人気ブログランキング |

タワゴト日記

zumizumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:親戚( 41 )


2018年 12月 11日

叔母 葬儀

c0030950_22352751.jpg

先週、母のすぐ上の姉(私の叔母)が亡くなった。
鎌倉の叔父、千葉の叔母と2週間続けての訃報。
今日は寒い中、千葉の新検見川まで葬儀に参列する為に母を連れて出掛けた。
当初、90歳になる母には千葉までの電車での外出は無理だろうから、私だけで伺うつもりだった。
でも、どうしても参列したいと言う母の気持ちを尊重して一緒に行く事にした。
朝9時半に家を出て、帰宅は午後8時過ぎ。
帰りは帰宅ラッシュにぶつかったので、横須賀線で逗子まで行ってしまい、新逗子から戻る経路で帰宅した。
時間はかかったが座る事が出来たので良かった。
立て続けの訃報で寂しく悲しい気持ちは否めない。
しかし、葬儀の度に親族が集まって、思いを共有する機会が密にあったのには、得難い体験をしたという感覚が残った。
帰宅したら昨日の活海老を娘が調理してくれていた。
やってもやっても、まだある」と、LINEで悲鳴をあげていたが、結局、塩焼きとブイヤベースにしたみたい。
連日の上げ膳据え膳、ありがとさん。



by kazu-chan1208 | 2018-12-11 22:35 | 親戚 | Comments(0)
2018年 12月 02日

叔父 お別れ会

先週のお泊まり会の後に、鎌倉の叔父のお見舞いに母と叔母達と一緒に行ったのだが、金曜日未明叔父は亡くなった。
水曜日には喋る事こそ出来なかったが、母達の声に反応して笑顔を見せてくれていた叔父。
いつも大きくて、カッコ良くて、ダンディーで、優しくて、包容力があって、人を引き付ける魅力に溢れた叔父だった。
求心力があって、カリスマ経営者でもあった。
物事に一生懸命取り組む人だったし、そして誠実な人だった。
姪の私が言うのも身内贔屓になるが、人間としての品格がある人だった。
早い話、幼い頃から私にとって叔父は憧れの人だったのだと思う。
従姉弟達が本当に頑張って両親の介護を献身的にしていた。
愛しい叔父に「有り難う」の言葉を送ります。
そして、愛する従姉弟達には「本当に良く頑張りました。お疲れ様でした」と声をかけて抱き締めたい気持ちです。

母を鎌倉に連れて行く為、ダーリンが今日1日、車を出して付き合ってくれた。
ダーリンと結婚する事になった時、真っ先に鎌倉の叔父に紹介したくて連れて行った。
その時、叔父が鎌倉の市場に自ら出掛けて仕入れて来たという鰯でお刺身を作ってご馳走してくれた。
もう37年も昔の事なのに、何だか、昨日の事の様に鮮明に思い出せる。
隆おじちゃん、本当に有り難うございました。

by kazu-chan1208 | 2018-12-02 20:45 | 親戚 | Comments(0)
2018年 11月 28日

お見舞い

今朝早くに母を迎えにロイヤルパークホテルに向かった。
昨日、帰宅したら弟から電話があった。
鎌倉の叔父(母の弟)が入院中なのだが、厳しい状況との連絡だった。
東京から出て来ている叔母もいるので、この機会に皆で叔父のお見舞いに行く事になった。
11時にチェックアウトして桜木町駅からJRで大船に行き、そこからタクシーに分乗して病院についたのが12時過ぎ。
面会時間は1時からとの事なので、ロビーで時間をやり過ごし、叔父の病室へ。
8月末に叔母が亡くなって、叔父の鎌倉の自宅に伺った時にはしっかりしていて、積もる話を沢山したばかりなのに。
叔父は益々痩せられて、小さくなってベッドに横たわっておられた。
いつも大きくてダンディーな叔父だったのにと思うと胸がつまった。
母達姉妹の言っている事はしっかり分かっていらっしゃる様子だが、喋る事は出来ない。
暫くは代わる代わるに叔父に話しかけていたが、叔父を疲れさせてしまってはと、後ろ髪引かれる思いで退室。
少しでも状況が好転して欲しいと願いつつ、余り辛い状態が長引くのは本人がしんどいのかもしれないと、悲しくなる。
病院を出て大船駅に戻ったのはもう2時を過ぎていた。
駅のルミネで遅いランチを取り、そこから叔母達と別れて逗子経由で帰宅した。
昨日からの怒涛の流れに身を任せてきたが、帰宅した途端、何だかメチャクチャ疲れたなぁと今更ながらに感じた。
私でさえこんなに疲れたのだから、母をはじめとする4人のオババ達はどれほどに疲れてしまったろうかと心配になった。
叔母様方、どうぞ今夜はユックリ休んで疲れをスッキリさせて下さいませね、と心の底から思います。

