<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

色々あってさ

昨日、投薬していた時にいつも少し問題のある患者さんに当たった。
少しボケの症状があるご高齢の婦人なのだが、
ボケている部分とヤケにしっかりなさっている部分があり、かえってやりにくい。
以前にもヒートのまま渡ししている薬を自分で帰宅後に1錠ずつに切り分けたのだろうが
「帰宅したら全部1錠ずつバラバラに切ってあった。これでは嫌なので交換して欲しい」と
お怒りの電話があった事があり、それ以後は薬袋に「ヒートでお渡ししました」と記載して
投薬者の印を押すようにしているという患者さんである。
今日は何事も無く、スンナリ投薬が終わりそうだったのでホッとして会計をした。
代金は530円だったので5030円お預かりして4500円お釣りを渡したところ
「出したのは1万円札だった筈」と仰有る。
1万円札はレジに入れる場所が別で仕切りを外さないと入れられない様になっている。
仕切りを外す動作をせず、そのまま5千円札を入れた事は覚えていたので
「頂戴したのは5千円札だと存じますが…」と言ったが
「医者にかかるのだから財布に1万円札が入っているのを確認して来ている」と。
そう仰有られても5千円札だったのは確かなんだけどなぁと思いつつ
「頂戴したのは確かに5千円札と思います。
でも、万が一、レジ〆でお金があわなければご連絡致しますので」と言ったら
「ここの薬局はキチンとしているのは分かってるからそれでいいわ」と仰有って帰られた。

私がボケてるのかしら、何だか釈然としないなぁ〜と思っていたら
その患者さんが薬局を出たのを見計らって、待合いのベンチに座っていらした患者さんが
「渡したのは確かに5千円札だったから、あなた間違ってないわよ。心配しないで大丈夫」
と、ワザワザ投薬カウンターまでいらして教えて下さった。
足が痛くてやっと杖をついて歩いておられる患者さんなのに。

その日は他にも私が関わった投薬でインシデントがあり、正直凹んでいたのだが
嬉しくて気持ちが少し軽くなった。

まぁ、インシデントはそれなりに重く受け止めなきゃいけない事柄なので
気持ちが軽くなり過ぎてもダメなんだけど(笑)

と言う訳で、この薬局に入って初のインシデントレポートを書きました。
大事には至らずに済んだので良かったけれど、気を付けなきゃね。

明日は個人休み。
怪我をしてから体調を崩して発熱している父の様子をキチンとみれるので休みは嬉しい。
明日は暖かいといいなぁ。

by kazu-chan1208 | 2012-02-29 19:20 | 薬局 | Comments(0)
2012年 02月 24日

大出血 (°□°;)

いつも出勤前と帰宅時には実家に寄って両親の様子を見るのが日課になっている。
今朝も実家に顔を出したら珍しくまだ朝食を食べている最中だったのでアレッと思った。
父が「大失敗しちゃった」と言うので何かと思ったらスライサーで右手親指を怪我したと。
抗血栓薬を服用しているので出血がなかなか止まらず難儀したと言う。
「もう血は止まったと思う」と言うが止血出来ているとは思えず怪我の部位を見ると、
ガーゼでグルグル巻きにした上にガチガチにテーピングして、
おまけに親指を輪ゴムでギュッと縛っていた。
青くなって輪ゴムを外し、怪我の部位を見たら全然止血していないし (*_*)
血がドンドン出てくるので、取り敢えずガーゼでくるみ直して絆創膏でとめた。
直ぐに訪問診療を受けている入院していた病院に電話すると
救急外来から看護士に電話を回してくれ、状況を報告したら直ぐに外来に来る様にと。
急いでダーリンに電話して車で連れて行って貰う手配をし、
午後から仕事の娘にも連絡して同行して貰う事にした。
本当は仕事を休んでしまおうかと思ったが、今日も男性薬剤師が休みだと困るので
後ろ髪を引かれる思いで出勤した。
10時過ぎに薬局から電話したら、まだ帰っていない様子だった。
昼休みに携帯を見たら父から留守電が入っていた。
「もう帰宅したし心配無いから」との伝言が残っていたが心配だったので折り返し電話。

病院のお粗末な対応を父から聞いて、腹が立つやら心配が募るやら (-_-;)


帰宅前に寄ってみた。
何だか止血出来ているのかどうか怪しい雲行き。
朝食後のワンドーズした薬からプラビックスを抜いて用意した。
右手なので何かと不便で、食事もロクに取れないらしい。
夕方の血糖値がかなり低かった。
毎日、診察には通わなければならないらしい。
一寸大変だよなぁ (∋_∈)

1日も早く傷が治りますように。

by kazu-chan1208 | 2012-02-24 00:56 | 家族 | Comments(0)
2012年 02月 22日

ビビリまくりの1日

朝一番で同僚の男性薬剤師から電話あり。
感染性大腸炎らしく、嘔吐下痢あり、今朝から発熱もあるので今日は休むとの事。
もしかしてインフルエンザの可能性もあるので、これから受診するが、
インフルエンザなら暫くは休む事になると思う。
その場合は夕方に再度電話で連絡するが、そうでなければ明日は出勤しますと。

