カテゴリ:家族( 475 )


2016年 11月 29日

公休日

c0030950_2113576.jpg

午前中に用事をすませて、午後からは映画をみた。
ファンタスティック・ビースト。
夜、実家に顔を出したら、先日デイケァに新聞社が取材にきた時の記事が掲載された新聞を貰ったとの事。

たったこれだけをすまほでうつのに30ふんもかかった。

by kazu-chan1208 | 2016-11-29 21:13 | 家族 | Comments(0)
2016年 11月 10日

母、内科定期受診

c0030950_14241851.jpg

今朝も声が出なかったが、今日は母を杉田の内科に連れて行く日。
昼前に行ったが凄く混んでいたので、やっと今、ランチ。
ランチの前にいつもの化粧品店に寄ったのだが、又、物盗られ妄想再燃。
こちらの身体が参っている時だけに、身にこたえるわ(´д`|||)
帰宅したら母の夕飯を作って仕事。
なんだが、泣きたくなる。

by kazu-chan1208 | 2016-11-10 14:24 | 家族 | Comments(0)
2016年 10月 24日

補聴器メンテナンス

c0030950_1382027.jpg

c0030950_1382030.jpg

補聴器は半年に1回位メンテナンスが必要との事なので、母を連れて横浜駅に来ている。
駅からも結構距離があるのだが、日頃の運動不足解消の為に、非情にもガンガン歩かせる私。
以前はリオネットにも車で連れて来ていた。
車に乗せて連れて来る方が、私は楽で良いけどね。
まぁ、目的があってこそ歩けるワケだから、この位は頑張って歩いて貰いましょ。
お昼はいつものところ。
何処もお昼時で行列だから、待たなくても良いところとなるとこんな感じ(-_-;)

by kazu-chan1208 | 2016-10-24 13:08 | 家族 | Comments(0)
2016年 10月 09日

誕生日のお祝い

c0030950_213829.jpg

c0030950_213898.jpg

息子の誕生日はとっくに過ぎているが、今日、久し振りにうちに来るとの連絡があったので、遅まきながらのお祝い。
メニューは代わり映えしないが、息子の好物のビーフストロガノフ。
一応ケーキも作った。
息子は若く見える方とは思うが、年齢的にはもう立派なおっさんだ。
そう言う私は立派なアラカン(もうすぐ還暦)。
早いね(-_-;)

by kazu-chan1208 | 2016-10-09 21:03 | 家族 | Comments(0)
2016年 09月 26日

バタバタします

c0030950_14355856.jpg

朝一番でケアマネとの打ち合わせ。
来年2月末から3月初旬にかけて、マンションのエレベータ工事がある。
2週間エレベータが使えなくなるので、その期間は母にショートステイして貰わないとならない。
その相談を兼ねての打ち合わせだった。
私一人で説明しても「私は大丈夫、ショートステイなんて行かない」と言い張るに決まっているので、
ケアマネからも説得して貰う為に事前にケアマネには事情を話してお願いしておいたのだ。
ケアマネからの説得が効を奏したみたいで、エレベータ工事期間中はショートステイを渋々承諾してくれた。

打ち合わせ終了後、夕飯の仕度をしてから母を眼科に連れて行った。
混んでいたので終わったら昼過ぎていた。
眼科近所のお寿司やさんでランチ。
結構沢山歩いたので母は疲れたと思う。
夕方からは仕事、頑張る。

by kazu-chan1208 | 2016-09-26 14:35 | 家族 | Comments(0)
2016年 09月 18日

召天者記念礼拝

c0030950_1751316.jpg

今日は召天者記念礼拝だったので、母を教会に連れて行くつもりだったのだが、母は行きたくないと言う。
無理やり連れ出す訳にもいかないし、先日、母の物盗られ妄想激化の報告を受けて、真ん中の弟が様子を見に来るみたいな事を電話で言っていたから留守にしない方が良いかもと思って。
教会から母に貰った炊き込みご飯を持って実家に寄ったら、真ん中の弟が来ていた。
先日電話で話しはしたし、ま、余り喋る事も無いので、私は早々に退散した。
娘は今日は朝早くからレセコンの入れ替えに伴う研修で神田まで出勤している。
久々に自分でお弁当を作っていたので記念撮影させて貰った。
勿論、無限ピーマンはかかせない(笑)

真ん中の弟も帰っただろうし、これから母の様子を見に行きがてら買い物に行こう。

by kazu-chan1208 | 2016-09-18 17:51 | 家族 | Comments(0)
2016年 09月 15日

小康状態

c0030950_6333641.jpg

昨日は末の弟が来てくれて、お昼に母の好物のステーキを焼いてくれたり、長い時間、一緒にいてくれたりしたからか、
母の状態は全く普通で「化粧品の事も何も言わなかったよ」と弟から報告があった。
仕事帰りに寄った時も、いつも通りだったのでホッとした。
これからも山有り谷ありなんだろうな。

