タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:教会( 97 )


2009年 11月 08日

幼児児童祝福式

c0030950_19261857.jpg

今日は教会の礼拝で幼児児童祝福式と献児式があった。
所謂「七五三」と「お宮参り」みたいなもの。
教会では小学生以下の幼児児童を毎年祝福します。
祝福式の前に中高生と青年達の賛美があった。
10年も経ったら、この子供達も賛美した青年達と同じ位に成長するのだと思うと感慨深い。
教会に集う子供達が沢山与えられている事にも感謝。


最近、同僚のお嬢さんが新居に引っ越しなさったのだが、荷物を整理していたら昭和63年に発売されたグルメ本が出て来て、それに実家のレストランが紹介されていたと言う事で、その本を頂いた。
娘が生まれた翌年だからもう21年前の本。
c0030950_19261889.jpg

c0030950_19261834.jpg


父の写真を見て、末の弟がソックリなので笑ってしまった。

教会に持って行って父に見せて家に持って帰って貰った。

まだリニュ―アルする前の店だ。
懐かしさがこみ上げてくる。

父と母はどんな思いで眺めるだろうか。

by kazu-chan1208 | 2009-11-08 19:26 | 教会 | Comments(0)
2009年 09月 14日

いつも喜んでいなさい

昨日の主日礼拝。
聖書箇所:テサロニケ人への第1の手紙 5章12~24節
宣教:『神の求めておられること』

15~18章
だれも悪をもって悪に報いないように心がけ、
お互いに、またみんなに対して、いつも善を追い求めなさい。
いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。



愚痴や悪口をも吐いてしまう弱い私。

悪をもって悪に報いないように心がける事。
いつも喜んでいる事。
絶えず祈る事。
すべての事について、感謝する事。

全ての人間にとって難しい事だけど…昨日の宣教を聞いていて心から「そうありたい!」と思った。

そう思うそばから、悪態をついてしまう私だけど (∋_∈)


今夜、ダ―リンと息子と一緒に遅い夕食をとっていた時、
息子が私に言った事(何だったか忘れたけど、息子が省略化して喋った)を聞き咎めて、
ダ―リンが「もっとキチンと言わないとお母さんに通じないよ」と言った。
私には通じていたので、そんな事言わなくても(笑)…と思った途端、
息子が「お母さんと僕には分かるんだよね~!(b^ー°)」と、さり気なく言った。




ちょっと、ていうか、かなり嬉しかったんですけど(笑)
これってマザコンて言うんすか?(爆)

by kazu-chan1208 | 2009-09-14 23:35 | 教会 | Comments(0)
2009年 08月 22日

教会学校夏季お泊まり会

8月は近隣の医療機関のうちの一つが土曜日午後休診となるので
正社員の薬剤師は一人ずつ交代で休みを取る事になった。
で、今日は私がお休みを頂いた。

丁度、良い事に教会学校のお泊まり会が今日だったので、食事の手伝い要員として参加。
娘と一緒に朝から教会に行き、手伝う事になった。
昼食は流しそうめんとフランクフルト、デザートはスイカ、夕食はカレーというメニュー。

80束のそうめんをゆでたら大きなザルに盛り盛り2つになった。
こんなに食べられるのかしらと心配になったが、駐車場での流しそうめんは大盛況で完食。
残念なことにそうめんを流す役をしていたので流しそうめんの写真は撮れずじまい (T_T)

そうめんを食べ終わってからスイカ割り。
c0030950_22422765.jpg

c0030950_22425927.jpg

c0030950_22432759.jpg


子供達は午後は希望のイベント別に分かれてプラモデルやウェルカムボード等を作った。
c0030950_22455375.jpg

c0030950_22461349.jpg

c0030950_22463323.jpg

c0030950_2247325.jpg


夕食のカレーも大鍋2つに出来上がり、夕方には私は一旦帰宅。
夜に薬局の集まりがあるので出かけなければならなかったが
昨日から又、耳の具合が良くなかったので耳鼻科に受診してから出かけた。
上大岡で同僚たちと夕食をとりながらの話し合い。