by kazu-chan1208 | 2018-11-28 19:06 | 親戚 | Comments(0)
2018年 10月 09日

女子会 料理その2

c0030950_7373122.jpg

c0030950_7373175.jpg

c0030950_7373249.jpg

美味しい手作りのお新香とご飯(画像無し)の後はデザートのマンゴープリン、ミルフィーユ

by kazu-chan1208 | 2018-10-09 07:37 | 親戚 | Comments(0)
2018年 10月 09日

女子会 料理その1

c0030950_7312357.jpg

c0030950_731246.jpg

c0030950_7312484.jpg

昨日は薔薇会の叔母の家で毎年恒例の女子会。
従姉妹のうち、一人は風邪で来られなかったのが残念。
叔母夫婦の温かいおもてなしと美味しいお料理、そして楽しいお喋りで時間が経つのも忘れ、夕方遅くにおいとました。
叔母は本当に料理が上手い。
加えて、新しいレシピに対しての意欲が半端無い。
毎年お邪魔しているが、同じメニューが出た試しが無い。
昨日も「一度ミルフィーユを作ってみたかったの」と出してくれたデザート、メチャメチャ美味しかった。
勿論パイ生地から手作りしたとの事。
叔母より10歳程若い私であるが、この歳になると新しいレシピに挑戦する気持ちが萎えるというか、マンネリ化?
数少ないメニューバリエーションをグルグルしている現実を反省して、見習わなきゃと痛感した。
早速、凄く美味しかった茄子のテリーヌのレシピをご教授頂いた。
食後には叔母夫婦の4歳のお孫ちゃんも来てくれて可愛いダンス(クイーンの曲に合わせた創作ダンス)を披露してくれた。
来年の女子会も楽しみにしてます(^-^)v

by kazu-chan1208 | 2018-10-09 07:31 | 親戚 | Comments(0)
2018年 08月 30日

鎌倉

c0030950_15425734.jpg

c0030950_1542587.jpg

c0030950_15425841.jpg

親戚に訃報あり。
今日は休み貰って母を叔父が住む鎌倉までバスで連れて来ました。
悲しい席ではありますが、久し振りに叔父や叔母達に会えるので、母は嬉しそう。
亡くなった叔母(叔父の連れ合い)は優しくておおらかな女性でした。
子供の頃から叔父夫婦には大変お世話になっていました。
叔母はカトリック、叔父はプロテスタントのクリスチャンでした。
遺族の上に主の慰めと平安があります様に。

叔父宅を失礼してから叔母達と鎌倉駅まで戻り、鎌倉アスターで遅いお昼を頂きました。

これから暑い中、又、バスに揺られて帰路に付きます。
母が疲れも見せずに居てくれるのが有り難いです。

by kazu-chan1208 | 2018-08-30 15:42 | 親戚 | Comments(0)
2018年 06月 28日

北斎美術館

c0030950_2263928.jpg

c0030950_226406.jpg

c0030950_2264077.jpg

昼過ぎに従姉と両国駅で待ち合わせて、ベトナム料理でランチ。
それから暑い日差しの中、歩いて北斎美術館へ。
先ずは常設展示を見てから「ますむらひろしの北斎展」
凄く面白かった。
原画とアタゴオル化した絵を見比べる楽しさが、まつむらひろしさんの解説を読む事により、何倍も増幅させられる。
そして、解説を読めば読むほどに、北斎の尋常ではない才能と絵師としての気迫、熱い心意気を感じた。
やっぱ、北斎さんはすげぇなぁ〜という、至ってシンプルな感想に辿り着く。

