タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 30日

昨日

c0030950_9235919.jpg

c0030950_9235948.jpg

昨日は午前中に眼科に受診する為、父を車で連れて行った。
Dr.はクリスチャンである。
手術前に受診した時、心臓の手術の話をしたら「手術日はいつですか?祈ります」と。
入院中もDr.から励ましの葉書を頂いた。
父の顔を見るなり、握手して下さり「良かったです」と肩を叩いて下さった。
老眼鏡の処方箋を頂いて帰宅。

昼食は少し冒険かと思ったが、以前から父が「退院したら行きたい」と言っていた葉山の海狼に連れて行った。
入院中も「海狼の旨いそばが食べたい」と言っていたので(笑)
注文した蟹とフカヒレの汁麺を完食する事が出来たのには驚いた。
せいぜい半分食べられれば良いかなと思っていたので嬉しい驚きだった。
流石に外出の疲れと食べ過ぎで、午後は休んでいたようだ。

私は帰宅後すぐに教会で催されているミュージックフェスティバルに向かった。
ゴスペル、聖歌隊、独唱など、讃美に満ち溢れたひとときを過ごす事が出来た。
感謝。

ベランダでダーリンが丹精している花が綺麗に咲いている。

by kazu-chan1208 | 2011-10-30 09:23 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 27日

c0030950_1910247.jpg

すっかり涼しく…と言うより肌寒くなった。
今日は木枯らしが吹くとかなんとか言っていただけあって、やはり寒かった。
河辺のススキもすっかり秋の様子。

昼から月刊誌の編集をしに教会に出掛けた。
ここ何ヶ月も月末の都合が付かなくて2人の姉妹方にお任せしっぱなしだった。
久し振りの編集のご奉仕だったので楽しかったし嬉しかった。
夕方に帰宅。

今夜から娘が卒業した美大の学祭に行く為、友人の家に2泊する。
帰宅が遅い息子を待たずに、ダーリンと2人で近所の店に食事に行った。
お刺身、天ぷら、穴子丼などなど…あれもこれも注文してしまったけど、結局2人で完食。
食欲の秋なのね。
c0030950_19102450.jpg

c0030950_19102436.jpg

c0030950_19102465.jpg

c0030950_19102466.jpg



父の具合は安定しているので一安心。
寒くなるから風邪をひかさない様に気を付けなきゃ。

by kazu-chan1208 | 2011-10-27 19:10 | 外食 | Comments(0)
2011年 10月 26日

父 同窓会

c0030950_16341067.jpg

今日は父の小学校時代の同級生がお見舞いがてら実家に来てくれた。
近所に住んでいた幼なじみの方々らしい。
皆さん、びっくりするほどお元気。
父は皆さんの元気を貰ったみたい。

by kazu-chan1208 | 2011-10-26 16:34 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 25日

快晴

c0030950_19133762.jpg

今日はあまりに天気が良かったので父を車椅子に乗せて散歩を計画した。
最初は平潟湾1周のコースを考えていたがダーリンが「海の公園の方がいいんじゃない?」と。
車で公園入口まで乗せて行くから帰る時には電話くれれば降ろした場所に迎えに行くよ~と。
で、お言葉に甘えて車を出して貰った。
約1時間、海の公園をゆっくり車椅子で散歩した。
「やはりお日様に当たった方がいいよ~」などと話しながらゆっくりゆっくり。
空は真っ青だし、日の光は溢れんばかり、風も気持ちが良かった。
海がキラキラ光っていた。

手術から4ヶ月半近く経った。
漸くここまで回復したと思うと、本当に今まで守られて来たなぁとしみじみ感じた。
感謝。

by kazu-chan1208 | 2011-10-25 19:13 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 24日

父 誕生日

今日は父の82歳の誕生日。
入院中「キリがいいから誕生日までは生きていたいなぁ」と言っていた父(笑)

午後に歯医者を受診した後、車椅子でマンション敷地内を散歩した。
「外は気持ちがいいなぁ」としきりに言っていた。

夕方、実家のキッチンで用事をしていたら、母が急に大きな声を上げて怒ったので
何が起こったのかと慌てて見たら、父がリビングボードの上のポトスを切り込んだらしい。
リビングボードの上にはポトスの鉢が置いてあり、凄く長く茎を伸ばしていて
リビングボードの上面のほぼ全体を覆うほどに育っていたのだが
父がハサミでその茎をバッサリ切ってしまったらしい。
実は、かねてから私も「綺麗だけど掃除するにはチョット邪魔じゃないの?」と思っていた。
父もそう思って切ったのだと思うが、母にしたら折角ここまで伸びたのに!って事らしい。
母が凄い剣幕で怒ったので、父は「ごめんね、ごめんね」と謝っていた。

何だか険悪な雰囲気になりそうで嫌だなぁと思い、私は一時退散した(笑)
夕飯時に父のプレゼントにパジャマを持って行ったら、母もプレゼントを出してきた。
母のプレゼントはラクダのももひきとシャツ。
手紙が付いていて「これからも仲良く楽しく一緒にいましょうね」と書いてあった。
悪戯を叱られた子供みたいにシュンとしていた父が、手紙を読んで嬉しそうな顔になった。
その表情が何だか子供みたいで可愛かった(爆)
「良かったじゃん!」と父の頭を小突いたら恥ずかしそうに笑っていた。

お誕生日、おめでとう。
ママといつまでも仲良くしてね (*^o^*)

by kazu-chan1208 | 2011-10-24 21:05 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 22日

決定?