娘は夕方、教会から実家に行き、息子と実家で合流し、実家の両親と一緒に外食。
ダーリンが帰省しているから夕食の心配などせずに済むので助かった。

仕事をしているとなかなか教会の奉仕に関わる機会が少なくなってしまうけれど
今日のように偶然とは言え休みが貰えて、心おきなく教会に行ける恵みに感謝。

by kazu-chan1208 | 2009-08-22 22:59 | 教会 | Comments(0)
2009年 08月 02日

蛸飯事件

c0030950_20531181.jpg

今日は主の晩餐式。
聖書箇所:サムエル記下19章31~40節
宣教:『神の訓練』

メッセージの中で
「私たちの中には3人の自分がいる。
理想の自分と見せかけの自分、そして現実の自分。
理想の自分に近づけようと、自分を高める努力をしても、見せかけの自分(他人にこう思われたいという自分)を高めるのでは現実の自分とのギャップが広がる一方になってしまう。
その結果、自分で自分の首を絞めてしまう事になりかねない。
神様はありのままの『現実の自分』の罪深さも何もかも全てを知り尽くしていて下さっていて、その上で私を許し、受け入れ、愛して下さるという事を忘れてはいけない。」
という事を牧師がお話し下さった。
ともすると私達は、その大切な事を分からなくなってしまう愚かさを持っている。
本当にありのままの私をありのまま受容して下さる主の恵みに感謝。



蛸飯事件は………(-_-#)
ダ―リンの大学時代の友人が毎年尾道から「蛸飯セット」を送って来てくれる。
今夜はそれを使って蛸飯だ!と炊飯器で炊き始めた途端にガス警報機がけたたましく鳴り出した。

直ぐに管理センターから確認の連絡が入った。
「済みません。蛸飯炊いているもので…ガス漏れではありません」
「換気扇はつけてますか?」
「勿論、つけてます。今、団扇でガンガン扇いでます」

「(笑)……頑張って扇いで下さい」



笑われちゃったよ~(∋_∈)

炊き上がるまで約30分、息子と娘と私の3人で扇ぎ続けた。

蛸飯、美味しかったけど、もう作りたくないかも…(-.-;)

by kazu-chan1208 | 2009-08-02 20:53 | 教会 | Comments(0)
2009年 04月 12日

イ―スターおめでとう

c0030950_8271713.jpg

c0030950_8271730.jpg

今日はイ―スターです。
私達の罪を贖うために十字架にかけられたイエス様が3日後に復活された記念日。

イ―スター礼拝で聖歌隊とハンドベルの演奏がありました。

午後は三浦にある教会の墓地で墓前礼拝があったので
父と一緒に初めて参加しました。

私も死んだらこのお墓に入れて貰います。


先週からずっと携帯の調子が悪くてauショップにいったついでに
両親の為に簡単携帯を契約しました。
先日出先から電話をかけようとしたけれど、公衆電話が何処にも無くて
電話をかけられなかったと言っていたので…。

簡単携帯と言ってもメールまでは使いこなせないかもしれないけど
一応、家族や親戚、教会関係の人達のアドレス帳をセットアップして
待ち受け画面も家族写真に設定し、使い方を説明してきました。

メールの返事は出来なくても、時々メールを入れれば喜んでくれるかも。
子供達にも時々メールするように言っておきました。


イ―スター、おめでとう!
そして有難う!!!

by kazu-chan1208 | 2009-04-12 23:59 | 教会 | Comments(0)
2009年 04月 05日

桜&芽吹き

c0030950_18332932.jpg

c0030950_18332989.jpg

c0030950_18332918.jpg

今日から受難節。
礼拝メッセージもゲッセマネの園の場面から。
イエスさまがこれからご自身の身に受ける十字架の苦難を知りつつも
「見よ、時が迫った。
人の子は罪人らの手に渡されるのだ。
立て、さあ行こう。」
と自ら裏切り者の手の内に身を委ねたゲッセマネの園。
お供をしていた弟子達はイエスが苦悩の祈りを捧げている短い間でさえ
睡魔におそわれて起きている事さえ出来なかった。
ここに人間の弱さと罪が端的に描き出されていると感じる。

受難節からイ―スターにかけてはクリスチャンにとって本当に大切な時。クリスマスより大きな記念なのである。


穏やかな天気に恵まれ桜の花も満開。
木々も新しい命の芽吹きで目を楽しませてくれる。


思わず深呼吸をして、全ての事に感謝したい気持ちになった。

by kazu-chan1208 | 2009-04-05 18:33 | 教会 | Comments(0)
2008年 12月 21日

12/21 日  クリスマス礼拝

今日はクリスマス礼拝。

ヨハネの第1の手紙2章7~11節
「まことの光に」

私達人間の愛は『価値発見的な愛』
でも、神様の愛=アガペーの愛は『価値創造的な愛』



心身ともに疲弊している身にこそ
主の前に静まるひとときが大切なのだと思う。
だが、今の私は体も心もささくれだって乾ききっている。
毎日の忙しさの波に流されるままに身を任せて
アドベントを祈りと期待をもって静まって過ごす事も出来なかった。

