<   2016年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 26日

Yちゃん

ダイエー薬局の巡回薬剤師としてうちの薬局に2年程前から時々ヘルプに入ってくれていたYちゃん。
3月1日にダイエーからイオンに移管するので、昨日が最後のヘルプ勤務となった。
息子と同じ位の年齢だし、素直で何事にも一生懸命で責任感が強くて真面目。
仕事に対しても真摯だし、患者さんの気持ちに寄り添う向き合い方が出来る薬剤師だった。
若いのに偉いなぁと感心させられた事もしばしば。
こちらは子供と同年代なので、ついつい母親目線で「頑張り過ぎないでね。無理しなさんな」と言っていた。
この薬局は私と同年代の薬剤師が多いので、皆、Yちゃんには母親目線で接していたと思う。
と言うか、Yちゃんが良い子なので、皆、自分の娘みたいに可愛がっていた感じだった。
昨日は最後の最後に長引く投薬の患者さんが来局し、私が対応していたのだが、一旦調剤室に戻った時にYちゃんが眼を真っ赤に泣き腫らして同僚のHさんと話をしていた。
私は投薬中だったので、Yちゃんの頭を撫でて「あんまり泣かないで、又、会おうね」と言った。
投薬に戻って患者さんと対応している間にYちゃんは帰って行かれた。(片道2時間近くかかる遠距離通勤だし)
帰宅したらYちゃんからメールが来た。
身に余る様な感激するメールだった。
Yちゃんが皆に可愛がられたのは、とりもなおさずYちゃん自身の人柄の故だったんだよ。
「いつまでもYちゃんの親戚のおばちゃんスタンスでいるから、何かあったらいつでも連絡してね。頑張り過ぎちゃダメよ」という内容の返信をした。
以前の薬局でも子供と同年代の薬剤師が、辞めてからも時々相談のメールをくれたりしている。
そういうのは何だか嬉しいよね。
こんなおばちゃんでも頼りにしてくれるんだと思うと、もう少し頑張ろうかなという気持ちになる。

by kazu-chan1208 | 2016-02-26 07:02 | 薬局 | Comments(2)
2016年 02月 24日

父の足跡

c0030950_8142462.jpg

c0030950_8142567.jpg

c0030950_8142519.jpg

今朝の聖書箇所を読んで、いつもの様に父にプレゼントした榎本先生著の「一日一章」を読んだ。
今日の旧約聖書の箇所の「一日一章」には父の書き込みがあった。
聖書に書き込みは沢山している父だが、本には線を引いてはあっても書き込みは珍しい。
心臓病が発覚して、即決で私のマンションへの引っ越しを決めた父だったが、母が引っ越し間際になってから
「私は行かない。引っ越したければあなた一人で行けばいい」と言われた事を言っている。
自分が死んだ後の母を心配して引っ越す決心をした父だったが、その思いが母には全然伝わらない事を嘆いていた。
闘病中も、この時の母の反応にどれだけ傷付いたかを私に話した事もあった。
私はその話を聞いて、母を許せない思いに捕らわれているのだとしたら、父が可哀想だと切なくなった事もあった。
でも、今朝の父の書き込みを見て、父は母を許す事が出来たのだと分かりホッとして嬉しくなった。
そして、この書き込みは、最近の母の認知症の症状に傷付いていた私と娘に対しての父からのプレゼントだと感じた。

昨日は私自身の眼科と耳鼻科の受診。
花粉症の時期という事もあり、凄い混みようだった。
眼科では視野欠損が進んでいる右眼の白内障が進行しており、最近は業務にも差し障りが出て来ているので、秋にオペを受ける事になった。
今の見えにくさを思うと直ぐにでもオペして欲しい位だが、職場の人手不足や店名変更時の混乱を思うと無理なので。
帰り道、川沿いの河津桜が満開だった。





by kazu-chan1208 | 2016-02-24 08:14 | 家族 | Comments(0)
2016年 02月 21日

三渓園

c0030950_17301257.jpg

c0030950_17301210.jpg

c0030950_17301230.jpg

礼拝後、教会から直接三渓園に向かった。
2010年5月まで勤務していた薬局の患者さんが三渓園の盆栽展に出品なさっていて、今日が最終日だったから。

この患者さんはご高齢の男性で、肺癌を患っておられるにもかかわらず色々なボランティア活動をなさっていた。
ご自分の処方箋を持って薬局にいらっしゃる回数よりもボランティアとして来局なさっていた回数の方が多かった。
全盲の方の付き添いでいらした事もあった様に記憶している。
いつも優しい笑顔が印象的なおじいちゃまだったので、まさか癌を罹患なさっているとは思いもよらなかった。
その患者さんご自身の処方箋を投薬した時に初めて肺癌でいらっしゃる事を知り衝撃を受けたのを覚えている。

私達が全員、その薬局を辞めた後、暫くしてから「お疲れ様会をしよう」と管理薬剤師に声をかけて下さり、
薬剤師3人と事務さん1人で上大岡に集合して、その患者さんとご一緒にお茶を頂いた。
お茶だけで失礼するつもりだったのに、「昼だから昼御飯を食べよう」とランチまで御馳走になってしまい恐縮した。

