<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 30日

コミュニケーション能力

昨日、在庫が少ししかない薬の処方箋を持参した若い女性の患者さんがいた。
来局なさったのが遅い時刻だったので問屋さんに明日午前中に入荷を確認し
患者さんには入荷したら携帯に電話するという事にして
取り敢えず在庫のある1日分の薬のみをお渡しした。


今日、午前中に入荷したので携帯に電話したが留守電になっていた。
「仕事だから電話に出られないかもしれない。その時は留守電にお願いします」
と仰有っていたので、留守電に今日の閉店時刻もお知らせする録音をした。

夕方になって近隣の医療機関と一寸としたトラブル(?)があってバタバタした。

で、すっかりその患者さんがまだ来局していない事を忘れてしまった。

幸い、駅に行く途中で思い出したので薬局に引き返し薬局から再度電話。
今度は直ぐ電話に出られた。
たった今、仕事が終わったので急いで行きますけどイイですか?との事。
もう店は閉めているが今夜から服用する薬が無いのは困るだろうと思い待つ事にした。

下手に薬局の中いると営業中と勘違いして患者が入って来ても面倒なので
薬局の外に立って待っていた。

待つ事、約15分、患者さんが原付をかっ飛ばして一目散にやって来た。

ヘルメットを取るや否や
「ホントにごめんなさい。忙しくて留守電も聞く暇が無くて…。
寒いのにお待たせしちゃって済みませんでした。
ホントにホントにごめんなさい。」
と平謝りに謝罪された。

服用しなければならない薬が無ければ困るのだから当然の事をしたまでだが
「その位の事、やって当然でしょ!」と言う態度の人が多い昨今なので
彼女の謝罪に何だか妙に感激しちゃったよ。

人と人との繋がりって、いかにコミュニケーションを上手く取れるかって事だよね。
そういう意味では今日の彼女はまだ若いのに(少しヤンキーっぽかった(笑)
キチンと他人の気持ちを思いやるコミュニケーション能力を持っている。

まともに人の話を聞けない大人や、
面と向かって自分の意見を言えない大人は沢山いる。

自分も含めて、大人ももう少し自省と勉強が必要だよな…と感じた出来事だった。


そんなこんなで帰宅したら…娘がカジキマグロのマリネを作ってくれていた。
私が作るのと少し作り方が違うらしい。
凄ぉ〜く美味しくて、家族中の大好評、大絶賛を受けたのは言うまでもない。

料理上手な娘を持って、母はシャ〜ワセでごじゃいますぅ〜(^w^)
c0030950_21205895.jpg


by kazu-chan1208 | 2010-01-30 21:20 | 料理 | Comments(0)
2010年 01月 30日

体調悪し

父の具合が悪くなり、心臓の問題が発覚してから、何だか自分も体調が悪い。

義父が突然亡くなって、残された義母が施設に入って落ち着くまでの間も
血圧が高くなって具合の悪い日々が続いていたが、そんな感じ。

義母が落ち着いてホッとしたら血圧も正常に戻って降圧剤服用も中止した。
でも、最近又、血圧が高めになっているので、時々降圧剤を服用している。
精神的ストレスと体が連動するものだという事を、身をもって感じています。

皆さんもお気を付けあそばして(笑)

by kazu-chan1208 | 2010-01-30 08:37 | つぶやき | Comments(0)
2010年 01月 29日

頑固

昨日はオフ。
午前中に家事と夕飯の準備を済ませ、午後は月刊誌の編集に教会へ行った。
予想外に編集に手間取り教会を出るのが遅くなったが、実家へ向かった。

父の具合は相変わらずで、なかなか食事が進まない様子。
今まで父の寝室は2階だったのだが、心臓への負担を考えて1階に移した。
少しは負担が軽くなるといいけど…。

うちのマンションに引っ越す時期はまだ未定だが
私も父も売り主の都合がつき次第なるべく早く引っ越すのが最良と考えている。

しかし、母が引っ越しを渋り始めた。
元々「引っ越すのは嫌だ」とは言っていたのだが
「お習字に通うのに遠くなる」だの何だのとゴネている。

父は今年中、生きていられるかどうかという切迫感を感じたからこそ
今のうちに私の近くに越して自分の死後の母の暮らしに安心を得る為に
なけなしの大金を叩いてマンション購入の一大決心をしたのだと言う。