そんな私にも主は豊かに臨んで下さるのだろうか…と
心細いような不安な気持ちで迎えたクリスマス礼拝だった。

主はひたすらにいつも私の側に居続けて下さっていたのに
その事に気が付いていないのは私自身だった。


主の愛の深さに感慨を新たに。
c0030950_22421844.jpg

c0030950_22423664.jpg
c0030950_22424792.jpg


by kazu-chan1208 | 2008-12-21 22:51 | 教会 | Comments(0)
2008年 11月 24日

11/24 月 新生

先週は忙しくて身体の調子が今ひとつ良くなかった。

昨日の朝、頭痛とだるさでなかなか起き出せなかった。
教会も休んでしまおうかと思ったが鎮痛剤を飲んだら少し良くなった。

成人科の学びには欠席したが礼拝に間に合うように出席。

礼拝の中でMさんご一家の転入会の信仰告白があった。

ご夫妻と若いお嬢さん達の4人のご家族全員の転入会だ。

高校生のお嬢さんを初めとして大学生のお嬢さん、奥様、ご主人と
次々に信仰告白をしていかれた。

それぞれに胸を打つ信仰告白だった。
感激で涙が流れた。

Mさんご一家の信仰告白は、毎日の忙しさに埋没して
本当に大切な事が分からなくなっていた私に
一番大切なものはただひとつしかない事を改めて気付かせてくれた。

心も身体も弱りきっていた自分に
こういう形で励ましと恵みを与えて下さった主に感謝。

私が私自身を諦めてしまっても主は諦めてないで見守っていて下さる。
私を見捨てずに愛し続けて下さり、新たな力と命を与えて下さる。


凄い事だと思います。

by kazu-chan1208 | 2008-11-24 22:38 | 教会 | Comments(0)
2008年 11月 16日

11/16 日 教会で

c0030950_2305739.jpg

今日は母の誕生日。
80歳になりました。

本当なら皆で集まってお祝いの宴でも設けたいところだが
皆の都合をつけるのが難しいので、そうもいかず…。
うちはこの前の箱根旅行でお祝いさせてもらったという事にした。

朝、教会に行く前に実家に寄ってプレゼントを渡した。
実は昨日、息子がお祝いのケーキを持って実家に顔を出している。
母にとっては孫が顔を見せてくれる事自体が何よりの贈り物なのかも。

私のプレゼントはシンプルな紫色のタートルネックのプルオーバーと
それに合わせて作ったパープル系のストラフスキーのネックレス。
喜んでくれたので良かった\(^o^)/


今モンゴルにて宣教の仕事に携わっている青年科の若い姉の為に
皆で少しずつ編んだマフラープレゼントをするという。
この素敵なアイデアは同じ青年科の姉が考えて毛糸も選んでくれた。
モンゴルにいるTちゃんにとても良く似合いそうな素敵な色合い。
流石に男性は参加しなかったが若い子からおばあちゃんまで
皆で心と祈りを込めて少しずつ編みました。
私も1段だけ編ませて頂きました。
寒いモンゴルで頑張っているTちゃんに少しでも温かさが届くといいな。

by kazu-chan1208 | 2008-11-16 23:00 | 教会 | Comments(0)
2007年 12月 24日

12/24 月 イブ礼拝(キャンドルサービス)

c0030950_2281111.jpg

c0030950_2281159.jpg

c0030950_228124.jpg

今日は夜7時から燭火礼拝があった。
早めに夕食の支度をして、私1人で出掛けた。

私がイブ礼拝に出たのは、新会堂になってから今日が2回目。
それまでは実家のレストランの手伝いで全然出席出来なかった。

聖歌隊もハンドベル聖歌隊も青年の聖歌隊も
昨年より一段とパワーアップして素晴らしかった。



私達の罪の贖いのために、父なる神が愛する御子イエスを
この世に、そして私の傍に送って下さった。
その愛の深さと大きさの前に、感謝の思いで胸がいっぱいになった。

礼拝後、しーんと寒い夜の道を父と一緒に歩いて帰った。
イブの静かな夜に、こうして父とゆっくり語り合える恵みに感謝。
実家の店をしていた頃には考えられなかったなぁ。
本当にしみじみ感謝です。

by kazu-chan1208 | 2007-12-24 22:08 | 教会 | Comments(0)