思うんだけど
当事者ではなくなった第三者の冷静な立場からの意見が聞きたいとの事。
正直言って私はあの薬局の経営はもう破綻するのではないかと感じている。
それはスタッフの皆も分かっているのだが、渦中に身を置いていると
やはり色々な状況にほだされると言うかスッパリ割り切れない部分が残る。
私もそうだった。
良い薬局で人間関係も良好だったので、なかなか辞める決心がつかなかったが
辞めてみて初めて「もっと早く辞めるべきだった」と感じた。
経営者の本質は何も変わっていないのだから、薬局自体には利益が出ているのに
それが従業員に反映されない現状も変わらないだろう。
情にほだされてズルズルと長居をしても賃金の不払い分が膨れ上がるだけだ。
どこかで見切りをつけて転職しないと傷が大きくなるばかりと感じる。
率直に私の個人的な意見としてお伝えした。

15時過ぎまで皆と一緒にいて(彼女達はそれから勤務)
私はそのまま買い物へ。

家に帰ったら、もう夕方も遅い時刻になっていた。


RKYが終るずぅ~っと前から、
今日は朝風呂にユックリ入ってその後一日中寝ていようと計画していたのに
気が付けば結局一日中バタバタ動き回って終った感じ。

でも、今日会ったり話したりした人達から沢山優しさを貰った。
感謝。

by kazu-chan1208 | 2006-03-01 18:18 | 友人 | Comments(6)