ひょえ~ (゜∀゜;ノ)ノ
今日は訪問看護で3人の薬剤師が薬のお届けで外出するので人数不足なのに (°□°;)
来月からは前の管薬が行っていた訪問看護の患者さん2人を私が引き継ぐ事になり
今日は前の管薬と一緒に私の運転で患者宅に行かねばならず、
それだけでも朝からビビリまくっていたのにぃ~ (°□°;)
でも、病気じゃ仕方ないよね。
て事で、朝から不穏な1日の幕開けとなった。
その上、今日は重い処方箋が多く、大変だった (∋_∈)

午後2:30には薬局を出たかったのに、忙しくて出発も遅れてしまった。
今日は前の管薬が同乗してくれたが、3月からは1人で行かねばならない。
土地勘の無い場所で道を覚えるだけでイッパイイッパイの私 (ToT)

3時半頃に薬局に帰り着き昼食を取ったら、もう午後の診療が始まってるし。
花粉症の季節なので耳鼻科がメチャ混み (-"-;)
結局、何が何だか分からないという感じの状態で大変な1日がやっと終わった。

男性薬剤師からは電話がかかって来なかったのでインフルエンザじゃないと思うけど
彼、明日は出勤出来るのだろうかという一抹の不安が残る。

まぁ、大変だったけど、どうにか今日が終わって良かったと思うしかない。

そう言えば、朝、出勤途中で息子から電話がかかって来て
横浜まで来たが体調が悪いから今日は会社を休んで、これから帰るとか言ってたなぁ。
ヤツも嘔吐下痢かしら (∋_∈)

by kazu-chan1208 | 2012-02-22 20:03 | 薬局 | Comments(0)
2012年 02月 21日

ランチ

c0030950_13403481.jpg

いつもは休憩室でお弁当。
お弁当作れない日はコンビニで買うとかオリジン弁当なんだけど
今日は丁度、お昼休みに入る時に休憩室が混んでいたので珍しく外食。
初めて入ったお寿司屋さんでランチのバラちらしセット。
美味しいけど、ランチにしてはお値段高めだなぁ。

で、一寸しょっぱかったのか、メチャメチャ喉、渇くし (∋_∈)

by kazu-chan1208 | 2012-02-21 13:40 | 外食 | Comments(0)
2012年 02月 20日

すんまそん (^-^;)

オフ。
朝早くから耳鼻科と眼科に受診。
耳鼻科が有り得ない程に混んでいてウンザリ(∋_∈)
耳鼻科からチャリを飛ばして眼科に向かった。
寒いと思って重装備していたがチャリをこいでいるうちに暑くなった。
こぎながら毛糸の帽子を脱いでチャリのカゴに突っ込んで、眼科目指してこぎまくっていたら
後ろからチャリが追い掛けてくるものだから、負けじとスピードをあげた。
そしたら「す、すみませ~ん!」と後ろから叫び声が…。

へ?
何?何?
私を呼んでるの?

スピードを落として振り向いたら後ろのチャリが追い付いた。
チャリに乗っていた青年の手には私の黒い毛糸帽が…(>_<)

「落とされましたよ~。丁度後ろを走っていたもので。」
と言いつつ、帽子を手渡してくれて「速いですね~、なかなか追い付けなかった(笑)」と。
慌ててお礼を言ったら「いえ~」と言いつつ自転車の向きを変えて行っちゃった。

もしかして、自分が来る方向じゃないのにワザワザ追い掛けてくれたん?
ひょえ~ (゜∀゜;ノ)ノ
もっとチャンとお礼言いたかった (°□°;)

どこのどなたか知りませんが有り難うございました。
途中からスピードあげたりしてホントにホントにすんまそん m(_ _)m

by kazu-chan1208 | 2012-02-20 23:00 | つぶやき | Comments(0)
2012年 02月 18日

土曜日

今日は暇な土曜日だった。
160枚位かな。
薬剤師の数も少なかったのに。
午前中に集中して来なかったから楽だったのかな。

良く考えてみたら、前職では160枚来たら、平日でもアップアップだったよなぁ。
何か、忙しさに身体が慣れてきちゃったのかしら(笑)
まぁ、設備の良さも関係してるとは思うけど。

月曜日に個人休みなので連休になるのが嬉しい。

by kazu-chan1208 | 2012-02-18 18:07 | 薬局 | Comments(0)
2012年 02月 13日

連休明け

今日は連休明けだったのに、ウッカリ忙しくなるという覚悟をせずに出勤してしまった(∋_∈)
朝から目の回るような忙しさ (>_<)
定時を過ぎても患者さんは減らないし (-_-;)
最後の最後に喋りたくて仕方がないオジサン患者の投薬でドツボにはまっちゃうし (-"-;)
結局、終わってみたら400枚をゆうに超えてた (ToT)
今日は薬剤師が少ない日だったのに頑張りました。
薬歴も多少残っているけれど、お当番ではないのでキリの良い所で上がらせて貰った。