それなのに、母が見当外れな態度をするので父まで落ち込んでしまっている。

二人の思いの食い違いを聞いていて、私は思わず母を叱責してしまった。

父の心臓への負担を考えれば、一刻も早く引っ越すのがベストである事、
お習字に遠くなると言うけど、時間にして20分も変わらない筈という事、
引っ越しの為の整理は気が重いだろうが、今の家はそのままでいいのだから
必要な物だけで身軽に引っ越せば良いという事etc…。

父の病状に対する母の認識が甘い事に腹が立ち少しキツい言い方をしてしまった。

母は怒ってふてくされてしまったかと思うと、今度は泣いたり
「私は早く死ぬからいい!」などと言ってみたり…始末が悪い。

そんな母の態度に父がエラく落ち込んでしまっているのが又、可哀想で。

「売り主から譲渡された時点で早く引っ越すんだからね!分かった?」
と断言して帰宅してしまった。

帰宅してから母にキツく当たってしまい可哀想な事をしたなぁと反省。

「引っ越しの手筈は私がするから安心して、ママがパニクらない様に」と
父に電話をかけた。

夜、遅くなってから母から電話あり。
「ママが悪かった。あなたの言う様にするから」と…。

私もキツイ事言ってごめんね、と謝った。


ある程度の年齢に達すると妙に頑固になるのは困った事だ。

そう言う私もかなり頑固だけど(笑)

by kazu-chan1208 | 2010-01-29 20:20 | 家族 | Comments(0)
2010年 01月 27日

少し暇

昨年もそうだったけど、1月は薬局は少し暇。
暇と言っても160枚以上にはなるけど…。

でも12月の殺人的忙しさに慣れてしまったせいか、暇と感じてしまう (∋_∈)

忙しさに慣れるなんて嫌なことですわ (-.-;)

しかし、つい「暇に慣れてしまうと後が辛い」と考えてしまう自分がいて
何だかそれも嫌でつ (ToT)

暇なので、父には仕事の合間を縫って今日も何度か電話を入れて様子を聞いた。

少しは食べられる様になってきたみたい。
昨日持参した中華粥を「美味しいよ」と食べてくれている様子。
良かった o(^-^)o
忙しい思いをして駆けずり回った甲斐があった。
余り無理しない範囲で少しずつ食欲が戻るといいなぁ。

by kazu-chan1208 | 2010-01-27 20:43 | 家族 | Comments(0)
2010年 01月 26日

市大病院受診

c0030950_1952889.jpg

c0030950_1952886.jpg

c0030950_1952819.jpg

父が市大病院に紹介されて初めての受診日。
生憎母からお腹の風邪がうつったらしく、昨夜から嘔吐下痢になっている父。
仕事を休ませて頂き、車で迎えに行った。
9:30には受付に来る様に言われたとの事で家を8時半前に出て実家へ。
丁度の時刻に病院に着いた。
外来予約は10時にとってあったので総合受付を終えてから外来へ。

凄い人、人、人…。
混んでいる (∋_∈)

延々、延々、延々、待つ事3時間、1時近くになってから漸く名前を呼ばれた。

幸いな事に診て下さった先生は循環器科の助教授だった。
丁寧に診て下さり、分かりやすく説明して下さった。
紹介元からの資料を持参したのが、もう少し詳しい検査をするとの事。
その検査結果を受けて最終的な今後の治療方針を決める事になる。
検査が混んでいるのと、学会が入るので診断結果を聞くのは2月下旬になる。

病院を出て、実家に両親を送り届けて一旦帰宅。
速攻で銀行の用事を済ませ、帆立と鯛の中華粥を作って、再度、実家に。

お腹の具合がかなり悪い父は起きる気力も無く…(ToT)

少しでも食べれる様になるといいんだけど。

そして、早く引っ越しが出来ると安心なんだけど。

by kazu-chan1208 | 2010-01-26 19:05 | 家族 | Comments(0)
2010年 01月 21日

ヲタ兄妹

昨夜、食卓で息子と娘が何やらヲタ話で盛り上がっていた。
母には分からない話題だったので「何?それ」と聞いたが
「お母さんは知らなくてイイ」とか言っちゃって2人で無意味に盛り上がってる。
挙げ句の果てに「ヤッパ俺達って仲イイよなぁ(爆)」だと (-.-;)




