タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 03月 15日

3/15 火   もうすぐ春

夕方になって、少し風が強くなったものの
日中は日差しも暖かくて、すぐそこまで春が来ていると感じられるような一日。

今日はRKY。
町を歩いている人は多いが、あまり忙しくはなかった。
特に夜が暇だ。


春眠暁を覚えず・・・と言うが、私も眠くて仕方がない。
特に運転中!←やばい!!!

とにかく、春は眠いのだ。

賄いはマッシュポテトとロールキャベツだった。
家で作るのと一味も二味も違う。
やはり決めてはソースか?
c0030950_23243837.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-15 23:25 | 料理 | Comments(0)
2005年 03月 14日

3/14 月   多忙

薬局、今日はメチャメチャ忙しかった~。
花粉症の患者が爆発的に増加、加えて、まだインフルエンザも下火にならず。
待合のソファーは殆どズーッと、薬待ちの患者で埋まっていた。
調剤しても調剤しても、次から次へ新しい処方箋が来る。
お願いだから、ちょっと一息つかせてよ~!と思いながら一日が終わった。

こういう状態では、正直言って、ゆっくり丁寧な投薬をするのは難しい。
出来るだけ患者さんと話をしたいと思っていても、
ズーッと待っている患者さんの視線を感じながら
一人の人に長々と時間をかけられるほど、人間が開き直っていない。
特に患者さんの方から質問事項などがなければ、
一応の薬の説明だけで済ませてしまう。
あまり、良くない傾向だ。

患者さんの立場になって考えると、どうなのだろう。
待ってもいいから、ゆっくり丁寧な説明を聞きたい人もいるだろうし
しつこく説明しなくてもいいから、一刻も早く薬を貰いたいという人もいるだろう。

こちらの立場としては、患者さんがどんなに急いでいても
副作用で気を付けなければならない薬や、併用注意が沢山ある薬などは
嫌がられるのが分かっていても、時間をかけて、ゆっくり説明したい。

ケースバイケースと言っても、譲れない最低ラインはあるものだ。
臨機応変に、尚且つ適切に、薬剤情報を伝えることの出来る投薬を目指したい。


薬剤情報も、薬局によって少しずつ違うようだ。
写真は3/12の「コメント」に出ている“テオフィリン製剤”に関して
うちの薬局で患者さんに渡している薬情報。
これを読んでいたらJunちゃん、もっと早く副作用だと気付いたでしょ?
c0030950_2304464.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-14 22:54 | 薬局 | Comments(8)
2005年 03月 13日

3/13 日   ゴールイン?

RKY開店時刻の11:30に予約が入っていたので、いつもより早めに出勤。

予約は一月ほど前に4人で来店なさった方だった。
その時は、彼が彼女を自分の両親に引き合わせた・・・という感じだった。
今日は彼女の両親が彼の両親と初顔合わせ・・・というところか。

うちの店では結構こういうシチュエーションは多い。
多くの場合は、最初はどちらかの両親と若いカップルで来店し、
次回は両方の両親と若いカップルで・・・といった具合に展開する。

こういう時は、なんだかこっちまで緊張してしまう。
どうぞ、上手く行きますように!という思いで接客させていただく。
粗相があって、顔合わせが台無しになっちゃうと大変なので、
尚更余計に緊張するのだと思う。

そして、気付いた事!
カップルのそれぞれの両親ってなんとなく共通項がある!
第一印象は、「全く別物?」と思っても、お食事が進むうちに
どちらの両親にも共通する雰囲気というか、家庭の雰囲気というか
そんなものが感じられるようになる。

生まれも育ちも全く違う2人が出会って恋に落ちる。
その時点で、自分と何らかの共通項を感じ取って恋に落ちるのだろうか?

