<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

嫌な夢

昨夜、久し振りに学生時代の夢を見た。

授業に殆ど出席していなかったから、試験寸前になってもテスト範囲も分からずに
友人に必死に教えて貰ったりして焦りまくる超イヤな夢 (-.-;)

大学時代のこの類の夢は若い頃に良く見ていた。

そういう夢を見るという事は、そういう下地があるからである (∋_∈)

薬学部は専門過程に入る2年生以降は午後は毎日実験だった。
実験はそこにいないと出来ないし、その日のうちに結果をレポート提出しないといけないので、
勿論毎日セッセと出席したのだが、午前中の授業(特に専門分野以外の英語など)は結構さぼってばかりいた。

朝はちゃんと家を出るのだが、上り線と反対方向の電車に乗り、
鎌倉や逗子の海を見に行ったりしていた。

一度、英語の試験前に
「今から読み上げる者は出席日数不足により試験を受験する資格が無いものとみなす」
と担当教員から読み上げられた中に名前を呼ばれてしまった事がある。

同じように呼ばれた仲間と一緒に担当教員に謝りに行って
「どうにか試験を受けさせて頂く手立てをご提示下さい」と平謝りに頭を下げた。

担当教員は各々に違う英語の本を1冊ずつ手渡して
「1週間で和訳してレポート用紙で提出すれば受験資格をあげよう」と仰有った。

試験前の只でさえ時間が無い時に!?(」゜□゜)」
とは思ったが自業自得 (>_<)

でも、友人を通して当時の彼女の恋人(英文科在学、英語堪能)に頼んで貰い、
提出するレポートを1週間で仕上げて貰った。
代償はシェ―キズで2人にピザとビ―ルを奢るという条件だった。
それで受験資格ゲット出来るなら安いものだ。

お陰でめでたく試験を受ける事が出来、留年を免れた。

学生時代のこんな失態がまだトラウマになって私を苦しめている?(笑)

by kazu-chan1208 | 2009-09-30 14:52 | つぶやき | Comments(0)
2009年 09月 28日

昨夜、南部せんべいをガリガリ食べてたら…治療した歯がかけた(ToT)

その部分は以前にやはり固い物を食べて割れた歯だ。

半分は根がグラグラになっていたので抜いたのだが、あとの半分は温存する事になって治療した。
上顎の目立つ箇所だったので金属ではないもので作って貰っていた。
やはり強度が足りなかったのだろう。

いつまでも放置しておくと歯根にも影響が出そうで嫌だったので、
仕事を早退させて頂いて歯科医に受診した。

で、今回は金属で作る事になった。
セラミックで作った方が良かったかなと思うけど、
「残った歯根が何年持ちこたえるか分からない。
 それまでは折角半分でも歯根が残っているのを有効利用しましょうか」
と前回の治療で言われたので、高いセラミックで作っても仕方ないのかなと思って…。

いずれにしても、今日、型を採って出来上がるまで1週間はかかるそうだ。
1週間、歯を気にしながら食事しなくちゃならないのが憂鬱。

今回の義父の件で、ダ―リンも痩せたが、私も痩せてしまった。
これ以上痩せると体力的にチトきついかも…。

でも、治療の保証期間内だからという事で今日は代金を取られなかった。
結構良心的な歯科医院と思った。


今日も薬局はメチャ忙しく、私が早退した6時半の時点で
とっくに200枚を超えていたから凄く申し訳なかったのだが
「早く行った方がいいよ~」と送り出してくれた同僚達に感謝。
義父の急逝で休んだ連休前の金曜日も同僚達には大変な思いをさせたばかり。
3人で230枚なんて、本当に死ぬ程大変だっただろう。

