カテゴリ:教会( 97 )


2014年 04月 27日

c0030950_22434025.jpg

c0030950_2243403.jpg

c0030950_22434089.jpg

今日は月に1度のモーニング教師会があるので8時半に家を出て教会に向かった。
朝からずっと気が重かったのは、礼拝でわかち合いの時間に父の証をする予定だったから。
泣かずに証したいけど絶対泣いちゃいそうだったので、家で何度も原稿を音読して、泣かずに読める練習を積んだ。
おかげで泣きそうにはなったけど、大泣きはせずに済んだ。
原稿棒読みにはなっちゃったけどねF7F5.gif

今日は久し振りに旧友が集まるので、証が終わってから礼拝を途中で退席し、バスで上大岡に向かった。

教会玄関の可愛いパンジーの鉢。
バス停にあるアイビーに埋もれそうなベンチ。

by kazu-chan1208 | 2014-04-27 22:43 | 教会 | Comments(0)
2014年 04月 21日

イースター礼拝

c0030950_015453.jpg

今日はイースター礼拝。
礼拝の中で聖歌隊やハンドベル聖歌隊の特別賛美もあった。

イエス様が私達の罪の購いの為に十字架につけられ、死んで3日目に復活された。
それは私達に罪の許しと永遠の命に預かる新しい契約を与えて下さる為である。

父は心臓の手術後もイースターとクリスマスには万難を排して礼拝に出たがった。
私達親子にとって、イースターとクリスマスには父が礼拝に出席するというのが1つの大きな目標だった。
昨年のイースター礼拝には頑張って出席したが、クリスマス礼拝は無理だった。
「イースター礼拝には出られるといいね」と励ましていたんだけど。

そんな事を考えていたら礼拝中に又、涙が止まらなくなっちゃってかなり困った。

本当は来週の礼拝で父の事を証する予定だったけど、
今頃になって「泣きモード」のスイッチが入っちゃったのを感じるので、泣かずに証するのは無理っぽ。
で、牧師先生に来週の証は無しにして頂きたい旨、お伝えした。

でも、出来る事なら証した方がいいんだろうなぁ。

教会学校に通っている小さな子が乗って来たと思われる小さな小さなマウンテンバイク。
良く見るとペダルは付いていない。
きっと足で蹴りながら進むんだろう。

by kazu-chan1208 | 2014-04-21 00:01 | 教会 | Comments(0)
2012年 12月 13日

家庭集会

c0030950_2322017.jpg

c0030950_232207.jpg

今日の家庭集会には牧師先生ご夫妻、O兄、S兄、O姉、F姉、M姉、父と私の9人が出席した。
教会に行ける状態ではない父にとって、牧師先生と教会の方々にお会い出来る数少ない機会。
どんなに体調が悪くても、出来る限りは家庭集会を開きたいのだと思う。
父の体調に合わせて、負担の無い様にと牧師先生が配慮して下さる事に感謝。

明日は又、市大病院の消化器内科受診の為に朝から父をつれてでかける。

写真は昨日の夕暮れ後の空。
普通モードとトワイライトモード。

by kazu-chan1208 | 2012-12-13 23:02 | 教会 | Comments(0)
2012年 12月 02日

アドべント

c0030950_23225499.jpg

c0030950_2322542.jpg

c0030950_23225435.jpg

今日からクリスマス アドヘント。
教会のそこここにクリスマスの飾り付けが。
今日は第1主日なので主の晩餐式があった。
礼拝の中でハンドベルの演奏もあり、賛美歌もクリスマスソングを主に歌った。

手術後初めて父が教会に行けたのは昨年のクリスマス礼拝だった。
本人も言っているが、あの頃が一番元気だったかもF7CE.gif
そこからもっともっと元気になって貰う筈だったのに。

老化という自然の摂理に逆らう事は誰にも出来ないのは分かっているのだが
もう少し元気になれば外出も出来る様になるのではないか…
そう、もう少し体力が戻れば…
もう少し食欲が出れば…。

希望を持ち続けたい、諦めたくない自分がいる。

私のそんな思いが父にとって負担にならなければいいなぁとは思っている。
でも、私の気持ち、父には全て分かっているのだろうとも思う。
全ては主の御手のうちにある。
委ねて祈っていこう。

by kazu-chan1208 | 2012-12-02 23:22 | 教会 | Comments(0)
2012年 11月 04日

礼拝

c0030950_2332792.jpg

c0030950_2332717.jpg

今日の礼拝は恵みが盛り沢山だった。

第1主日なので主の晩餐式。
そして昨年から教会にいらしていた女性の信仰告白とバプテスマ式。
教会員ご夫妻の初孫ちゃんの献児式。


メッセージは昨夜ルワンダから帰国されたばかりの佐々木和之兄。
佐々木兄は国際ミッションボランティアとしての働きをなさっておられる。
ルワンダで起きたジェノサイドに関してご存じの方も多いと思う。
佐々木兄はルワンダ大虐殺の加害者と被害者を和解への道に導く働きをなさっている。
兄のメッセージを通して、許すと言う事の難しさ、それでも尚、人を許していくという素晴らしさを感じた。