癌を患いながらも毎日を前向きに生きておられ、社会との関わりにおいても積極的な姿勢に感銘を受けた。
患者さんの中でも、とても印象の強い方であったので、事ある度に思い出していた。

先日、友人がオーナーになった薬局に挨拶に顔を出した時に、この患者さんの情報を彼女から頂いた。
友人の薬局に三渓園での出品の葉書を持って来てくれたとの事で、今日、思い立って行く事にしたのだった。

最近、薬局の事、母の事、そして私の右眼の事(視野欠損が進んでいる上に白内障も進んでいて右眼がかなり見えにくい)等々、気持ちが凹んでしまう様な毎日なので、気分転換したかったし、何より、この患者さんのお顔を拝見して元気を頂きたかったのかもしれない。

嬉しい事にKさんは私を覚えていて下さり、会いに来た事を喜んで下さった。
そして、肺癌が肝臓に転移して、先日まで治療の為に入院なさっていたとは思えない笑顔を見せて下さった。
私は私で近況を報告して「今日はKさんにお会いして元気を頂こうと思って来ました」とお伝えした。
「Kさんとお目にかかれて元気が出た。お元気でいらして下さい」と言ったら「あなたもね、頑張りなさい」と。
Kさんの暖かさと優しさに涙が出そうになって困った。

人と人との出合いって本当に不思議だと思う。
私はKさんの全てを知っている訳ではなく、Kさんだって私の事を良くご存じな訳ではない。
でも、こんなに影響を受ける事もあるのだ。
人との出会いは凄い力と可能性を持っているものなのだなぁと感じた。

by kazu-chan1208 | 2016-02-21 17:30 | 友人 | Comments(0)
2016年 02月 19日

きついなぁ

ダイエーからイオンに変わるにあたって、増える事務処理と手続きの繁雑さにストレスは高まる一方。
しかし、人手不足は依然として解消されぬまま、皆がオーバーワークの状態が継続中。

そして、母の問題。
機嫌の良い時は良いのだが、自分で隠したとしか考えられない様々な物(化粧品、お金等)を「盗まれた」と思い込む。
その矛先は私や娘に向く。
私自身が疑われるのはまだ我慢出来るのだが、娘が泥棒呼ばわりされるのは、私にとって本当にしんどい。
今日も半日の仕事を終えて、私と入れ替わりに帰宅した娘に、母から何度も電話がかかってきて、
「化粧品が全部無くなった。あなたが盗った化粧品を返して!」と捲し立てられたらしい。
娘はどうして良いかわからず、職場に居る私にlineを送って来た。
直ぐに娘に電話して事情を聞いたが、母は凄い勢いで娘に食ってかかったらしい。
心配なので、仕事を少し抜けさせて貰い帰宅、娘から話を聞いて、末の弟に相談の電話をかけた。
今直ぐに私が顔を出したら修羅場になりそうだけど、かと言って、母を放置しておいて大丈夫なのかどうか。
取り敢えず弟が何も知らないふりをして電話をかけてみてくれる事になった。
弟の電話には落ち着いて出て、普通に喋っていたとの事。
差し当たり、さほど心配しなくても良さそうだから、一旦職場に戻る事にした。
夜、帰宅時に実家に寄るのが凄く嫌だったのだけれど、寄ってみたら、割りと落ち着いていたので。
いずれにしても、先行きの事を真剣に考えなくちゃ。
グループホーム等の待ち状況もなかなか分からないから、順番待ちに登録だけしておいた方が良いかなぁ。

by kazu-chan1208 | 2016-02-19 01:15 | 家族 | Comments(0)
2016年 02月 16日

友人

c0030950_12233948.jpg

c0030950_12233914.jpg

c0030950_12233991.jpg

今年1月から薬局オーナーになった友人から、朝早くに連絡あり。
ホントは一番に挨拶に行きたかったところだが、パート先の人手不足やら、何やらで行けずじまいになっていた。
今日なら午後からの勤務前に顔を出せると思い立って出掛けた。
9時半には友人の薬局に到着。
時間が過ぎるのも忘れて延々と積もる話をした。
時間切れで仕方なくおいとましたけど、もっとお喋りしていたかったなぁ。
帰り道に通るデパートのディスプレイ。
先日とは又、変わっていた。
こんな短期間にも変えるんだ。

