タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 29日

6/29 木   同級生

今日はオフ。

昼は高校の同級生の個展を見に青山まで出掛けて行った。
彼女の描く絵は南の島の風景が多い。
彼女の創造の中にある実在しない風景なのだそうだが
その遠近感の表現は見るものを絵の中に引き込んでしまう。
しばし南国のリゾートに居る気分になった。

夕方には横浜に帰って青森から出て来ている同級生に久し振りに会う事になった。
彼女は青森で養護学校の教師をしているのだが
英語の教師の資格を取る為に母校での教育実習に来ているのだ。
母校には同窓生の娘さん達が複数在校している。
そんな中で50歳にリーチを掛けている彼女が約30歳年の違う後輩の学生達に混じって
教育実習を受けようと思う発想自体が凄い事だと脱帽するばかりである。

久し振りに会ったAちゃんは全然変わっていなかった。
相変わらず面白くて個性的で我儘でパワフルで可愛い♪
弟の店(洋食屋 綺・Luck)に4人で行って夕食。
何しろ面白い友人ばかりのメンツなので、笑い過ぎて顎が痛くなった。
こんなにお腹が痛くなるほど笑ったのは久し振りかも。
楽しかったぁ~!
帰宅22時半。

食事の写真、又もや撮る前に食べてしまい、オードブルやサラダは撮れなかった。

姫サザエの殻焼き ブルゴーニュ風
c0030950_23412953.jpg

鎌倉野菜のセイロ蒸し
c0030950_2342222.jpg

鎌倉野菜の冷製 アンチョビソース
c0030950_23423611.jpg

本日の魚料理
c0030950_2343543.jpg

ビーフシチュー 玄米ピラフ添え
c0030950_23435680.jpg

和牛イチボ肉の炭火焼
c0030950_23443486.jpg

大人のラムレーズンアイス
c0030950_2345770.jpg

青梅のコンポート ゼリー寄せ
c0030950_23455611.jpg

キラクのプリン 黒蜜ソース&メープルシロップ添え
c0030950_234726.jpg

桃のロールケーキ
c0030950_23472588.jpg


by kazu-chan1208 | 2006-06-29 23:19 | 友人 | Comments(0)
2006年 06月 28日

6/28 水   凹みがち

随分久し振りの更新となった。

月曜日に早退させて貰って、MRIの設備のある近所の脳神経外科に受診。
眩暈は今のところ小康状態ではあるが、一度検査を受けておいた方がイイので
MRI検査の予約をしてきた。
MRI、混んでいて検査はかなり先の事になるとDr.に言われて仕方ないと思っていたら
予約手続きを待っている最中に検査のキャンセルが入ったらしい。
思いがけず今度の土曜日、朝の時間帯に予約が取れた。
仕事は検査が終ってから出勤で了解を貰った。
頭部全体のMRIだが耳の部分は特に綿密に検査をするとの事。
どうにか早い時期に検査を受けられる事になってチョット安心。

仕事の方は“気分は凹みがち”である。
上大岡の薬局にやっと慣れてきてストレスがなくなって来つつあったところで
週に2日、逗子の薬局に行く事になり、又、一から環境に慣れなければならない。
薬の種類も違うし、こちらは薬地図もないので場所を覚えるのが大変。
とても狭い薬局だから狭い調剤室に薬がひしめき合っている感じだ。

業務手順も色々違いがあって戸惑う事も多い。
環境にすんなり順応するのが下手な私にとって、かなりなストレスである。
まっ、仕事だから、文句言っても仕方がないけど。

精神的に凹むと回復が難しい。
自分の薬剤師としての技量にまで自信がなくなってしまう。
早く精神的にも回復したいなぁ。

by kazu-chan1208 | 2006-06-28 07:13 | つぶやき | Comments(2)
2006年 06月 22日

6/22 木   ちょっとマイナー思考

今週から月・水は逗子の薬局に行っている。
狭くて小さな薬局だ。
処方箋の枚数もそれほど多いわけではない。
しかし・・・処方内容が濃い!