以前、本で読んだが、女性が男性を選ぶ時に、
無意識に自分の父親の体臭に似た匂いの男性を選ぶらしい。
しかし、父親と同じ匂いの要素が強すぎると、
今度はその男性は非選択グループに入ってしまうらしい。
「匂いに類似項が多すぎる=遺伝子が類似している可能性がある」からだとか。
遺伝子があまりに似通っていると、優良な子孫が残らないからだ。
(近親婚が敬遠されるのはこのため)
それでも、全く違う匂いのグループ同士は魅かれ合わないという。
共通項と非共通項の絶妙なバランスが大事らしい。

男女の仲、ていうか、人間て不思議だ。

# by kazu-chan1208 | 2005-03-13 23:59 | RKY | Comments(3)
2005年 03月 12日

3/12 土   心配性?

今日は13時まで薬局勤務。
夕方から、ダーリンは大学のOB会に出席のため、外出。
夜、RKYに両親を迎えに行って23時帰宅。
まだ、ダーリンも息子も帰っていなかった。

息子は今日は事務所の引越しのバイトという事で、朝6時に家を出た。
武蔵溝の口での仕事らしい。
作業着、ゴム張り軍手、カッターは自前で用意との事。
ポスティングならそんなに心配しないが、引越しとなるとチョット心配。
重い荷物もあるだろうし、ギックリ腰なんかにならないだろうかとか、
カッターで怪我をしないだろうかとか、
引越しの荷物を破損してしまったらどうするんだろうかとか・・・
「私、おバカ?」と思うほど心配してしまった。

23:20にやっと息子が帰宅。
「怪我しなかった?荷物重かった?大変だった?疲れちゃった?」
と、矢継ぎ早に質問の嵐。
息子はあきれ顔で
「一体なんでそんなに心配するの?ノープロブレンだよ」と答えた。
確かに・・・なんでだろう?

息子が幼稚園に入って、初めてのお使いに行かせた時の事を思い出した。
家の目の前のプランタン(今はダイエー)でミルクを買って来てもらったのだが、
本当に心配で、行かせようかどうしようか、大分悩んだのを覚えている。
息子がエレベーターに一人で乗ってバイバイをして降りて行くのを確認すると
北側のベランダに出てエントランスから息子が出てくるのを確認。
走って行く息子を12階から目で追って、今度は南側のベランダへ移動。
ピロティーから出てくる息子が横断歩道を渡って、プランタンに入ってしまうと
出て来るまでベランダで待機。今か、今かと息子の姿を捜す。
やっと出て来た息子が車道を無事に渡り終えたのを見て
ホッと胸を撫で下ろしたのを覚えている。
息子が無事に玄関に帰って来た時は、感無量で涙が出ちゃった。
あの時も、自分でも可笑しくなる位心配した。

過保護とか、心配性とか、ご意見は色々あると思うが
子供が体験する最初の経験は、親にとっては心配なものだと思う。
心配の程度に個人差はあるだろうけど・・・。

あまり色んな事を心配ばかりするのは良くないと分かっているし
なるべく心配しすぎない様に気をつけてはいるのだが、これも性分なのだろう。

考えてみたら、もう20歳の息子である。
私もそろそろ「心配性の親」である自分から卒業しなくちゃいけないかな。

でも・・・子供って幾つになっても親にとっては「子供」なんだよね。

# by kazu-chan1208 | 2005-03-12 23:59 | 家族 | Comments(9)
2005年 03月 11日

3/11 金   ネカフェ 初体験

昨日の夜から何故かネットが繋がらなかった。
今日17時注文期限の生活クラブ(生協)の注文をネットでしなくちゃいけないので
朝、起きてからずっとパソにしがみついていたが繋がらない。
自分の注文だけならイイが、ご近所の方の注文も含まれているから困る!
「どうしようか?」と悩みつつ、RKYに行く時刻になってしまった。

仕方なく、注文書を持ってRKYに向かった。

昼休み、思い切ってネカフェに入った。
初めての事で勝手が分からないので、受け付けの青年に
「ネットで生協の注文とかも出来ますか?」などと的外れの質問をしてしまった。
とりあえずオープンシートで30分160円と言う事なので席に案内してもらう。

ズラッと若者が並んでパソコンに向かっている。
ゲームをしている人、ネットサーフィンをしている人、
勉強(?)している人、寝てる人・・・
それぞれが、30センチ隣に座っている人の存在など無いかの様に
自分の世界に入り込んでいる。
慣れないせいか、ちょっと異様に感じた。

