<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 29日

c0030950_23594895.jpg

c0030950_2359481.jpg

c0030950_23594894.jpg

退院してきた父はかなり体力が弱っている事を痛感する昨今である。
退院当日は夜中のトイレが心配だったので実家に泊まり込んだ。
今日は介護用品の方に室内用の歩行器を持って来て貰った。
これで少し安心。

寒かったり風が強かったりするが、毎日天気が良い。
ついつい空を見上げてしまう。

by kazu-chan1208 | 2013-11-29 23:59 | 今日の空 | Comments(0)
2013年 11月 25日

とりあえず

c0030950_14122418.jpg

c0030950_14122414.jpg

c0030950_14122447.jpg

先週は入院中の父の心配に加えて母の問題も勃発したので、かなりパニクり状態だった。
でも、色々調べたり、周囲の方々のアドバイスも頂いたりしているうちに、気持ちが少し落ち着きを取り戻しつつある。
介護で大変なのは私だけじゃないし、これから先に起きるかもしれないあれやこれやを今から心配したって仕方ない。
何か起きたら、その時点で対応すれば良い事。
今の時点で起こりそうな事柄を予測して対応策を考えるのは大切と思うが、
余り先取りし過ぎて気持ちが重くならないように注意しなきゃね。
ま、なるようになるさF6D2.gifって事だぁね。

現在進行形で介護していて、介護に関して少し先輩であるパート先の薬局の同僚に心身ともに支えられてる事に感謝。
私の落ち込みを心配して電話してきて下さったマイミクさんにも感謝。

本当に良い出会いを与えられている恵みに、改めて感謝、感謝です。

明日、母を神経内科に連れて行くので火曜日派遣先をお断りしたら「じゃ月曜日に来て」と言われ、今日は仕事。
仕事終了後に車でそのまま父の病院に行く予定。

ランチは同僚情報でイタリアンにした。
美味しいもの食べて元気出さなきゃF7C3.gif(あくまでも食い意地がはっている)

by kazu-chan1208 | 2013-11-25 14:12 | 外食 | Comments(0)
2013年 11月 20日

(´д`|||)

c0030950_17595613.jpg

c0030950_17595786.jpg

c0030950_17595752.jpg

市大病院に入院中の父。
一過性脳虚血状態による半身麻痺は改善している。
そちらに関しては問題ないのだが、呼吸不全が少し深刻な状況で、まだ退院のメドはたっていない。

そんな中、今週初めに母の件で問題勃発。
昨日は仕事でダメだったので、今朝早く、母を連れてかかりつけの脳神経外科に相談に行った。
神経内科のDr.が居る来週火曜日に再受診する事になったので、火曜日は派遣勤務の日だが、仕方なく断った。

両親それぞれに次から次へと色々あるF7F5.gif
私の都合にはお構い無く、色々いろいろイロイロF64B.gif

介護ってそういうもんなんだよねと、今更ながらに思う今日この頃。

折角の朧月や紅葉を見上げても溜め息ついちゃう私が残念ですF7F6.gif

by kazu-chan1208 | 2013-11-20 17:59 | 家族 | Comments(0)
2013年 11月 12日

少し安定

昨日、父はACUから一般病棟の観察室に移った。
状態は落ち着いていて、左半身の動きにも問題は無い。
夕食もかなり苦労しながらではあるが、3割強は食べたと思う。
Dr.の話では一過性脳梗塞による一時的な脳虚血状態で症状が出たのではないかとの事。
まだ抗血栓薬の点滴をしていてベッドからは動けないようにしているが、
明日には観察室から普通の病室に移れるのではないかと言われた。
今日は私は派遣の仕事。
夕食を食べさせるのは娘にお願いする事になると思う。
娘が嫌な顔もせずに、積極的に協力してくれる事が本当に有難い。

市大病院に入院しているのだから安心な筈なのだが、私は夜、すぐに目が覚めてしまう。
夜中に父に名前を呼ばれた気がしてハッと目が覚める。
「実家に様子を見に行かなきゃ」と、ガバッと起き上がってから入院している事に気付く。
観察室は電灯が光々とついていて、父は眠れないだろうなぁとか考え始めると本当に眠れなくなる。
我ながら苦労性だとつくづく思う。

by kazu-chan1208 | 2013-11-12 06:08 | 家族 | Comments(0)
2013年 11月 10日

市大病院入院

今朝、教会に行く前に実家に顔を出したら、父が「トイレに行きたいので介助して」と言った。
いつもの様にソファーから立たせて手を引いて歩かせようと思ったら、左足が全然動かない。
私が指摘するまで父は分からなかったみたい。
で、全然歩けないのでトイレまで背負って連れて行き便座に座らせた。
左腕もダランと垂れ下がっていて動かせないと言う。
これは脳梗塞かもと、慌てて若草病院に電話したが、今日は外科医しか当直していないと。
仕方なく市大病院に電話したら神経内科のDr.と話が出来た。
症状を伝えたら救急車で来院する様にとの指示を受けたので、私が同乗して救急車で市大病院に行った。
MRI検査の結果は特に重篤な脳梗塞の所見は見られなかった。
時間経過とともに左腕は動くようになり多少の症状改善は見られたが、
半身麻痺の症状か出ていたのは事実なので、今日はとりあえずACU(急性期ケアユニット)に入院する事になった。
朝からずっと付き添っていたが、母と娘を主人が車で連れてきてくれたので、私も皆と一緒に一旦帰宅した。
これからもう一度、薬を持って病院に行きます。

