タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

2/28 火   epilogue

終りました。

今日も昼、夜とも予約のお客様でイッパイだったので
特にディナータイムは一般のお客様はお断りせざるを得なかった。
昔からのお馴染みさん達が顔を揃えて下さった。

中には30年以上もうちの店に通って下さっていた方がいらっしゃる。
その方はRKYが2月いっぱいで閉店と知った時から
殆ど毎日の様に通い詰めて下さり、社員を大勢引き連れていらしたり
家族・親戚とご一緒にいらしたりしていたが
今日は奥様と2人で夜に予約を入れて下さっていた。
「RKYは自分にとっても大切な場所だったから
 RKYが終わる最後の客になりたいんだ」と仰っていたらしい。

その他にも何人ものお客様が
「長い間、有難う。お疲れ様でした」
「いつも美味しいものを有難うございました」
などのメッセージ付きの花束を下さった。
今日は都合が付かずご来店になれなかったお客様からは
見たことも無いような立派な胡蝶蘭の鉢が届いた。

父はそんなお客様達と話しているうちに泣きそうにのがイヤだったのだろう。
余りフロアーに行きたがらず、キッチンの方にばかり居た。

店を閉めてから、キッチンの掃除をいつもより丁寧にした。
明日からはもう使う事も無いキッチンなのに
チーフは黙って隅々まで磨いていた。

片付けが終って閉店後、父が皆に向かって話をした。
「本当に長い間、お疲れ様でした。有難うございました」と
マネージャー夫婦、チーフに頭を下げている父を見ていたら切なくなった。
父は益々痩せて、小さくなった。
明日からは弟達の事はもう余り心配せずにユックリ、ノンビリしてもらいたい。

思いは色々あるけれど、もう疲れて眠いので・・・。

by kazu-chan1208 | 2006-02-28 23:59 | RKY | Comments(8)
2006年 02月 27日

2/27 月   過労死寸前でつ

土、日とも帰宅は1時半過ぎ。
予約だけでも手一杯なのにフリーのお客様を入れるなんて無謀だと思う。
キッチンスタッフの疲労は限界を超えている。
でも、フロアーにしてみたら最後だからとわざわざいらして下さった馴染み客を
アッサリとお断りする事も出来ないのだろう。
両親もこの1週間は毎日来ているが、高齢の二人には過酷な日々だと思う。

ピークは昨日かと思っていたら
今日は信じられないほどの予約が入っている。
どうなる事やら・・・。

今日、明日のあと2日を残すのみとなった。
頑張ろう。

by kazu-chan1208 | 2006-02-27 07:02 | RKY | Comments(14)
2006年 02月 25日

2/24 金   てか、もう25日だけど・・・

今、帰宅。
ヘロヘロでつ。

低血圧と過労のせいだと思うけど、脳貧血の兆候が・・・。

怒涛の週末になりそう。
・・・怖い。

by kazu-chan1208 | 2006-02-25 01:11 | RKY | Comments(6)
2006年 02月 23日

2/23 木   臨界点近し

RKY、昼も夜もメチャメチャ混んだ。
13時半前に、もう売るものが底を尽いてしまったので店を閉めた。
で、昼休みも無く、昼食も摂れず、ず~~~~~っと仕込み。
夜も予約が入っていたので、その仕込みもあるが
普通のアラカルトの料理が何も無くなってしまったので仕方がない。

帰宅は0時過ぎだった。
疲れ過ぎてフラフラなので車の運転が怖かった。

28日の閉店まで、ずっとこんな感じが続くんだろうなぁ。
毎日予約でイッパイだし・・・。



ここをご覧になっていらっしゃる方の中に
「閉まる前に一度RKYに行こうかしら」と思っていらっしゃる方がいらしたら
申し訳ないが、声を大にして申し上げたい。
「お願いだからいらっしゃらないで~!」