父の体調は良くない。
夕食も殆ど食べられなかった。
明日は私は派遣の新規の仕事が入っているので心配。
明後日は市大受診の予定。

by kazu-chan1208 | 2012-11-04 23:32 | 教会 | Comments(0)
2012年 07月 22日

まことのぶどうの木

c0030950_2173624.jpg

本日の聖書箇所:ヨハネによる福音書15章1〜11節
宣教:「イエスはまことのぶどうの木」

5節
「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。
もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、
その人は実を豊かに結ぶようになる。
わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。」


今日は送迎奉仕と受付奉仕。
受付に置かれた素敵なアレンジメント。

by kazu-chan1208 | 2012-07-22 21:07 | 教会 | Comments(0)
2012年 01月 01日

元旦礼拝

c0030950_141421100.jpg

c0030950_14142140.jpg


朝、7時に子供達と実家に行って、両親ともども、一緒に元旦のお節料理を頂いた。
揃って笑顔で新年を迎える事が出来て本当に感謝。

今日は日曜日と元旦が重なる珍しい元旦礼拝。
迷ったけれど着物を着ようと思い立って、出掛ける寸前に着物を引っ張り出した。
母から譲り受けた黒地の大島。
大慌てで着たから少し変(笑)
でも、父にも見せてあげたかったし。

20年振りくらいに着たから着るのに30分もかかって焦った。
次に着るのは又、20年後かな(笑)

by kazu-chan1208 | 2012-01-01 14:14 | 教会 | Comments(0)
2011年 12月 25日

クリスマス礼拝!!

c0030950_1919051.jpg

c0030950_1919095.jpg

c0030950_1919028.jpg

今日は待ちに待ったクリスマス礼拝。
何故かと言うと、父が「クリスマス礼拝には教会に行って皆さんに会いたい」と
かねてから切望していたから。
そうは言っても「その日の体調や天候によっては無理だからね 」と言い聞かせてきた。
しかし、朝、目が覚めるとお天気もまずまず。
体調も決して悪くない…という事で念願の礼拝出席とあいなった。
娘は仕事で来られなかったのは残念だが、母と息子が一緒に来てくれた。
教会まではタクシーで、教会内は車椅子で。
教会員の皆さんが父の久し振りの来会を喜び、温かいお声をかけて下さった。
本当に嬉しそうな父を見ていて、主の恵みを実感した1日だった。

帰宅後は流石に疲れた様子だったが「本当に良かった。嬉しかった」としきりに言っていた。

昼は主人と息子と一緒にカレーランチ。
またもやお腹いっぱい(笑)
カレー屋さんから帰宅する頃に霙が降り出した。
父の外出時には良い天候が守られて感謝。

今年のクリスマスはケーキも作らず、クリスマスの飾り付けもしなかった我が家であるが
一番嬉しいクリスマスプレゼントを頂いた気分 o(^-^)o

by kazu-chan1208 | 2011-12-25 19:19 | 教会 | Comments(0)
2011年 12月 25日

イブ礼拝

c0030950_1403887.jpg

c0030950_1403865.jpg

何故か薬局では、クリスマスイブは処方箋枚数の最高新記録樹立の日という事が多い。
以前の薬局でも大体そういう事になり、イブ礼拝になかなか出席出来なかった。
今度の薬局も例年はそうらしいのだが、ラッキーな事に今年はイブが土曜日!
この薬局は土曜日は平日より少しだけ早く閉めるので、久々にイブ礼拝出席の夢が叶った。
聖歌隊の讃美も素敵だったし、ハンドベルも青年聖歌隊も素晴らしかった (*^o^*)
どうぞ、今夜いらして下さった方々が引き続き教会にいらっしゃいますように。

by kazu-chan1208 | 2011-12-25 01:40 | 教会 | Comments(0)
2011年 10月 20日

家庭集会

今日は父が切望していた家庭集会を実家で開催する事が出来た。
6月に入院する前から少し具合が悪かったので教会を休んでいた父にとっては
久し振りに懐かしい教会の兄弟姉妹方にお会いする事が出来たというわけだ。
初めていらして下さった方もあり、父は本当に嬉しそうだった。
手術、その後の療養生活、色々な事があって、めげそうになった事も多々あったが
教会の皆さんの祈りに支えられて、漸くここまで来られたと痛感している。
これからの療養生活の歩みも主によって守られますように。

私は久し振りに区の薬剤師会主催の勉強会に出席するので、これから向かうところ。
帰りが遅くなるようなら、今夜は実家に泊まれないかもしれないけれど (^-^;)

by kazu-chan1208 | 2011-10-20 19:45 | 教会 | Comments(0)