一人の患者さんの一回の処方箋が1枚に納まる方が珍しい。
3枚なんていうのもある。
そして、ワンドーズ(一包化)が多い。
ご老人が多いので仕方がないのかもしれないが・・・。

その上、困った事に調剤室の床に少し傾斜があるおかげで
調剤室に入るとめまいが酷くなる。
同僚に聞いてみたら、傾斜があるのはわかっているが眩暈はしないらしい。
慣れなのか、それとも私の平衡感覚が狂っているのか??

いずれにしても仕事場である調剤室に入るとグルグルしちゃうのって、まずいよね。

こちらの同僚も凄く勉強している人達ばかり。
「しっかりと勉強して、しっかりと仕事してます!」って感じである。
ホントにみんな、すご~~~い!

ひゃぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~!
なんだか、またまた自信が無くなって凹んでいる自分がいます。
べ・勉強しなきゃ・・・。




で、今日は木曜日でオフでした。
家事のルーチンワークを一通りと銀行廻り。
美容院に行ってヘアカット。

今日はホントは一日爆睡したかったなぁ。
でも・・・
あぁ、勉強しなきゃ・・・。

by kazu-chan1208 | 2006-06-22 21:49 | つぶやき | Comments(10)
2006年 06月 18日

6/18 日   めまい

昨夜、雨が降っているから駅まで迎えに来てというダーリンの要請で
傘を持って駅まで迎えに行った時、急にめまいが始まった。
ともかくフラフラしながら駅まで行ったのだが、やはり何だか変である。

今朝も起きられなくて、いつもの時刻より大分遅くなった。
タクシーで行ったが礼拝に遅刻。

聖書箇所:ヨハネによる福音書 2章1~11節
宣  教 :「主の恵みを運ぼう」

イエス様が初めて奇蹟を起こされた有名な「カナの結婚式」の箇所。
   
①水をぶどう酒にかえられた
   ・古いものを終らせ、新しいものをもたらす
   ・かりそめのものと、まことのものが入れ替わった
   ・全く新しいものがイエスによってもたらされた
   
②人間の罪は水では清める事ができない
   イエスがもたらして下さる新しいものによって清められる  
   (イエス・キリストの十字架の死と復活による救い)

③僕たちは素直にみ言葉に従った
   その結果、豊かな恵みを運ぶ事が出来た


私にとって大事な事
   主に信頼し、祈り求め続ける事
   そして、失望せず、主に望みをもち続ける事
   み言葉に聞いて、それを実行する事

by kazu-chan1208 | 2006-06-18 16:08 | 教会 | Comments(0)
2006年 06月 17日

6/17 土   人間関係

今日は代診のDr.の土曜日なので患者さんの数が少なく静かな一日だった。
お陰でルーチンワークがはかどって助かる。

新店長のN氏は部長の指示でここのところずっと薬品棚の整理と
薬品地図作りをしていたが、それも大体落ち着いてきた。
何処にどの薬があるのかが分かり易くなってイイ感じである。
それまでだって決して乱雑な調剤室ではなく、綺麗だったのだが
薬品地図が整備されて益々使いやすくなった。
N氏の能力の豊かさと行動力の大きさには脱帽。
良い人が来て店長になって下さって、ホントに良かった。

私はいつも人の環境に恵まれているとつくづく思う。
前の薬局でも大好きな人達と一緒に働く事が出来る喜びを感じていた。
今の職場もそうである。
こんなに環境に恵まれてばかりでいいのかしらん・・・と思う。
感謝。

私は来週から月曜日と水曜日には逗子店に手伝いに行く事になった。
月、水=逗子  火、金、土=上大岡  木=公休日 という事になる。
逗子の薬局には初めて行くので、どんな薬局なのかは分からない。
慣れるまで又、少し時間がかかるかも。

by kazu-chan1208 | 2006-06-17 19:27 | 薬局 | Comments(0)
2006年 06月 15日

6/15 木   初給料日

今日もはっきりしない梅雨空。
こういう天候の悪い日は、薬局にいらっしゃる患者さん達も具合が悪そうだ。
凄く忙しくはなかったが、ワンドーズなどのルーチンワークに手間取ったので
帰宅は少し遅くなった。