閉店を惜しんでいらして下さるお客様方、本当に有難い。
でも、限度があるから・・・。

体力的にもう限界が近い感じがする。
眩暈がするのでもう寝ます。


昨日、出掛けたりせずにゆっくり身体を休めておけば良かったとつくづく感じている。
後の祭りだけど・・・。

by kazu-chan1208 | 2006-02-23 23:59 | RKY | Comments(3)
2006年 02月 22日

2/22 水   チャーミングセール

今日はオフ。
これだけ毎日疲労困憊しているのだから、今日は本当は寝ていればいいのだ。
そうは思うんだけどね・・・寝てられないんだなぁ、これが。

“元町チャーミングセール”なのだぁ~!
娘の入学式用の服を見に行こうと娘と一緒に午前中から出掛けた。
折角横浜駅に出て来たので画材屋さんに寄ろうという事になった。
娘は13時過ぎから予定があったので時間が余り無かったのに
画材屋さんでウロウロし過ぎて、結局時間切れになった。
駅ビルでランチを取ってから娘と別れた。

1人で行ってもなぁ~と思ったが、折角出て来たことだしと思いなおして元町へ。
隅から隅まで捜したけど娘の入学式用の服は全然見つからなかった。

でも、何故か私のスーツは見つかっちゃった!(入学式用じゃないよ~)
オマケに靴まで!!

あれまっ、娘の買い物する筈だったのにぃ~??
まぁいいじゃん。
毎日お疲れなんだもの、慰労品って事で・・・。


ブログ、復帰したって言うか、何だか書かないと落ち着かないので。
でも、RKYが終るまでは差し障りがあるといけないので
過去ログは非公開にしてます。あしからず。

でも、ホント、自分で言うのもナンだけど・・・私ってタフだなぁ。(苦笑)

元町
c0030950_18301245.jpg

黒い別珍にラメプリントの地味派手スーツ
c0030950_18302292.jpg

同型色違いの靴
c0030950_18303681.jpg


by kazu-chan1208 | 2006-02-22 18:16 | 買い物 | Comments(6)
2006年 02月 21日

2/21 火   真夜中のトリプルデート?

いよいよRKY閉店まで残りわずかとなって来た。
平日なのにランチタイムもディナータイムも来客が多い。
必然的に仕込んでおいたものがすぐに無くなってしまう。
作っても作っても、又作る事の繰り返しが続く。
エンドレス地獄ぅ~!
RKYの閉店を惜しんでご来店くださるお客様には申し訳ないが、
「お願いだから、もう来ないで!」と叫びたくなってしまう。

コックさんの女の子が新店舗を見たいと言うので
私の車でチーフと3人で閉店後に出掛けた。
店を出たのが23時半過ぎ。

初めて見に来た時は昼間だったので夜の店内は初めてである。
夜は又、違った雰囲気。
ピカピカに磨き上げられたキッチンには、何度見ても感動を新たにさせられる。

諸手続きや準備があるので、はっきりした開店時期は未定である。
チーフには、この場所で精一杯頑張ってもらいたい。
今までマネージャーと2人3脚でやって来た事を
全て1人でやっていかなくてはならないのだから大変は大変だろう。
しかし、自分で選び取った道であるからには自己責任で頑張るしかない。

RKYの営業はあと1週間。
週末の激忙が平日にも続く予定。
この1週間を乗り切れば、夢にまで見た自由な時間が待っている。

3月になったら・・・ボケちゃわないかと心配。
帰宅1時半。

by kazu-chan1208 | 2006-02-21 23:59 | RKY | Comments(0)
2006年 02月 20日

2/20 月   最後の食事   

体調、最悪。
忙しい事もあるが、胃が痛くて食事を摂れないので体重激減。
とうとうボーダーラインの50㌔を切ってしまった。

そんな中、今日はダーリンと子供達がRKYでの最後の食事に来店。
(週末は店が忙しいので、ダーリンは代休を取った。)

いつもは店に来てもランチメニューしか食べなかったけど
今日は最後だし・・・という事でコースを堪能した。
その上、チーフが気をきかせて牛フィレステーキの大きいのを焼いて出してくれた。
「何かサラダも作って出してあげたら?」と言ってくれたので
超大盛りミックスグリーンサラダを作った。
デザートの盛り付けにはフルーツソースでハートを描いてみた。
食事が終る頃、やっとフロアーに出て行ったら、「凄く美味しかったよ」と言ってくれた。