いつも迷惑かけて申し訳無い気持ちでいっぱいです。
すんまそん(>_<)

by kazu-chan1208 | 2009-09-28 19:50 | つぶやき | Comments(0)
2009年 09月 27日

一週間

c0030950_2225762.jpg

義父の葬儀が終わって1週間が経った。
亡くなった日からは10日。

ダ―リンは毎日、義母に電話をかけている。

休日には日に何回も。

義妹が毎晩、実家に泊まりに行ってくれている。
義妹は本当に大変だと思う。

うちは遠隔地に住んでいるから電話する事しか出来ない。

義母には勿論の事、義兄にも義妹にも申し訳無い。

ダ―リンも辛いだろうなと思うと気持ちが塞いでしまうけど、せめて美味しい物でも作ってダ―リンを応援しなきゃ…とご飯作り、頑張ってます。

私にはこれ位の事しか出来ない。
あと、一生懸命お祈りする事。

by kazu-chan1208 | 2009-09-27 22:02 | 料理 | Comments(0)
2009年 09月 25日

うへぇ〜

連休明け………。
嫌な予感通り忙しかったっす (∋_∈)
230枚以上 (ToT)

でも連休前の私が忌引きで休ませて頂いた日はもっと悲惨だった様で…(;_;)

今日は薬剤師5人いたので大変だったけど、どうにか終わった。
金曜日は230枚を薬剤師3人でこなしたとか (°□°;)
みんな泣きがはいっていたそうな (>_<)



本当に済みませんでした m(_ _)m

by kazu-chan1208 | 2009-09-25 20:50 | 薬局 | Comments(0)
2009年 09月 24日

ふぅ〜(-.-;)

この年になって完徹なんかしちゃダメだったという事を嫌という程、思い知ったおバカなKazu-chan。です。
昨日丸1日、雲の上を歩いているみたいだった。
今日になってもまだ尾を引いている感じがする。

でも休みは今日で終わり(;_;)


今日は朝から家で教会の季刊誌の編集をした。

編集した原案を持参して教会に行き、帰りに実家に寄って夕食を届けた。

何しろ、何をやっていても睡魔におそわれるのでもう、寝ちゃえ!

by kazu-chan1208 | 2009-09-24 23:51 | つぶやき | Comments(0)
2009年 09月 23日

渋滞

5時半位に帰宅するかなぁと、ずっと下に降りて待ってたけど全然帰らない。
結局2時間半、下で待っちゃった私ってホントにおバカだと思う。

家電に何か連絡が入ってないか息子に電話したら「取り敢えず上がって来い」と怒られる始末。

結局、8時半前に無事帰宅。
渋滞している上に事故に出くわしてしまったらしい。
良かったぁ〜(∋_∈)

昨日は完徹でつ。

3時過ぎまではアプリなどして起きていて、後は片付けしてたら夜が明けた。

今頃になってフラフラしてきた。

無駄な心配してしまう自分の性格、全くイヤになる。
これでもクリスチャンになってから良くなったと思うけど…(-.-;)

by kazu-chan1208 | 2009-09-23 11:01 | 家族 | Comments(0)
2009年 09月 23日

まだ…

c0030950_5432650.jpg

c0030950_5432665.jpg

今日未明、1時半位に「今から車で出発するよ~」とダ―リンからの電話。

ノンストップで4時間少しかかるんだよね。

何だか心配でベッドに入る気がしないまま夜が明けちゃった。

家で待って居られずに、下に降りて来たけど…まだ帰って来ない。

辺りはもう、明るくなってきちゃいました (-.-;)

早く帰って来て欲しいなぁ~。

眠いし…(∋_∈)

by kazu-chan1208 | 2009-09-23 05:43 | 家族 | Comments(0)
2009年 09月 21日

帰宅

今日1日かけてダ―リンの兄妹と一緒に義父の遺品整理と実家の大掃除をした。
ダ―リンの従兄ご夫妻も手伝って下さった。
従兄ご夫妻には義父が突然亡くなった日から、
本当に言葉に尽くせない程お世話をかけてしまった。