今日はこの薬局に勤め始めて初めての給料日だった。
午後、社長がいらして給与明細を手渡して下さった。
一人一人に頭を下げて「ご苦労様でした」と渡して下さるので恐縮してしまう。
収入が無くなってから久しかったので、これでやっと一息つける。
給料日にちゃんとお給料を頂けるって、凄く嬉しい。
今までの薬局が給料遅滞は当たり前だったから、尚更である。
結局、前の薬局のボーナス2回分の未払いは頂けずじまいだったし。
ここではそんな事は決してないと思うと安心だ。

朝は元気だったが昼休みの少し前位から、又、眩暈が始まってしまい
帰宅する時もちょっとフラフラしながら帰った。
一度キチンと脳神経外科に受診した方がいいかな。

遅い夕飯を食べ終わってから、明朝のパンが無い事に気付き近所のスーパーへ。
お菓子のおまけのサンプルが飾られていたのに目が釘付け。(笑)
思わず写真を撮った。
閉店間際のスーパーのお菓子売り場で携帯で写真を撮るオバハン・・・。 
かな~り、あやしい(-_-;)
c0030950_22461451.jpg

c0030950_22472819.jpg
c0030950_22474079.jpg
c0030950_22475315.jpg


by kazu-chan1208 | 2006-06-15 22:30 | 薬局 | Comments(0)
2006年 06月 14日

6/14 水   食事ネタ

久々、何処にも出かけずに在宅のオフ。
今日もダーリンと息子はお休み。
娘だけが凹みつつ朝早く登校した。

予報に反して思いのほか天気が良かったので洗濯、洗濯。
昼ご飯は何にしようか~と考えていたら、懐かしいメニューが思い浮かんだ。
「餃子うどん」
餃子の中味と切ったうどんをボールに入れて繋ぎに卵と水と小麦粉。
混ぜたら後はお好み焼きみたいに焼いて頂く。
私は柚子ポンで、マヨラーのダーリンは勿論マヨネーズで、息子は青海苔とソースで。
ひっくり返す時に失敗したので見た目は悪いけど結構いける。
c0030950_23225677.jpg

ランチがボリューム満点だったので夕食は肉を避けて野菜中心に。
冬瓜とトマトと青唐辛子のオリーブオイル炒め
もやしと人参のエスニック風サラダ
刻みメカブ アボカド etc.
c0030950_23272824.jpg

デザートはデラウェア入りブドウゼリー ヨーグルトソース
c0030950_23292888.jpg

c0030950_23294840.jpg

娘の誕生日にケーキを作れなかったので本人の希望により作ったのだが
娘はブドウのババロアが食べたかったらしい。

by kazu-chan1208 | 2006-06-14 23:20 | 料理 | Comments(0)
2006年 06月 13日

6/13 火   締め出し?

薬局、相変わらず風邪の患者さんが多い。
みんな一様に咽頭痛を訴えておられ、咳も酷いようだ。
しかし、凄く忙しかった訳ではないので、7時半には薬局を出る事が出来た。

「やった!今日は早いぞ~!」と勇んで帰ったのだが・・・

「か・鍵を忘れたぁぁぁぁぁ~~~!!!」 Σ( ̶̄ ̄││) ガァァァ~~~ン
玄関をピンポンしても応答は無し。
仕方なく階段に腰掛けて待っていたのだが、誰も帰って来ない。(T0T)

30分ほど待ってから、「鍵を忘れたので家に入れない、早く帰って来て~!」と
娘にメールを打った。




メールして程なく、玄関のドアが開くじゃぁあ~りませんか!
開口一番「お母さん、帰ってたんだ!」

(-_-;)
   ↓
(-_-メ

「なんかぁ~!家におったんかいな、オマイはぁぁぁ~~~~!!!
 疲れて帰ってきてんのに、お母さん30分も階段に座って待ってたんだよ!
 一体、何やってたのよぉ!
 玄関だって何度もピンポンしたっちゅ~に!!!」
玄関に入りながら大声で怒鳴ってしまった。



元はと言えば、鍵を忘れた私が悪かったのに…。
娘よ、ごみん。
おバカな母を許して!

by kazu-chan1208 | 2006-06-13 21:16 | 家族 | Comments(4)
2006年 06月 11日

6/11 日   許し

雨の日曜日。
成人科の分級で「主の祈り」について継続的に学びをしている。

マタイによる福音書 6章12節
「わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、
 わたしたちの負債をもいゆるしください。」