昨夜、めぐちゃんがご主人の釣っていらしたお魚を分けて下さって、遅くまでかかって調理した。
今日食べさせるのを楽しみにしていたのに、残念F64B.gif

若草病院から退院したばかりで、又、入院は可哀想だから、早く退院出来るといいなぁ。

by kazu-chan1208 | 2013-11-10 17:04 | 家族 | Comments(0)
2013年 11月 06日

レモン塩

c0030950_9324759.jpg

c0030950_9324731.jpg

c0030950_9324789.jpg


同僚に教えて貰ったレモン塩。
9月に作ったのが無くなりそうなので今朝、又、作った。
父の病室にも水剤の投薬瓶に入れて冷蔵庫に置いてある。
不味い病院食もレモン塩を少し垂らすだけで風味が豊かになって食べられる事が多い。
この投薬瓶は昨年退社した薬局で使っていた物。
醤油などの調味料を病室の小さい冷蔵庫にこぼさずに保存するのは至難の技。
で、思い付いたのがこの投薬瓶。
恥を忍んで管薬に電話をかけ、買わせて頂けないか頼んでみたところ、無料で譲って下さる事に。
朝イチの忙しくなる前の時間帯に頂きに伺った。
懐かしい面々にもお目にかかれて良かった。
2個ばかり譲って頂けたらと思っていたのに、30ml・60ml・100mlの3種類を2本ずつ用意して下さっていて恐縮。
本当に助かった。

昨日から火曜日派遣先は8月まで行っていた2駅離れた薬局に戻った。
例のとんでもない事務さんが居たところ。
彼女のお陰で良い薬剤師が揃っているにもかかわらず、薬局の雰囲気は余り良くなかった。
彼女が嫌で、派遣もパートも続かなかったらしい。
で、問題の事務さんは移動になったのか辞めさせられたのかは知らないが、居なくなったので戻って来て欲しいと。
近いし、きちんとした薬局で働きやすいので勿論、快諾した。
昨日は連休明けで凄く忙しかったので薬歴の山が出来てしまい1.5時間の残業。
薬局を出たら8:30にもなっていた。
急いで帰宅し、旦那の夕食作ってから父の病院へ。
帰宅は10時半過ぎ。
流石に疲れました。
でも、一応退院が明日に決定F650.gif
退院したらしたで一寸大変そうだけど、父にとっても家が一番イイよね。

写真は昨日のランチ、サンラータンうどんセット。
ちっとも辛くも酸っぱくもなかったF7F5.gif

by kazu-chan1208 | 2013-11-06 09:32 | つぶやき | Comments(0)
2013年 11月 06日

卒業アルバム

c0030950_7103618.jpg

先日の同窓会に卒業アルバムを持参した子がいて大いに盛り上がった。
個人写真で皆がニッコリ微笑んでいるのに
私だけが怒った様に仏頂面でカメラにガンを飛ばしている卒業アルバムを見て
忘れていたその時の背景を思い出した。
当時、アルバムの個人写真の為にせっせと髪を伸ばしていた。
サラサラの直毛だったので卒業写真はワンレンにしたかったのだ。
で、写真を撮った後、元々無精な私はバッサリ髪を切ってショートヘアにした。
ショートヘアは似合ってなかったので内心「卒業アルバムにはワンレンで良かった」と思っていた。
ある日、大嫌いだった担任から呼び出されて「先日の写真は少し目付きが悪いので撮り直し」と言われた。
自分的には目付きだって悪くないし、ワンレンの髪も艶があってイイ感じだったので
「撮り直さなきゃダメですか?」と食い下がったが、担任 は
「お見合いの話が来て、相手先が調べてこの写真じゃまとまる話もまとまらないって事もある」とぬかしやがった。
で、渋々撮り直した1枚なの。
だからこれ以上ないってほどの怒り顔だし、カメラを睨み付けていて「少し目付きが悪い」どころの騒ぎじゃないの。
そのいきさつを話したら、みんなが「Kazu-chan。だけが笑ってない理由が分かってスッキリした」と大爆笑。
私にとっては思い出したくもない汚点だったけど、この歳になったら、何かどうでもいい事だぁね(笑)
写真は同窓会につけていった手作りネックレス。
同窓会の前日に仕事だったのだが、同僚が自分で作ったネックレスを皆に見せる為、持参していた。
スワロフスキーと黒のレースで作った個性的で素敵なの。
「明日の同窓会に何を着ていくのかもまだ全然決めてない」とぼやいたら
「良かったらこれ貸してあげるよ」と、自分もまた使っていないのにポンと貸してくれた。
で、タンスをひっくり返して、このネックレスにピッタリのトップスを見つけましたF6D2.gif
色々悩まずに済んで、その上、良いチョイスが出来て大満足(笑)

by kazu-chan1208 | 2013-11-06 07:08 | 友人 | Comments(0)