席に座ってパソをONにしようと思ったのに、スイッチが見つかんない!
「さいっしょっから、ヒエェ~だわぁ~」と焦ったが
ふと左隣を見ると聖光学院の制服を着たボクちゃんが・・・。
オバハンの図々しさで、恥ずかしげもなくボクちゃんに話しかけた。
「済みませんが、スイッチは何処でしょうか?」
ボクちゃんはニッコリしながら、「あっ、コレです」と
頭上に設置してある本体のスイッチを入れてくれた。
「あらぁ~、そんな上にあるなんて、気がつかなかったわぁ~」などと
間の抜けた事を言ってしまった。オバハン、痛いよ!

漸く生活クラブのHPを検索して、“ネット注文”をクリック・・・すれども
画面が真っ白になっちゃって出て来ない。
何度もトライしたが駄目だった。

受付に戻り、事情を話すと「他のパソからなら繋がるかも・・」と言われ
今度は「個室」の方に案内された。
益々、怪しい雰囲気である。
オバハンは内心ドキドキだ。
「やり方が間違っているといけないので、見ていていただけますか?」と
これまた図々しいお願いをスタッフの方にして、再度トライ。
繋がりました~~~!で、無事注文完了!!!

料金は160円でいいと言われ、ラッキー!

「ネット注文」という大義名分が無ければ入ることも無かったであろう
ネカフェ初体験をしてしまったKazu-chan。でした。

でも、もう、二度と行くこともないだろうなぁ~。


今日の賄い、そんなに暇ではなかったのに、豪華にステーキでした。
c0030950_049899.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-11 23:59 | 趣味 | Comments(7)
2005年 03月 10日

3/10 木   オフ???

今日はRKYに行くつもりだったが、両親が行ってくれると言う。
それでも、最近、父が疲れ気味なので、断って私が行くつもりでいたのに・・・。
昨日、薬局で在庫が不足して患者さんにお渡し出来なかった薬を
入荷次第、患者宅に届けなくてはならなくなったので
仕方なく、RKYには両親に行ってもらうことにした。

午前中は家事をしながら、薬局からの入荷の連絡待ち。
午後、薬局に行って、お約束通り、ボーナス話題で盛り上がってから
車で患者宅に薬をお届けした。

夜は両親を迎えに行くので、早めに夕食の仕度をしていたら
珍しく19時過ぎにダーリンご帰還となった。(直帰)
夕食を整えて、20時過ぎにRKYに向かった。

帰宅23時。
明日はダーリンの誕生日なので、
またまた真夜中にバースディーケーキを作った。

深夜のハッピーバースディー。
この前、息子の誕生日も確か深夜にケーキを食べたなぁと思いながら
又、同じパターンでした。

今回のケーキは抹茶。
トッピングは砂糖漬けにした苺です。
例の如く、手抜きの「切り株ホールケーキ」でした。
c0030950_023993.jpg
c0030950_14291042.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-10 23:43 | お菓子 | Comments(4)
2005年 03月 09日

3/9 水   花粉爆発!

今日は薬局勤務。
昨日からの異様な暖かさのお陰で、花粉の飛散が爆発的だったらしい。
皮膚科、アレルギー科、耳鼻科、眼科、小児科、内科・・・
軒並み花粉症の患者で溢れかえった。
来る処方箋、来る処方箋、どれも抗アレルギー薬のオンパレード!
在庫が無くなってしまいそうでヒヤヒヤした。

マッタリ水曜日の筈なのに・・・目の廻る忙しさ。
疲れた~~~!

そうそう、2月分の給料、今日もまだ入金せず終い。
午前中に銀行に記帳しに行って、入金されていなかったので、イケメン社長に
「どーなっとるんじゃ~~!ごりゃぁ~~!」とメールを入れた。

その返事は?というと
「明日の朝には2月分の給料と、昨年の夏のボーナスを入金します」
・・・・・って、こういう話を聞いたの、もう何回目?っていう感じなんですけど・・・。
又、ガセネタかぁ~?

さて、明朝9時半、
私は笑っているでしょうか、それとも、泣いているでしょうか?