まだ残務整理があるし、義母の今後についての話し合いもある。
連休なので時間的には余裕があるのがせめてもの幸い。

ダ―リンと一緒に最後まで付き合ってからおいとまするつもりだったが
昨日あたりから耳鳴りが酷く、右耳は殆ど聞こえない状態が続いていた。
このまま無理をすると目眩に移行するのが分かっていたので、
申し訳なかったが私だけ先に新幹線で帰る事にした。

ダ―リンは辛抱強く、いつも頑張り過ぎる人なので、
本当は私だけが先に帰るのはとても心配だったのだが…。

帰宅してダ―リンに電話した。

今まで実家が片付いていなかったので皆で泊まれず親戚の家に泊まらせて貰ったりしていたが
「今夜はお母さんとお兄ちゃんと妹と、そしてお父さんの魂と一緒に初めて皆で揃って寝るよ」
と静かな声で言っていた。

本当に親子兄弟が揃って水入らずで寝る事が出来る最初の夜だという事に
ダーリンに言われてから気付いた。

ダ―リンは心配だし、先に帰ってしまうのは皆さんに申し訳ないと思っていたが
水入らずに嫁が居て、水を注さずに済んで、かえって良かったのかもしれないと思った。

お父さんもきっと喜んでいると思う。

ダ―リンの家族全員の上に主の平安が豊かにありますように。

by kazu-chan1208 | 2009-09-21 23:56 | 家族 | Comments(0)
2009年 09月 20日

c0030950_20374136.jpg

c0030950_20374120.jpg

c0030950_20374166.jpg

義父が亡くなった日から今日の告別式が終わるまで毎日ずっと晴天が続いた。
あれだけ空が好きだった義父を送るには相応しい抜ける様な空だ。
斎場の側を流れる小川の岸には彼岸花が咲いていた。


明日から遺品の整理と掃除などの残務整理。
ダ―リンと義兄、義妹の3人で色々相談しなくてはならない。
義母の今後の事もあるし…。
丁度、連休なので助かった。


息子、娘は私の両親を連れて一足先に帰った。
両親も遠出だったのでさぞかし疲れた事と思う。

私も明日からに備えて早く寝る事にしよう。

by kazu-chan1208 | 2009-09-20 20:37 | 家族 | Comments(0)
2009年 09月 18日

訃報

c0030950_16373168.jpg

c0030950_16373152.jpg

c0030950_16373179.jpg

昨日の午後、義妹から突然の訃報の電話が入った。
義父がパラグライダ―の事故で亡くなったという。

余りに突然なので信じられない気持ち。

ダ―リンは会社から帰宅して徹夜で高速を飛ばして帰省すると言い張った。
気持ちは分かるし、私だって今すぐに飛んで行きたい気持ちに変わりない。
でも、余りに危険過ぎるのではないかと思い、せめて新幹線で帰ろうと言ったが聞き入れてくれなかった。
気持ちが分かるだけに強くも言えず、覚悟を決めかけていたところに義兄から電話。

疲れているところを徹夜で急いで来て事故でも起きたら大変だから、慌てずに明日の朝出発でゆっくり来れば良いと言ってダ―リンを説得してくれた。

息子の帰宅が遅かった事もあり、昨夜は寝たのか寝てないのか分からない状態。

今朝、早く家を出て10時過ぎに到着。

義兄夫婦と義妹夫婦がお義母さんに付き添ってくれていて、段取りもしてくれていた。


私は日々の忙しさを言い訳に何年も帰省を不義理していた自分を心から後悔した。
今更後悔したところで、もう遅いのは分かっているが断腸の思いだ。


空が大好きで、80歳を過ぎてもまだパラグライダ―を楽しんでいた義父。
日頃から「パラグライダ―で落ちて死ぬなら本望だ」と言っていた義父。
大きくて、穏やかで、優しかった義父。

美しい空を見上げる度に、空が大好きだった義父が微笑んでいるよう感じた。

どうぞ安らかに休んで下さい。

by kazu-chan1208 | 2009-09-18 16:37 | 家族 | Comments(0)