別にイイんだけどね (-"-;)

ヲタ2匹飼ってる母としては心中複雑でございます。

まぁ、お母さん達が死んだ後も2人で仲良く暮らしてくらはい (∋_∈)

by kazu-chan1208 | 2010-01-21 09:19 | 家族 | Comments(0)
2010年 01月 19日

昨日

昨日は父の検査結果が出て医師から今後の治療方針についての話を聞く為に
薬局を休ませて頂いて父と一緒に医院に出向いた。

肺気腫もかなり重篤な状態ではあるが、肺機能自体は経過観察の域だった。

しかし、心臓に重大な問題点が見つかった。
心臓の大動脈弁機能不全との事。

弁狭窄ならカテーテルでの手術が可能であるが
父の場合は弁が締まりきらない機能不全なので、弁置換手術しかない。

「うちでは対応出来ないので市大病院の心臓血管外科を紹介します」と。

私としては父のような高齢で、ガリガリに痩せている状態で
果たしてそんな大変な手術を受けられるのだろうかという不安がある。
まぁ、今から心配しても仕方ないけれど…。

とりあえず市大病院の予約を取って専門医に診断して貰うしかない。


昨日、父と一緒に歩いてみて、ビックリした。
今までだって、教会の帰り道を一緒に歩いていた。
でも、あんなに息苦しそうにユックリとしか歩けない歩き方ではなかった。
自宅に上がる階段を上るのも途中で休みながらやっと上りきる感じ。

やはりすぐに駆け付けられない場所で2人だけで住まわす事に不安を感じた。
どうしたものか。

by kazu-chan1208 | 2010-01-19 20:00 | 家族 | Comments(0)
2010年 01月 15日

罪悪感

誰にでも苦手な人がいる様に、私も苦手だなぁと思う患者さんがいる。

前回の投薬の際に「薬を飲みたくない」だの何だのと散々ごねた方。

正直なところ未入力の薬歴の山を残している身としては
いつ終わるとも知れない彼女の言い分に付き合っている時間も無いし
「ここでウダウダ言われたって困るんだけど…。
 何故医者に直接言わないのかね?」と 
途中から内心ブチギレ状態だった。

でも、仕方ないから、何故この薬が必要なのかを説明した。
ブチギレそうだったので、かなり強い口調だと自分でも思った。


その方が又、来局なさってワザワザご指名あり。

内心「嫌だなぁ~指名しないで!」と思いつつ投薬カウンターに出たら
「この前、あなたが親身になって説明して下さってホントに感謝しているの。
 有難うございました m(_ _)m」
と最初から深々と頭を下げられてしまった。








ひぇ~~~ (>_<)
ごめんなさい!m(_ _)m
親身になってたんじゃないんです (-.-;)
キレてただけ (∋_∈)



何だか罪悪感に苛まれてしまいます (ρ_;)

by kazu-chan1208 | 2010-01-15 20:30 | 薬局 | Comments(0)
2010年 01月 14日

オフ

c0030950_19373936.jpg

寒かったけど天気が良くて気持ちいいオフだった。

午前中、洗濯などの家事を済ませて1ヶ月ぶりのカ―ブスに行った。
丁度、母も来て頑張っているところだった。
寒い中、シ―サイドラインに乗って来たらしい。
偉い、偉い!

午後は上大岡に用事があって出掛けて、帰りに髪をカットした。
いつものトコで何も言わずに切って貰ったのだが…
切り終わって眼鏡をかけてビックリ!
短くし過ぎだろ!!(-_-#)
カッパみたいなった (T_T)

夕方に帰宅してから実家にエンシュアリキッドを届けに又出掛けた。
父の様子も気になるし。
少し食事が出来るようになった様子。
しかし、息苦しさは相変わらずらしい。
心配 (-.-;)

写真は上大岡のデパートのディスプレイ。
もう雛祭りか!?

by kazu-chan1208 | 2010-01-14 19:37 | つぶやき | Comments(0)
2010年 01月 14日

空 雲

c0030950_12445567.jpg

c0030950_1244557.jpg

c0030950_12445559.jpg

寒いけど空がきれいだ。

by kazu-chan1208 | 2010-01-14 12:44 | 今日の空 | Comments(0)