タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:想い出( 2 )


2008年 08月 27日

8/27 水 夢

昨夜は早く寝た。
しかし顔の腫れは全然引いておらず
心なしか、かえって腫れているみたいだった。

薬局は今日も忙しかった。

連日混んでいたし、私が2日連続で早退しているので
私以外のスタッフは昨日の未入力の薬歴を抱えたまま。

私は出来るだけドンドン投薬するようにしたが
到底1人で投薬しきれるわけもなく
昨日の薬歴を抱えているにもかかわらず
他のスタッフもドンドン投薬。

「あぁ、皆、余計にしんどくなるな」と身につまされる思いがした。


それなのに、思いとうらはらに痛みが酷くなる。
痛いのでついつい手で押さえながら動いてしまう。

その様子を見て、管理薬剤師が
「Kazu-chan。は薬歴入力が終わったらもう帰った方がいい」
と言って下さった。
他のスタッフの大変さを思うととても迷ったのだが
かなりしんどくなっていたので、お言葉に甘えて帰らせて貰った。

家に2時半頃について、さっき目が覚めるまで昏々と眠り続けた。


夢をみた。
以前の実家のレストランで働いている。
キッチンには末の弟とコックさんがいて
フロアには私が若い頃店を手伝っていた時にいた気持ちの良いスタッフ。

父も母も一緒にいて今より元気に働いている。

店の設えはずっと以前の懐かしい店内になっている。

お客さんも沢山いて、中には懐かしい常連さんの顔もある。

「お嬢さん、こんなに大きくなられたんですね。」と言って
常連さんの子供さんをだっこしている私。

生き生きと嬉しそうな表情でお客さん達に挨拶している父。

ああ、なんて懐かしい幸せな光景なのだろうと眺めていたが
突然「もうこの店は売ってしまったのではなかったか」と気付く。

「店はいつまで開けていられるのだろう。」
とドキドキしたところで目が覚めた。

目が覚めてから涙がとまらなかった。

昔の店の夢を見るといつもそうだ。

気が付くとこの夢はいつも体調の悪い時にみる。


店を閉めてから、もう2年以上が経つ。

この夢をみた後に泣いてしまうのは、
両親もこんな夢を見て切ない気持ちになる事があるのだろうか…
と考えてしまうからだと思う。


昔の店の事を思い出す時に
両親が悲しい思い出としてではなく、幸せな良い思い出として
思い出してくれる事を心から願わずにはいられない。


幸せと悲しみが一緒になった変な夢をみて、
寝たんだか何だが良く分からないけれど体は休まった。

薬局は今頃どうしているだろう。

by kazu-chan1208 | 2008-08-27 18:45 | 想い出 | Comments(0)
2006年 04月 29日

4/29 土   泥試合?

連休初日。
娘は関内の展覧会を見に行くと言って出掛け、
息子はサークルの飲み会があると言って出掛けてしまった。
夫婦2人、ポツンと残された形である。
天気も良くないので、何処にも行かずに家でゴロゴロしていた。
これからはこんな風に夫婦2人で過ごす機会が今まで以上に多くなるんだろうなぁ。

夕食後、隣の駅にあるスーパーにチャリで出掛けた。
途中にあるBarの看板を見て思い出した事がある。

もう13~14年前の事。
その頃、私達夫婦は喧嘩が絶えず、
「離婚」という2文字がいつも頭の何処かにあるような状況だった。
その日も何が原因だったのかは覚えていないが喧嘩して嫌な気分だった。

夕食後、クサクサするので「散歩してくる」と家を出ようと思ったら
ダーリンが「隣駅のドトールでコーヒーを飲もう」と言ってついて来た。
「一人になって頭を冷やしたいのに」と思ったが、仕方なく一緒に歩いて行った。
険悪な気分なので、ゆっくり散歩を楽しむ心境にはほど遠く
二人とも競歩の選手真っ青という位の早足で、モノも言わずにただ黙々と歩いた。

ふと見るとこんな看板が・・・。
c0030950_21373734.jpg

“泥試合だって!変なの!!まるで今の私達みたいじゃない?”

ドトールで黙ってコーヒーを飲んだ。
付き合っていた時はデートでしょっちゅう喫茶店に入ったが
結婚して子供が生まれてからは二人で喫茶店に入る事もなかったなぁとふと思った。
喋る事もなくて、ただ黙ってコーヒーを飲んでいただけだったけど
なんとなく段々気持ちが落ち着いて来た。

帰り道は来た時よりちょっとゆっくり歩いて帰った。
又、Barの看板が見えて来た。
今度は「泥試合」じゃなく「ドロガメ」と読めた。
                (↑ここらへんの地名の訓読みなのである)
DOROGAMEを泥試合としか読めなかった自分の精神状態に失笑してしまった。



今思うと、何であんなに喧嘩ばかりしていたのか不思議である。
何故あの頃はダーリンと離婚したいと考えていたのか、自分でも分からない。

念の為言っておくが、今は 「ダーリンと離婚なんてトンでもない!」
「死んでも一緒に居たいっす!!」 なので・・・あしからず。

人間関係って色んな時を経て今に繋がっているものなのだ。
久し振りに「DOROGAME」の看板を見て、そんな事を考えながら帰って来た。

by kazu-chan1208 | 2006-04-29 21:23 | 想い出 | Comments(2)