先日、面接と薬局見学をした会社から、昨日、人材登録会社の担当者に連絡があった。
一応、採用との内定を頂く事が出来た。
週明けに金額提示を含めて契約内容の詳細が書面で送付されるのでメールしてくれるとの事。
就業開始も当方の希望通り12月からで良いらしい。
これでちょっと安心出来るのが嬉しい。

で、両親を恒例の箱根旅行に連れていけるかな?と思い、旅行会社に問い合わせたが
11月中旬の予約はもう全然取れないと言われてしまった。
仕方なく下旬で検索して貰ったが、それも6人分3部屋は無理との事。
帰宅してからホテルに直接電話して事情を話してみたら、どうにか3部屋確保してくれた。
やはり常宿は融通が効くって事かしら。
11月下旬だと寒くはなるが、父の状態もきっと早めより落ち着いてきている筈なので
案外、その方が良かったのかもしれないと思う。

今日は入浴の時に父の体重を計ったら少し増えていた。
退院時は36.0Kgだったが今日は37.4Kgだった。
前回の入浴時には37.0Kgだったので400g増えている。
体重が増えるってこんなに嬉しい事なのね!と思った。
自分の体重は増えて欲しくないけどね(笑)

by kazu-chan1208 | 2011-10-22 18:30 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 20日

家庭集会

今日は父が切望していた家庭集会を実家で開催する事が出来た。
6月に入院する前から少し具合が悪かったので教会を休んでいた父にとっては
久し振りに懐かしい教会の兄弟姉妹方にお会いする事が出来たというわけだ。
初めていらして下さった方もあり、父は本当に嬉しそうだった。
手術、その後の療養生活、色々な事があって、めげそうになった事も多々あったが
教会の皆さんの祈りに支えられて、漸くここまで来られたと痛感している。
これからの療養生活の歩みも主によって守られますように。

私は久し振りに区の薬剤師会主催の勉強会に出席するので、これから向かうところ。
帰りが遅くなるようなら、今夜は実家に泊まれないかもしれないけれど (^-^;)

by kazu-chan1208 | 2011-10-20 19:45 | 教会 | Comments(0)
2011年 10月 19日

就活 続き

今日は新たな案件にて関内の本部に面接に行った。
そのまま、浦舟の市大病院門前店舗と、井土ヶ谷の店舗に見学に回った。
スタッフが明るくて感じが良かったのと、設備が整っているのが印象的だった。
但し両店舗とも、かなり忙しい薬局ではある。
でも、ここなら何とかやっていけそうな気がした。
先方から良い返事があると良いのだが。

それにしても最初の薬局とこの前の薬局を断って良かったかもしれないと今更ながらに思う。

by kazu-chan1208 | 2011-10-19 19:40 | 薬局 | Comments(0)
2011年 10月 18日

市大受診 老々介護

c0030950_22403750.jpg

昨日、午前中は訪問診療で院長先生がいらして下さり、午後は訪問看護で点滴を受けた父。
今日は1ヶ月振りの市大病院受診だった。
いつもの通り、教授診の前に採血・胸部レントゲン・心電図検査を受けた。
検査結果を見ての教授の所見では、心臓の方は問題なし。
血液検査からみた栄養状況、電解質組成なども改善がみられるとの事。
Dr.は「頑張って歩いて下さいね」と仰有って父の肩をたたいて下さった。
まだまだ手術前の体重や体力には戻っていないが、少しずつでも良くなっているのは嬉しい。


それとは相反するようだが、最近、別の意味で自宅療養の難しさを感じている。
それは母の事。
母は父より1歳年上なので、まさに老々介護になるわけだが、これがなかなか難しい。
私が口や手を出し過ぎるのは母にとってはおもしろくないらしい。
かと言って、母が何でも出来るのかと言うと殆ど何も出来ない現実がある。
退院後、私は夜はずっと実家に泊まり込んで、父の夜中のトイレなどの介助をしている。
手すりも付いたので、父は1人でトイレに行けるのだが、
入眠剤を服用している関係で、足元が覚束ない事があるし、
痩せて足の筋肉も落ちていて転倒しやすい状態になっている為、泊まり込んでいる。
母はそれを自分がやるからいい!と主張するが、
耳が遠く、足元も危なっかしい母には任せられない。
それこそ、下手したら夫婦共倒れ、2入で転倒しかねない。
父も「ママには無理だ」と言っているので私がやっている。

食事に関しても、母の作るものはレパートリーも少なく、父の口に合わない物が多い。
健康な時ならいざしらず、今は父にとって毎食の食物摂取がとても大切な時期なので
私としては少しでも父の口に合うもので栄養バランス良く食べさせたいと思うから
家で作った物を持って来たり、実家でも炊事をしたり…と、口も手も出す事になる。
母にとってはそれも嫌みたい。
なので、手を出さずにいればいたで、今度は母にとって食事の用意が負担になるのだろう。
キッチンで溜め息ばかりついている (-"-;)
父にしたら母に溜め息つかれる度に
「自分が退院して在宅しているのが負担なのだ」と感じてしまうらしい。
流石にそれは、父が一寸、可哀相じゃん。
私は自他ともに認めるファザコンなので、ついつい父の味方をしてしまうのも
母にとっては面白くないんだろうね。
私と母が言い合いをするのも父の気持ちには良くない影響があるだろうし。

結局、お互いに少しずつ気持ちを譲り合ってやっていくしかないんだよね。




まぁ、短気な私なので (-.-;)
…ボンバりませんように (^-^;)

写真は昨日の夕空。

by kazu-chan1208 | 2011-10-18 22:40 | 家族 | Comments(0)
2011年 10月 17日

就活 続き

先日の薬局、お断りの連絡を入れて頂くように人材登録会社の担当者にお願いした。
断腸の決断。

又、1から就活でつ (∋_∈)

by kazu-chan1208 | 2011-10-17 20:26 | 薬局 | Comments(0)