水族館で従姉と撮った写真。
母にあげようと購入したのに、あの騒ぎであげそびれていたので、今日渡そうと思う。(従姉は顔出しNGなので編集)
今日は朝から実家で信託銀行の人と打ち合わせ、終わってから母の内科への定期受診(血液検査も)、夕方からは仕事。
雨だし、バタバタ忙しくなるけれど、母の状態が良い事を祈りつつ頑張ろう。

by kazu-chan1208 | 2016-09-15 06:33 | 家族 | Comments(0)
2016年 09月 14日

悪夢再燃

昨日、楽しい時間を過ごして帰宅、従姉からのお土産を母に渡そうと帰りがけに実家に寄ったら、悪夢再燃。
物盗られ妄想がエスカレートしていて私の手には負えない状況になったので、その場を退散した。
家に帰ってからも母の状態が心配だったけど、今すぐに再度私がコンタクトを取って刺激しても嫌だし、
何よりも私自身が耐えられそうになかったので、従姉に電話して状況を話した。
従姉は「叔母ちゃまに頂いたお土産のお礼の電話を今からするから、様子を伺えると思う」と言ってくれた。
程なく従姉から連絡あり。
電話に出た母は激昂しておらず穏やかに話していたので「さっきの事ももう覚えていないのかな」と思った瞬間、
「実は家族の者に化粧品を盗まれて情けなくて死にたい位なの。私が家に居ない時にうちに入り込んでいるのよ」と。
「でも、こんな事、恥ずかしいから誰にも言わないでね」とも言ったらしい。
今の母は変にしっかりしている部分があるだけに、かえって扱いがとても難しくなっている。
こうして昨日のリフレッシュ効果は一瞬にして水泡に帰した。
直ぐに牧師先生に相談の電話をして、ともに祈って頂いた。
末の弟にも電話で相談し、今日は彼が実家に来てくれる事になったので少し安心。
真ん中の弟には報告の電話。
そんなこんなで昨夜は全然眠れなかったが、今日は仕事なので午前3時頃に安定剤を服用し2時間位は眠れた。
毎日仕事に行く前に母の家に寄るのだが、今朝は実家に行くのが心から嫌だと感じてしまう。
頭がガンガン痛いし耳鳴りも酷い。
仕事の最中にミスしない様にと祈ってから出掛けよう。

by kazu-chan1208 | 2016-09-14 08:32 | 家族 | Comments(2)
2016年 09月 08日

家族の絆

c0030950_1041273.jpg
昨夜、一寸した家族内のゴタゴタがあって、明けて今朝、朝早い時刻から私が大声で怒鳴りまくった。
家族としての絆って、一体何だろうと考えさせられた。
私自身も我が身を振り返って反省しなければならない部分も多々あると思う。
家族だから分かって貰えると言うのは甘えだ。
感謝の気持ちも、自分が嫌だと思う気持ちも、口に出さなければ相手には伝わらない。
私とあなたとは別の人間なんだから、夫婦間でも親子間でも、以心伝心なんてないから(笑)

ダーリンは頑固一徹なヤツだけど、根本的には優しい気持ちの人。
自分で言うのも何だが、私自身も優しい人ではあると思う(笑)
でも、パールハーバーの日に産まれたせいか(関係ないか?)、すぐに戦闘的になっちゃうんだよね。
長年この戦闘的な性格を圧し殺してきたから最近は弾けまくって家族にも迷惑かけてる自覚はある。
(注:え?ホントにそれで圧し殺してたん?とか言わない様に)


お互いに欠けてる部分は多いけど、その欠けを埋め合える関係性を構築できたらなぁと思ってるわけさ。
私はこの家族が大事だし、大切にしていきたい気持ちには変わりない。

もっともっと祈っていかなければと思った。

by kazu-chan1208 | 2016-09-08 09:02 | 家族 | Comments(0)
2016年 06月 27日

ごめんね

c0030950_79976.jpg

昨夜、夕食の食卓で、気分がクサクサしていてダーリンにいっぱい毒を吐いてしまった。
25年以上前にダーリンが大怪我して大変な思いをした事やら、子育て中に何も手伝ってくれず、母子家庭状態だった事。
ひとつ怒り始めると次から次に怒りの導火線に発火してしまい、つまらん事まで根掘り葉掘り怒りが増幅。
自分でもホントにクリスチャンかよ?と思う位にダメダメな自分がいた。
夕食の片付けをする頃になって、少し気持ちが落ち着いてきたら、何だか申し訳ない気持ちになった。
私は自分が大変な思いをした事ばかりをダーリンにまくし立てたが、私が実家のレストランの手伝いで家の事を殆んど出来なかった時も、文句ひとつ言わず、かえって私の両親を気遣って車で彼等を迎えに来てくれたりもした。
両親がこちらに引っ越して来てからも、出来る限りの協力をしてくれていた。
父が亡くなってからも、実家の用事を嫌な顔ひとつせずに手伝ってくれる。

私は私の大変さだけでいっぱいになっているのだ。
彼が私の知らないところで、どんな思いでどんな働きをしてくれているのかを知らない私に、彼をとやかく批判する資格も権利も無い。
私が全く手を出していないベランダのアメリカンブルーや黄色のランタナがいつの間にか咲いているのを見て、
私の知らないところで彼が色々な事をやってくれているから、こうして綺麗な花を見る事も出来るのだと思った。
私も家族も彼の存在にどんなに支えられているのかを改めて感謝しなければならないなぁとつくづく思った。
今夜、謝れるかなぁ。
ヤツは昨夜、結構酔っていたみたいで案外覚えてないかもしれないから、謝ったらやぶ蛇になるかも?だけど。
ま、謝るか。

by kazu-chan1208 | 2016-06-27 07:09 | 家族 | Comments(0)