梅の花も満開になった。
c0030950_23113086.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-09 23:15 | 薬局 | Comments(6)
2005年 03月 08日

3/8 火   春?

今日は朝から本当に気持ちよく晴れて、春の訪れを間近に感じる事が出来た。
RKYの一日。

春の陽気のせいか、頭がボーッとしている。
行きの車中では猛烈な睡魔に襲われて、運転がこわかったし、
RKYでは会計を2度も間違えてしまった。
かなり集中力が低下している。

明日、薬局で間違いを起こすと大変なので、今日は早めに休む事にしよう。

そう言えば、今日入金される筈の給与、入ってなかった・・・。
ショック!!

# by kazu-chan1208 | 2005-03-08 22:53 | つぶやき | Comments(2)
2005年 03月 07日

3/7 月   困!

今日は薬局の日。

薬局のオーナーはチョビットイケメン、身長180㎝の青年実業家である。
どれ位のイケメンかというと、私的考察では
「元少年隊の東山紀之」+「市川染五郎」+「読売巨人軍の河原純一投手」÷3
といったところか?


で、薬局だが、今月も給料遅滞である。
てか、2月分の給料が、まだ振り込まれていない。
ホントの給料日は25日だ。
2週間遅れという事もざらである。

先週の話では今日、振り込まれる筈だったのに、Xだった。
一体、どうなってるんだぁ~!

実はココだけの話(?)昨年分のボーナス(夏と冬)も、頂いていない。
ホントに、ホントに、一体どうなってるんだぁ~~~!!!

こんな状況であるにもかかわらず、誰も辞めない。
人間関係には、とても恵まれているのが、辞める人の出ない原因だと思う。
何処にいっても多少の人間関係の難しさは付き物だ。
仕事の事より、職場の人間関係で悩む人も多いと思うが、その煩わしさがない。
「煩わしさがない」という消極的な表現では正確ではない。
学ぶべきものが多くあるので、それらをなくしてしまうのが勿体ないのだ。

しかし、流石にココまで来ると、
「就活も考えておいた方がイイのかも・・・」と、みんな思い始めているようだ。

さて、私はどうするかなぁ~?               

# by kazu-chan1208 | 2005-03-07 22:29 | 薬局 | Comments(5)
2005年 03月 06日

3/6 日   貸切

今日はRKYで17時より父の友人の三回忌の予約あり。
予約の人数が多かったので、1階はディナータイムは貸切にした。

父は教会をお休みして、朝からRKYに来ていた。
とても仲の良い、父が尊敬している友人だった。
友達の三回忌・・・どんな気持ちだろう。


今日も車を使えない日。
帰りの電車で寝過ごしてしまって、帰宅が余計遅くなった。


c0030950_23292594.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-06 23:22 | RKY | Comments(0)
2005年 03月 05日

3/5 土   喜!

13時まで薬局。
帰宅するなり、「警察に行ったら、財布を拾ってくれた人が届けてくれていた」
と息子が嬉しそうに報告してきた。

まさか、出てくるとは思っていなかったのでビックリした。
拾ってくれたのは高校生(男子)だったらしい。
「お礼を受け取る権利は放棄します」との事であった。

息子は警察の人に連絡先を聞いて、お礼の電話をしたらしい。
拾ってくれたご本人はまだ学校から帰っていないので
親御さんにお礼を言ったとの事。

本当にイイ人っているんだなぁ~。
高校生というのも何だか嬉しい。
「今時の高校生は…」とか、「若いもんは…」とか言っちゃいけないね。
                                ↑私も単細胞だ。

何はともあれ良かった、良かった!