美術館を出て、お茶をした。
沢山笑って、ちょっぴり泣きそうにもなって…本当に楽しかったしリフレッシュ出来た。
従姉に感謝、感謝。

帰路は帰宅ラッシュとぶつかって久々の満員電車だったが、途中で各駅停車に乗り換えてチンタラ帰って来た。

おみやはポストカードとアタゴオル博物誌、ますむらひろし北斎ぬり絵。

by kazu-chan1208 | 2018-06-28 22:06 | 親戚 | Comments(0)
2018年 05月 23日

母の姉妹会

c0030950_1923079.jpg

先週、叔母から連絡が入り、母のお見舞いを兼ねて姉妹3人で実家に来てくれるとの事。
私は仕事の日だが、母一人では接待も出来ないので、同僚に明日の公休日と交代して貰った。
ダーリンもたまたま休みを取っていたので、姉妹会をするなら折角だから葉山「海狼」でランチしようという事に。
11時過ぎに実家に到着した叔母達と母を乗せてダーリンの運転で出掛けた。
父が存命中には結構頻繁に来ていた海狼だが、父が亡くなってからは少し足が遠退いていた。
天候が悪かったので、窓からの眺めはいまいちで残念だったが、相変わらず美味しい中華を堪能した。
帰宅後は実家でティータイム。
叔母手作りの美味しい黒糖ワラビ餅と、今朝大急ぎで作ったスポンジケーキで楽しいお茶の時間を過ごした。
母の姉妹達は本当に仲が良く、お互いに思いやりに満ちている関係だと、改めて実感し頭が下がる思いがした。
ママ、ホントに幸せ者だね。
叔母達に改めて感謝。

by kazu-chan1208 | 2018-05-23 19:02 | 親戚 | Comments(0)
2018年 04月 19日

3姉妹

c0030950_18521362.jpg

c0030950_18521381.jpg

今朝、突然に思い立って、母の姉妹2人に声をかけて上大岡で集まって食事とお茶会をした。
食事は母と従弟と私の3人で、お茶会は叔母達も合流して2時間以上楽しくお喋りして過ごした。
母が叔母達と会うのをとても楽しみにしているのは勿論の事だが、実は私も叔母達に会うのが本当に嬉しい。
叔母達に会うと心の底からゲラゲラ大笑いが出来て、超スッキリするのだ。
今日は従弟にも会えて良かった。
又、皆で会おうねo(^-^o)(o^-^)o

by kazu-chan1208 | 2018-04-19 18:52 | 親戚 | Comments(0)
2018年 02月 02日

叔父 葬儀

1/27土曜日、バザー終了後にお見舞いに行った叔父だが、翌日、日曜日の夜中に亡くなった。
病床に横たわる叔父は、かなり痩せていてちょっと苦しそうだった。
それでも、いつものユーモアセンスと、くったくの無い笑顔を見せてくれたので少し安心したのだった。
しかし、月曜日の朝早くに訃報が届いた。
何だか信じられない気持ちだった。

お通夜と告別式を2日にわたってするのではなく、1日で葬儀を執り行う形で、今日、全てが滞りなく終わった。
積雪を心配したが、積もらなかったので、母の足元も危なげ無く外出する事が出来て助かった。

叔父は人との繋がりをとても大切にする人だった。
そして本当に面倒見が良い人でもあった。
細かい事にも良く気が付くので、結局色々な事柄を何でも自分で引き受けて、いつも忙しく動き回っていらした。
又、それを全く苦にしないフットワークの良さがあった。
叔父の人徳の故だろう、沢山の参列者が叔父との別れに来て下さっていた。

叔父には両親は勿論、私達兄弟も幼い頃からお世話になっていた。
棺の中に穏やかな顔をして眠っている叔父に対しては「有り難う」という言葉が一番相応しいと感じた。
遺族の上に豊かな主の平安があります様に。

by kazu-chan1208 | 2018-02-02 20:47 | 親戚 | Comments(0)