うちの家族が来るという事で、平日だが両親も来ていたので
食事が終って昼休みに入る時に両親を車で連れて帰って貰った。


週末に売るものが無くなってしまう位に混むので、仕込みが追いつかない状態。
次々とやるべき事が出てきて、キッチンは全然休めない。
チーフは本当に疲れている様子である。
私も過労からだと思うが、左目の白目の部分に内出血して
文字通り『目が血走っている』状態だ。

後、1週間余を残すところとなった。
頑張るしかないや。

by kazu-chan1208 | 2006-02-20 23:59 | 家族 | Comments(0)
2006年 02月 16日

2/16 木   ちょっとお休みします

今日も元気出して働いてきました。
色々ご心配をお掛けしたけれど、もう大丈夫です。
有難うございました。

閉店を前に、特に週末は大変な忙しさで
予約以外のお客様はお断りしないといけないような状況になっています。

私も流石に疲れが溜まっているので、日記の更新も難しくなりつつあります。
ということで、2月末に落ち着くまで非公開にさせていただきたいと思います。

こんな拙いブログにいらして下さる皆様、本当に有難うございます。
いつも沢山の励ましと勇気を与えて下さる皆様に心から感謝しています。

2月末、思い出したら是非、又、いらしてみてください。
又、お目にかかれますのを楽しみにしています。



2月末には戻ってくるから、見捨てないでねぇ~!←しつこい?(笑)

by kazu-chan1208 | 2006-02-16 23:53 | つぶやき | Comments(6)
2006年 02月 15日

2/15 水   Ⅱ

チーフと会って話をする為に夕方から外出。

新しい店舗が決まって、今日そこの鍵を渡されたという事で
思いがけず新店舗に入る事が出来た。

こじんまりと小さな店だが、静かな良い環境である。
店の隅々にまで前店主の店に対する愛情が沁み込んでいる感じ。
ピカピカに磨き上げられたキッチンに前店主の人柄が感じ取れる。

前店主ご夫妻が丹精込めて作り上げた店の中を見ていたら
なんだか涙が出てきそうになった。

そこでチーフと話をした。

スタッフ不足という事でここ2年近く私は実家の店の手伝いに入っている。
私の様な者でも何かの役に立てばという思いで手伝っていたのだが
受ける側にしたら迷惑でしかなかったのかもしれない。
私の自己満足でしかなかったのではないかと、ずっと悩んでいた。
でも、チーフと話をする事が出来て良かった。
気持ちが落ち着いて、苦しさが遠のいた。

父が築き上げた店を閉店してマネージャーとチーフは別々の道を歩き始める。
父の店がなくなってしまうことは本当に悲しいし残念な事ではあるが
それぞれが新しい可能性を模索しつつ、第一歩を踏み出そうとしているのだ。
これからが本当に大変なのだろうと思うけど
自分達の選んだ道を希望を持って歩き始めて欲しい。
それぞれの道に主の豊かな祝福がありますように。



今、私は自分自身の小ささと弱さを痛感している。
私の弱さが自分で自分の首を締め付けていた事に気付かされた。
あと2週間、私は私の出来る事を一生懸命に淡々としていけば良いのだと思った。
祈りに答えが与えられた気がする。
感謝。


先週、コックさんが賄いで作ってくれた料理がとても美味しかったので
レシピを教えて貰い今日の夕食にした。
魚介類のトマトソース煮 アイヨリソース添え
c0030950_231143.jpg


by kazu-chan1208 | 2006-02-15 22:21 | 料理 | Comments(0)
2006年 02月 15日

2/15 水   祈り

今日はオフ。

色々あって、精神的に参っている。
かなりきついです。


今の私に出来る事、それは祈ることだけだと感じている。
「私を許してください
 そして、私も許せるように導いて下さい」
それが全てだ。

この弱き者、欠けの多い者、罪深き者の全てをご存知で居てくださる主に委ねよう。



この苦しみの中にあって、
家族が私の痛みを感じとって慰めを与えてくれる事に心から感謝している。

by kazu-chan1208 | 2006-02-15 15:17 | 家族 | Comments(0)