夕方からRKYに行った。
c0030950_22475194.jpg

明日も降雪の予報が出ている。

# by kazu-chan1208 | 2005-03-05 22:48 | 家族 | Comments(5)
2005年 03月 04日

3/4 金   雪

予報通り、朝起きたら一面の雪景色。
かなり強く降っていた。
湿った雪なので、路面がシャーベット状になっている。
車で行くのを断念して、電車でRKY向かう。
c0030950_804533.jpg


雪は昼過ぎにはやんだ。
しかし、気温がグッと下がってきて、底冷えのするような寒さだった。
客足は少ない・・・。
賄いは、法則に従って、豪華であった。
天丼(キュウリウオ、海老、なす、かぼちゃ、しし唐、エリンギ)、アサリの味噌汁
c0030950_81221.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-04 23:59 | 料理 | Comments(2)
2005年 03月 03日

3/3 木   アホ息子

22時過ぎに冷たい雨の中をRKYから帰宅。

なにやら息子がバタバタ騒いでいる。
部屋で何かを探している様子。

一体なんだろうと思ったら、財布が行方不明らしい。
19時過ぎに駅前のコンビニで買い物をした所まではあったという。
コンビニに電話で聞いてみたが、なかったらしい。

怒りながら部屋中ひっくり返して捜している。
(そりゃぁ、アホな自分に腹も立つよね)

中味は7000円位の現金と、TUTAYAのカード、etc…。
幸いな事に保険証は入れていなかったみたいだ。

昨日のドアの修理代に続いて、自分の失敗から、又、所持金が減ったわけだ。
(こういうの、「身から出た錆」って言う?てか、「泣きっ面に蜂」かなぁ?)

あっ、今、「外を歩いてくる!」って言って出て行っちゃった。
少し冷たい風に吹かれて、頭を冷やすのもいいのかも。

今朝のテレビの星座占いでは、君は一番ラッキーな星座だったけどねぇ~。
残念っ!!!!!

# by kazu-chan1208 | 2005-03-03 23:33 | 家族 | Comments(9)
2005年 03月 02日

3/2 水   オフ

今日は薬局に有給休暇を貰った。
天気も良くって気持ちがイイ。
日頃出来ずに溜まっている家事を片付けるには絶好の日和だ。
明日からは雪の予報も出ているらしいので
今日中に洗濯出来るものはやっつけてしまおう。

一昨日、息子が蹴っ飛ばして閉まりが悪くなっていた玄関ドア。
先ほど修理に来てもらった。
修理時間3分。
アッと言う間に元通り!

¥8,000也!!!
   ↑もちろん、コレは息子のバイト代から支払い

我家ではこの修理やさん、実は4回目の出動依頼である。
1回目:小学2年生だった息子が帰宅時、私が不在だった。
     鍵を持っていない彼は、友達との約束時刻が迫っていて、
     どうしてもドアを開けたかった。
     「三角定規で鍵が開くんじゃないか?」というバカげた妄想にとりつかれ
     鍵穴に三角定規の鋭角を差し込んで、中で折れてしまった。
     帰宅した私に爆弾を落とされのは言うまでもない。
2回目:私がボンバーして「お母さんはもう家出する!」と言ってドアを蹴った。
3回目:娘がボンバーして登校時にドアを蹴った。
そして今回が4回目だ。

ん?・・・と言うことは・・・・・・
まだ、ドアを蹴っていないのはダーリンだけ?
c0030950_11265156.jpg

午後、まつ毛パーマして来ちゃった。
c0030950_20242723.jpg

アラが目立つから、画面は小さめネ。

# by kazu-chan1208 | 2005-03-02 11:34 | 家族 | Comments(9)
2005年 03月 01日

3/1 火   事実は小説より奇なり

接客していると、思いもかけない場面に遭遇する事がある。

仲の良さそうなカップルが来店した数日後に
女性の方が違う男性と一緒に来店。
同じ様に、というか、その時以上に仲良さげだったり・・・。

平日に風俗のおねーさんと一緒に食事に来るおじさんが
週末には家族と一緒に楽しそうに食事したり・・・。
(それも、子沢山だったりする。)

お客様のプライベートを詮索する気は毛頭ないし
とやかく言うつもりも全然ない。



でも「人ってわっからないもんだね~」とは思っちゃいます。

息子よ、娘よ、勉強って机の上でだけするもんじゃないんだよ。


今日の賄いはビーフシチュー、人参とキャベツのコールスローサラダだった。
なんだか、食事日報だか日記だか分かんなくなってきちゃってます。
c0030950_23423465.jpg


# by kazu-chan1208 | 2005-03-01 23:43 | RKY | Comments(0)