主の祈りでは
「我らに罪をおかす者を 我らがゆるすごとく
 我らの罪をもゆるしたまえ。」

以前、学びで「自分達は許すから、自分の罪も許して下さい」という事ではなく
「主なる神が私のような罪深い者の罪を許して下さった
 その許しの大きさと深さは計り知れないほどです。
 あなたが私をお許し下さったように、
 私も私に傷を負わせた者をも許す者となさしめて下さい」
というような意味であると聞いた覚えがある。

人は他人を傷つける事には鈍感でも、自分が傷つけられた事には敏感なものだ。
自分も無意識のうちに他人を傷つけている存在であるにもかかわらず
他人から受けた傷の痛みをいつまでも忘れる事が出来ない存在でもあるのだ。

先日、携帯を変えたのを機会に、断絶状態になっていたM氏に連絡を入れた。
喧嘩別れのようになっていたのがずっと気になっていたから。
薬局を辞める時、迷惑を掛けた事を改めて謝罪した。
M氏から、すぐに返信が来た。
M氏も私とあんな風に酷い別れ方をしてしまった事が心にひっかかっていたとの事。
自分も酷い仕打ちをしてしまってご免なさいと謝罪された。
そして「今後も今まで通りのお付き合いをしていきたいと願ってます」とまで!
前の薬局で、苦楽を共にして頑張って一緒に働いていた仲間だもの、
別々の職場で働く事になっても、いつまでも良い思い出にしたいのは私も同じ。
まだ、若くて家族も居るのだし、(秋にはもう一人家族が増えると聞いている)
本当に元気出して頑張ってほしいものだと思う。
絶縁関係を修復出来て、ホッとしている。

あぁ、私の中にある「許せない!」という思いを全て主の前に注ぎだして洗い流したい。


聖書箇所:へブル人への手紙 10章19~25節
宣   教:「新しい生きた道」

今日は受付の奉仕があったので父の隣に座って礼拝を受ける事が出来なかったが
久し振りに娘が礼拝に出席出来たので嬉しかった。

mixiでご一緒しているサムエルさんというクリスチャンがおられるのだが
そこで讃美歌「いつくしみふかき友なるイエス」の話題があがっていた。
すずかさんという方がこの讃美の由来をご自分のブログで語って下さっている。
感銘を受けたので貼らせていただきます。
すずかさんのブログ

by kazu-chan1208 | 2006-06-11 18:22 | 教会 | Comments(2)
2006年 06月 10日

6/10 土   チャペルコンサート

一昨日、昨日と何だか疲れてしまってブログを書く元気が無かった。

薬局の方は新店長候補のNさんの目覚しい活躍で、私は随分楽になった。
調剤室の整備もどんどんはかどって、かなりスッキリしてきた。
Nさん、明るくて気持ちよい方なので、変に気を遣わなくて良いから助かる。

今日は18:30から教会でチャペルコンサートが開かれた。
私は早めに帰らせて頂き、教会に直行したのでギリギリ開始時刻に間に合った。

ゲストは日本フィル チェロ首席代行の 江原 望氏、ピアノの長坂 将志氏、
ソプラノの江原 実歌子氏(江原氏の妹さん)の3人。
会堂に200人ほどの人々が集まって、
チェロとピアノの演奏、素晴らしい讃美に心と耳を傾けるひと時を過ごした。

江原氏のチェロの音色は身体全体に響いてくるような力強さと心を震わす繊細さ。
長坂氏のピアノはジャズテイストをベースにあくまでも伸びやかでリズミック。
美歌子氏の歌声は澄み切った青空を連想させる。
讃美の素晴らしさを堪能する事が出来た。
讃美歌の他にもクラッシック、ポピュラー、ジャズと幅広いジャンルからの選曲で
子供から大人まで、バリエーション豊かに楽しめたのではないだろうか。

父と母もコンサートに来ていたのが嬉しかった。
感謝。
c0030950_22404883.jpg
c0030950_2241383.jpg
c0030950_22411622.jpg


by kazu-chan1208 | 2006-06-10 22:20 | 教会 | Comments(0)