by kazu-chan1208 | 2016-02-16 12:23 | 友人 | Comments(0)
2016年 02月 16日

夜明け

c0030950_6274261.jpg

毎日少しずつ、明るくなる時刻が早くなっている。
今朝は6時でこんなに明るい。

管理薬剤師が1月初めに辞めてから、人員補充も無く、パート4人のみでまわしていくしかなかったし
おまけに棚卸しもあったので、私達の就業時間は契約を大幅に上回ってしまっている。
昨日が〆だったのだが、4人とも正社員の規定時間より長く働いている事になった。
私達はそうなる事が分かっていたから、「このままいくと時間オーバーになるが、現状では致し方ないですよね」と
上司に報告と確認を入れていたのだが、上司が「店長の許可が出るかどうかはまだ未確認」と答えたのに皆、激怒。
許可が出るも何も、介護や子育てなど、それぞれの事情があってパートで働いているのだし
今回、就労時間が大幅にオーバーしたのだって、働きたくて働いていた訳ではない。
人が減って業務が回らないのを回避する為に、皆が無理無理に都合をつけて出勤せざるを得なかったという結果である。
店長の許可も何もないだろが!
許可されなかったらどうだと言うのだろう。
余りにも現場を把握していない言動に、皆がボンバーしてしまった。
今月末には社名変更も控えていて、通常業務以外にやらねばならない事項が山積しているので、今月もヤバいのに。
就労時間オーバーをとやかく言われるなら、薬局がまわっていかないのを分かった上で、出勤しませんけど?
そしたらどうなさるおつもりでっか?

組織って大きくなればなるほど、現場が分からなくなるんかね、最悪(´д`|||)
同僚全員が体力的にも限界を感じつつある昨今。
私達にも早く明るい夜明けが来て欲しい。


by kazu-chan1208 | 2016-02-16 06:27 | 薬局 | Comments(0)
2016年 02月 14日

暴風雨

c0030950_1441284.jpg

c0030950_1441256.jpg

c0030950_1441214.jpg

今朝の暴風雨はホントに酷かったですね。
あの風雨の中、娘はレセコン刷新の講習会に出席する為、東神奈川のイオンまで朝早く出掛けて行った。
ホントに大丈夫か?と心配になる程の強風だったが、どうにか無事に到着したらしい。
私は教会。
友人の御主人が車を出して乗せて下さるので助かります。

教会1階受付の花が可愛かったのでパチリ。
ロビーのテーブルに飾ってあった花も素敵。
こういう風にアレンジメントのセンスがある人は羨ましいね。

ランチはダーリンと2人だけなので簡単にパスタとサラダだけ。

by kazu-chan1208 | 2016-02-14 14:04 | つぶやき | Comments(0)
2016年 02月 11日

フレンチトースト

c0030950_652414.jpg

普段はダーリンの出勤の都合で5時半に起きる。
今朝は休みだからユックリ寝ようと思ったが、習慣で目が覚めてしまうものなのね。
ダーリンはいつも通りのトーストにジャムとコーヒーなのに、私はフレンチトーストが食べたくなって。
フレンチトースト、小さい頃に母が良く作ってくれた。
母の作るフレンチトーストが大好きだった。
で、子供が産まれて未就園児の頃、彼等の朝食に毎日の様にフレンチトーストを作った。
お陰でうちの子供達はフレンチトーストは食傷気味らしく、好きではありません(笑)
たまに食べる程度が美味しいんだね、と今なら分かる(爆)

by kazu-chan1208 | 2016-02-11 06:52 | つぶやき | Comments(0)
2016年 02月 10日

又……………

c0030950_6374160.jpg

昨夜、母のところに顔を出した時に、又、問題が再燃。
・先週はお金を少ししか貰っていない
・1週間ずつではなく、今まで通りに1ヶ月分をまとめて渡して欲しい
・財布、お金、化粧品、爪切りなどが次々に無くなるのはおかしい
・物は無くなるわ、お金はキチンとくれないわ…情けなくて死んでしまいたい、自殺してやる
何度も言っていて、その度に何度も説明している事を次から次に言い出した。
「お金はまとめて渡したら何処かに無くなっちゃった事が昨年の暮れにあったから小分けにしか渡せない」
「先週もちゃんと決めた額だけ渡している」
「化粧品とか爪切りとか、あなたが自分で何処かにやってしまったのであって、私も娘も一斎触っていない」
と私が説明すると「自分はちゃんとしてるから大丈夫だし、私のお金なんだから私の言う通りにして!」と感情的に。
挙げ句の果てに財布とお金をテーブルに叩き付けて、キーファインダーのボタン電池が外れてぶっ飛ぶ始末。
どう説明しても分かって貰えないし、母の表情には私に対する憎悪まで感じてしまい、情けなくて涙が出た。
私が暫く声を殺して泣いてから、デイサービスに支払うお金の準備等をしていたら少し落ち着いた様子の母。

折角リフレッシュしてきたのになぁ。

今日は末の弟が来てくれる。
私は今日は仕事なので。
魚の目が痛いから皮膚科に受診したいと言っているので、弟に連れて行って貰う事になった。
弟には母の様子は逐一伝えてある。
弟が私とは違った対処法で接して、母のニュートラルコーナーになってくれたら良いのではないかと思う。

by kazu-chan1208 | 2016-02-10 06:37 | 家族 | Comments(0)
2016年 02月 09日

戦利品

c0030950_1935207.jpg

開き直って遅くなりついでにflying tigerにも寄り道した。
大人の塗り絵はミュージアムショップで購入。

by kazu-chan1208 | 2016-02-09 19:35 | 買い物 | Comments(0)