これだけ疲れちゃうと、夕食作りが難儀やなぁ〜 (ρ_;)

by kazu-chan1208 | 2012-02-13 20:25 | 薬局 | Comments(0)
2012年 02月 12日

イビキ

結婚以来、ずっと同じダブルベッドに寝ている私達。
我ながらホントに偉いと思う。
ダブルベッドを使っている夫婦と、ベッドは別々で寝ている夫婦の離婚率を調べたら
ダブルベッドの夫婦の離婚率が統計的有意差をもって高かったという報告を見た事がある。
確かアメリカでの調査だったと思う。

で、部屋が狭い故に結婚して30年以上もダブルベッドを使っている訳だが
夏はともかく、冬は体温の高いダーリンは湯たんぽ代わりに重宝させて貰っている。

ただ、最近難儀しているのがダーリンの大音響のイビキ (-_-#)
かなり大きいので、顔が此方を向いていると耳栓でもしないとうるさくて仕方ない。
で、この前、夜中の2時過ぎまで眠れずにいた時、思わず
「イビキがうるさくて眠れない」と、声に出して呟いた。
決して大声で言った訳ではなく、独り言のようにボソッと言っただけなのに
その途端、ダーリンのイビキがピタッと止んだ。
余りにもタイミング良かったので起きちゃったのかと様子を伺ったが、寝てるし(笑)

翌日、ダーリンが居る所で娘にその話をして2人で笑っていたら何を思ったのかダーリンが
「Kazuちゃんがイビキかいても僕はそんな事言わない」と急に言ったのには少し驚いた。

お前のイビキもうるさいよ!と注意の意味で言ったのかどうか彼の真意は計り知れないが
まぁ、イビキ位でいちいち細かい事、言いなさんなってところなのかな (^_^;)
すんまそんね (-"-;)

さて、これを携帯で書いている横では今夜も大音響のイビキが聞こえているので眠れない。
明日、休みだからいいけどさ。
せめて、顔を向こうに向けてくれると音が大分違うんだけど(笑)

by kazu-chan1208 | 2012-02-12 01:19 | 家族 | Comments(2)
2012年 02月 09日

先行き不透明

今までの管薬が今月15日で次の管薬に交代するので引き継ぎ作業中。
そして、今の薬局は全国展開の大手の保険調剤薬局の傘下に入る事になったらしい。
今の管薬は3月までは居てくれるがそれも3月末までなのかどうかも決まっていない様子。
次の管薬は引き継ぎ業務をしながら傘下に入る企業との摺り合わせもしなければならない。
これって結構大変な事だと思う。
ゆくゆくは傘下に入る企業のチェーン店システムにスライドしていくだろうから
今、使っている電子薬歴もグループ内で独自に開発したソフトに代替えするのだろうし…。
そうなると、この薬局内のマニュアルも傘下に入る企業のマニュアルに変わるのだと思う。
一寸考えただけでも、現在の業務体系が変わるのは大変と想像がつく。
その上、今、妊娠中のパート薬剤師は4月位から産休を取るし、
極秘の最新情報では男性薬剤師も一人辞めるかもしれないとの事。
新しい管薬は引き継ぎだけでも大変なのに、頭が痛い問題が山積というところである。

今日、帰り掛けに新しい管薬と少し話をしたが、
彼女自身も余裕が無くなるだろうと仰有っていた。

う~む (∋_∈)
こうなると今まで以上に早く全ての業務を覚えて、同僚達に迷惑をかけない様にしなきゃ。
新しい管薬もとても素晴らしい方なので、自分としても出来る限り頑張って力になりたい。

来月からは管薬が行っていた訪問看護の2件を私が引き継ぐ事になったし (>_<)

ひぇ~!
大丈夫かなぁ、私 (^_^;)
やるっきゃないけど(笑)

by kazu-chan1208 | 2012-02-09 19:54 | 薬局 | Comments(0)
2012年 02月 08日

市大教授予約診

昨日は父の市大病院受診予約日だったので休みを取った。
朝のうち豪雨だったせいで病院の駐車場に長蛇の列。
両親だけ先に降ろして列に並ぼうと思ったが、予想以上に時間がかかりそうだったので
そのまま自宅に引き返し、家に居たダーリンに車で再度市大病院に連れて行って貰った。
受診前に検査を3個受けなければならないので予約時刻の1時間前に行った訳だけど
私が主人に送って貰って病院についた頃には3つ目の検査が丁度終わったところだった。

外出する時はいつも車椅子なので病院でも車椅子を借りるのだが
昨日は「自分で歩いてみる」と言って歩いていた父にビックリした。
でも、手術後、こんなに歩いたのは初めてなので、流石に疲れた様子。

教授の診察室に入って行った時、歩いている父を見て、教授はとても驚いた様子。
そして満面の笑み。
患者が元気になっていくのを見るのは、やはり嬉しいものなのだろうなぁと思った。
検査結果も特に問題なかった。

「次回はスキップで診察室に入っていらっしゃるのを期待してます」と最後に仰有った。
ユーモアたっぷりの教授である。
本当に暖かい人だと思った。

by kazu-chan1208 | 2012-02-08 08:45 | 家族 | Comments(0)